もっと広げようコミュニケーションの輪 10月は東京都消費者月間です。 未来につなげる消費行動 東京都と消費者団体が協働し、10月を中心に消費者問題に関する様々な事業を行います。
交流フェスタメインシンポジウム特別企画地域会場東京の農業応援企画部会(グループ)企画協賛事業イベントスケジュール実行委員会あれこれ実行委員会あれこれメールマガジンツイッター

実行委員会あれこれ~参加団体紹介~

東都生活協同組合
代表者 専務理事(理事長代行)庭野 吉也
会員数 232,268名
住所 〒156-0055 世田谷区船橋5-28-6 吉崎ビル4F
電話番号 03-5374-4750
FAX 03-5374-4758
ホームページ http://www.tohto-coop.or.jp
活動分野 食と農、くらし、福祉、平和、環境
発足年 1973年(昭和48年)6月10日

活動の経緯及び内容

より安全でよりすぐれたものを手に入れたいという消費者の願いから1973年に設立。「産直・協同・民主 - いのちとくらしを守るために -」の基本理念のもと、消費者と生産者とが直接手を結ぶ産直(産地直結)を基軸とした活動と事業を進めています。
日本農業と食料自給率向上に貢献する産直・国産商品をはじめ、安全で質の良い生産物を安く安定して供給する共同購入事業を柱として、くらしの要求要望に応えていくため、さまざまな商品とサービスを消費者・組合員に提供しています。
食とくらしが深刻な課題に直面する中、食の安心の次世代への継承、持続可能な社会を目指して「食の未来づくり運動」を提起。生産者との交流・共同を通じ、消費者が主体的に食とくらしに向き合い、食卓から国内農畜水産業を応援していく活動を進めています。

2013年の活動計画

40周年を迎える今年、消費者・組合員のくらしに貢献していけるように、これまでの産直事業の到達点を踏まえ、同じ興味を持った仲間とのつながりなど、新しい活動の参加・参画スタイルを推進していくとともに、事業経営の改革に取り組んでいきます。
組合員の活動として、産直・国産商品の魅力や日本の食文化について学び、利用普及を進めます。併せて、安心して暮らせる社会を目指し、くらしや平和、環境について広く学ぶ機会を設けます。また、地域でのつながりを強め、助け合い活動を進めていきます。

出版物

※全組合員への配布物

  • 「MOGMOG」(機関紙)「東都生協だより」
  • 「ワォ」(組合員活動情報紙)

商品・販売物

  • 産直生鮮品、食品、生活雑貨などの共同購入事業、弁当配食事業、生活文化事業

参加団体一覧に戻る

ページの先頭へ

事務局のご案内
東京都消費者月間実行委員会事務局
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1セントラルプラザ17F
東京都消費生活総合センター内
受付時間:午前10時~午後4時(土・日曜・祝日は除く)
TEL:03-3267-5788 FAX:03-3267-5787 info@kurashifesta-tokyo.org
※事務局では消費者相談の電話はお受けしておりません。
消費者相談をご希望の方は消費者相談窓口までお願いします。
(C)Copyright 東京都消費者月間実行委員会