誰もがくらしやすい未来へ~10月は東京都消費者月間です くらしフェスタ東京2020

交流フェスタ 見て、聞いて、話そう!

メインシンポジウム

東京の農業応援企画

エコプログラム

地域会場

協賛事業

【東京のがんばる農業応援企画】食と農セミナーを開催します

食と農セミナーイベントレポート【概要版】

くらしフェスタ東京 食と農セミナー
「気象予報士に聞く 異常気象に備えるくらし~農業や私たちの生活に与える影響~」を開催しました。


 冬空の下の東京の街並みが一望できる中野サンプラザ13階 コスモルームで、講演会を実施しました。
 コロナ禍でのリアル開催となり、感染症対策をして臨みました。参加者にはマスクの常時着用やソーシャルディスタンスを保って着席いただきました。
 気象予報士の三橋功治さんを講師に招き、農業や私たちのくらしに影響を与える気象について、背景や備えについてお聞きしました。「台風は災害の原因であるが、災害そのものではない。何を災害として評価するかは難しい。」「もくもくとした積乱雲が見えるのは、まだ雷までの距離が15km以上あるので、時間があるうちに避難する。」など、気象情報をどのようにとらえ、行動するか等をお話しくださいました。
 ご来場、ありがとうございました。
 詳しいレポートは後日掲載予定です。

開催日時:2020年12月10日(木)14:00~15:30
場  所:中野サンプラザ13階コスモルーム
主  催:東京都消費者月間実行委員会
      東京都農業経営者クラブ
      (一社)東京都農業会議
      (公社)東京都農林水産振興財団
後  援:東京都都市農政推進協議会
参加人数:87名
自己紹介する気象予報士の三橋功治さん
自己紹介する気象予報士の三橋功治さん
来場者は「検温」をしてから受付へ
来場者は「検温」をしてから受付へ
PAGETOP