誰もがくらしやすい未来へ~10月は東京都消費者月間です くらしフェスタ東京2020

交流フェスタ 見て、聞いて、話そう!

メインシンポジウム

東京の農業応援企画

エコプログラム

地域会場

協賛事業

【協賛事業】消費生活展、講演会、交流会など各団体の自主企画
トップページ>【協賛事業】消費生活展、講演会、交流会など各団体の自主企画

協賛事業スケジュール

協賛事業名の前の番号は、申請順に振られています。
終了した事業はこちらをご覧ください。
協賛事業は、Facebookでもお知らせしていますので、フォローをおねがいします。
協賛事業とは?

No25
期間限定
WEBで公開令和2年度第1回おくすり講座
健康でいたいから
上手につきあう健康食品のはなし
日 時
2020年10月20日(火)~11月30日(月)
内 容
<第1話> 健康食品ってなに? (約6分)
健康食品をめぐる誤解を取り上げたストーリー
<第2話> 健康食品で不健康に! ? (約11分)
広告の妄信や健康被害の実態を取り上げたストーリー
<第3話> 健康食品の個人輸入や契約トラブル (約5分)
健康食品の契約をめぐるトラブルを取り上げたストーリー
<第4話> 健康食品を利用する前に (約2分)
健康食品は、 食品であり医薬品ではないこと等、 健康食品を利用する上での注意点をまとめました。
視聴方法
下記のURLにアクセスしてください。(申込不要)
http://www.tokyo-eiken.go.jp/kj_shoku/qq box/forum20_1/
主 催
東京都健康安全研究センター
参加費
無料
問い合せ先
東京都健康安全研究センター企画調整部健康危機管理情報課食品医薬品情報担当
TEL:03-3363-3472
No30
東都生活協同組合 ライフプラン学習会
くらしの「お金」の基礎知識
日 時
2020年11月18日(水)13:30~15:30、
11月20日(金)13:30~15:30、
11月24日(火)13:30~15:30、
11月26日(木)13:30~15:30
内 容
例年大好評のライフプラン連続学習会を1日2時間×4日に変更して開催します。2020年度版のテキストを使います。*新型コロナウイルス感染拡大防止のため、『ライフプランニング活動お申込み・ご参加にあたってのお願い』 をご一読いただき、同意の上でお申込み・ご参加下さい。ご理解、ご協力をお願いいたします。
11/18(水)社会保険と公的年金 講師:金田和子氏
11/20(金)生命保険と損害保険 講師:小沼秀子氏
11/24(火)資金計画と住宅ローン 講師:北尾良枝氏
11/26(木)くらしに関わる税金 講師:清田裕理氏
場 所
東京都消費生活総合センター16階学習室A
定 員
先着30名(催行人数3名以上)
申込締切
11月11日(水)16:00まで
持ち物
筆記用具(付箋・マーカーなど)、電卓
主 催
東都生活協同組合
参加費
テキスト代として各回250円
問い合せ先
東都生活協同組合共同購入事業部共済グループ
TEL:03-5384-7861(10:00~16:00 祝日可  土・日休業)
FAX:03-5384-1641
E-mail:kyousai@tohto.coop
No11
東京都多摩消費生活センターの啓発講座(食育講座・11月)
今こそ考えよう、行動に移そう!
食品ロスを減らすために、これからの私たちができること
日 時
2020年11月19日(木)13:30~15:30
内 容
このたびの「Stay home」をきっかけに、冷蔵庫や乾物棚などを点検して、買い置きしてあった食材を整理した方も多いのではないでしょうか。一方で「買い物頻度の見直し」が提唱されたことから、食材をストックするつもりで、ホットケーキミックスやカップ麺などをつい買いだめしてしまったけど…、賞味期限内に食べ切れるかなぁ? …実は密かに悩んでいる方もいるのでは?そもそも日本で1年間に出ている食品ロスは約612万トン。(平成29年度推計)一人あたり、おにぎり1個を毎日捨てている計算になります!まだ食べられるのに、捨ててしまう…。食品ロスの現状と問題点を学ぶとともに、消費期限や賞味期限について正しく知って、家庭から出る食品ロスを減らしましょう。もちろん、食材をおいしく食べきる数々のヒントも、盛りだくさんでご紹介します!※座学による講義形式での開催です。(調理実習および試食はありません)
場 所
東京都多摩消費生活センター
講 師
行長万里氏(料理研究家)
募集人数
30名(申込み多数の場合は抽選)
申込方法
往復はがき
申込締切
11月5日(木)消印有効
持ち物
筆記用具
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
参加費
無料
問い合せ先
東京都多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023
東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
No19
知ってトクする暮らしの連続講座
~人生100年時代を安全に安心して生きるために
~「フレイルを予防するために いま、できること」
日 時
2020年11月20日(金) 14:00~16:00
内 容
今年もあなたのミドルライフ・シニアライフを強力にサポートする講座を各種取り揃えました。消費者トラブルにあわないために知っておきたいことを、選りすぐりの講師陣がお話します。今年の講座のテーマは「人生100年時代を安全に安心して生きる!」です。 フレイルとは要介護手前の虚弱状態のこと。消費者トラブルから自身の身を守るためには、心身ともに健康であることが重要です。フレイル予防と対策について学びます。
※新型コロナウイルス感染症の拡大等により、講座が中止となる場合がございますので、予めご了承ください。
場 所
東京都多摩消費生活センター
講 師
清野 諭氏(東京都健康長寿医療センター研究所 研究員 博士(スポーツ医学))
対 象
都内在住、または在勤・在学の方
募集人数
30名
申込方法
FAX、はがき、電子申請
※はがきには、①氏名(ふりがな)②年代③住所(都外在住者は勤務先の区市町村名)④電話番号⑤講座情報の入手先⑥希望講座番号(いくつでも)を記入してください。
申込締切
9月15日(火) 消印・受信有効
・応募者多数の場合は抽選になります。
・受講の可否については、9月25日(金)にはがきを郵送いたします。
・募集人数に満たない場合、締切日以降も受付けます。
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
参加費
無料
問い合せ先
東京都多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No20
知ってトクする暮らしの連続講座
~人生100年時代を安全に安心して生きるために~
「『いざとなったら考えよう』ではちょっと遅い?
老後の財産管理は元気なうちの雑談がカギ
~成年後見制度と民事信託~」
日 時
2020年11月25日(水) 14:00~16:00
内 容
今年もあなたのミドルライフ・シニアライフを強力にサポートする講座を各種取り揃えました。消費者トラブルにあわないために知っておきたいことを、選りすぐりの講師陣がお話します。今年の講座のテーマは「人生100年時代を安全に安心して生きる!」です。 孤独死や認知症の問題に備えるために、「成年後見制度」と「民事信託」について、二つの違いや利用方法、メリット・デメリットを比較しながら、解説します。
※新型コロナウイルス感染症の拡大等により、講座が中止となる場合がございますので、予めご了承ください。
場 所
東京都多摩消費生活センター
講 師
村山 澄江氏(司法書士村山澄江事務所代表、司法書士)
対 象
都内在住、または在勤・在学の方
募集人数
30名
申込方法
FAX、はがき、電子申請
※はがきには、①氏名(ふりがな)②年代③住所(都外在住者は勤務先の区市町村名)④電話番号⑤講座情報の入手先⑥希望講座番号(いくつでも)を記入してください。
申込締切
9月15日(火) 消印・受信有効
・応募者多数の場合は抽選になります。
・受講の可否については、9月25日(金)にはがきを郵送いたします。
・募集人数に満たない場合、締切日以降も受付けます。
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
参加費
無料
問い合せ先
東京都多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No26
令和2年度東京都広域食育推進民間活動支援事業企画第2講
オンライン講演会
ふくしまの食の安全の取り組みを知る学習会
ふくしまの漁業の現状とこれからの展望
日 時
2020年12月2日(水)13:30~15:00
内 容
2011年の東日本大震災と福島原発事故以降、福島県漁連では漁業関連施設を復旧し、わずかな魚種から試験操業を始め、放射能検査を続け安全性を確認して魚種を拡大しながら試験操業を続けてきました。今年2月、すべての魚種の制限が解除され、原発事故の影響による出荷制限をうける魚介類はゼロとなり、本格操業に向けて動き出しています。水産業の食の安全・安心の取り組みと本格的な再開に向けた現場の想いをお聞きします。*ZoomまたはGoogle Meetを使用します。
申込方法
Eメールで①講座名②お名前(ふりがな)③メールアドレス④連絡先電話番号⑤利用生協や所属団体など(未記入可)をお知らせください。
申込締切
11月23日(月)*講演会参加に必要な招待メールは、お申込みされた方に事務局よりお知らせします。
主 催
東京都生活協同組合連合会
協 賛
東京消費者団体連絡センター
参加費
無料
問い合せ先
東京都生活協同組合連合会
E-mail:shoku@coop-toren.or.jp
No21
知ってトクする暮らしの連続講座
~人生100年時代を安全に安心して生きるために~
「賢い遺言書の書き方と相続の考え方
~相続トラブルを避けるコツ~」
日 時
2020年12月2日(水) 14:00~16:00
内 容
今年もあなたのミドルライフ・シニアライフを強力にサポートする講座を各種取り揃えました。消費者トラブルにあわないために知っておきたいことを、選りすぐりの講師陣がお話します。今年の講座のテーマは「人生100年時代を安全に安心して生きる!」です。 相続に関連して親族内でトラブルが発生するケースは少なくありません。相続法(2018年改正)を紐解きながら、遺言書を書いた方がいい場合やその書き方、相続制度について解説します。
※新型コロナウイルス感染症の拡大等により、講座が中止となる場合がございますので、予めご了承ください。
場 所
東京都多摩消費生活センター
講 師
村山 澄江氏(司法書士村山澄江事務所代表、司法書士)
対 象
都内在住、または在勤・在学の方
募集人数
30名
申込方法
FAX、はがき、電子申請
※はがきには、①氏名(ふりがな)②年代③住所(都外在住者は勤務先の区市町村名)④電話番号⑤講座情報の入手先⑥希望講座番号(いくつでも)を記入してください。
申込締切
9月15日(火) 消印・受信有効
・応募者多数の場合は抽選になります。
・受講の可否については、9月25日(金)にはがきを郵送いたします。
・募集人数に満たない場合、締切日以降も受付けます。
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
参加費
無料
問い合せ先
東京都多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No22
知ってトクする暮らしの連続講座
~人生100年時代を安全に安心して生きるために~
「多様化する葬儀とお墓~最近の葬儀とお墓事情~」
日 時
2020年12月8日(火) 14:00~16:00
内 容
今年もあなたのミドルライフ・シニアライフを強力にサポートする講座を各種取り揃えました。消費者トラブルにあわないために知っておきたいことを、選りすぐりの講師陣がお話します。今年の講座のテーマは「人生100年時代を安全に安心して生きる!」です。 家族葬や直葬、最近はネットによるお葬式も登場するなど、葬儀の方法は多様化し、また、お墓も様々な形に変わってきています。最近の葬儀やお墓事情について紹介し、自分にふさわしい最期について考察します。
※新型コロナウイルス感染症の拡大等により、講座が中止となる場合がございますので、予めご了承ください。
場 所
東京都多摩消費生活センター
講 師
小谷 みどり氏(一般社団法人シニア生活文化研究所 代表理事)
対 象
都内在住、または在勤・在学の方
募集人数
30名
申込方法
FAX、はがき、電子申請
※はがきには、①氏名(ふりがな)②年代③住所(都外在住者は勤務先の区市町村名)④電話番号⑤講座情報の入手先⑥希望講座番号(いくつでも)を記入してください。
申込締切
9月15日(火) 消印・受信有効
・応募者多数の場合は抽選になります。
・受講の可否については、9月25日(金)にはがきを郵送いたします。
・募集人数に満たない場合、締切日以降も受付けます。
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
参加費
無料
問い合せ先
東京都多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No28
オンラインシンポジウム
リスクへの対応と求められる消費行動
日 時
2020年12月10日(木)13:30~
12月16日(水)23:59
内 容
現代社会では、自然災害や新型コロナウイルス感染症、情報化社会を取り巻くネットトラブルなど、様々なリスクが生じています。それらのリスクの、発生前・発生中・発生後の各段階で、注目すべきポイントや取るべき対応を、基調講演でわかりやすくお伝えするとともに、適正な消費者行動についてパネルディスカッションで考えます。
<基調講演>
 テーマ:危機管理とリスクコミュニケーション
 講師:福田充氏(日本大学危機管理学部教授)
<パネルディスカッション>
 テーマ:リスク対応と消費行動
 パネリスト:野地浩和氏(東都生活協同組合専務理事)/国崎信江氏(一般社団法人 危機管理教育研究所理事長)/戸澤互(東京都消費生活総合センター所長)
申込方法
専用webサイト、FAX
申込締切
11月27日 (金)
※受講人数を超える応募があった場合は、抽選により受講者を決定します。
※抽選の結果は12月3日(木)までに、申込者全員にメールで通知します。
主 催
東京都消費生活総合センター
参加費
無料
問い合せ先
東京都消費生活総合センター 多様な主体との連携請座事務局
TEL:03-5835-0388
FAX:03-5835-0296
H P:https://www.d-wks.net/tokyo201210/
No31
令和2年度 東京都多摩消費生活センター
冬の親子講座
ワークショップ「親子で学ぼう、お金の使い方」
日 時
2020年12月19日(土) 10:00~12:00
内 容
知識を深め、視野を広げる!明日から役立つ!小学生のための消費生活講座です。おこづかいをもらっている人も、まだの人も、大切なお金のじょうずな使い方をかんがえてみましょう。クイズや貯金箱工作もあります♪
場 所
立川市女性総合センターアイム 第3学習室
講 師
吉田淳子氏(東京都金融広報委員会 金融広報アドバイザー)
対 象
小学1年~6年 15組30名(都内在住・在学の小学生と保護者のペア)
申込方法
電子申請、はがき
申込締切
11月20日(金)消印・受信有効
持ち物
筆記用具
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
参加費
無料
問い合せ先
東京都多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119

〒190-0023
東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
No32
令和2年度 東京都多摩消費生活センター
冬の親子講座
簡単な実験実習「糖度調べから学ぶ食品表示」
日 時
2020年12月19日 (土)13:30~15:30
内 容
知識を深め、視野を広げる!明日から役立つ!小学生のための消費生活講座です。身近なジュースにどのくらい砂糖が入っているのか、実験で調べてみましょう!表示の見方を実験を通して楽しく学べます。
場 所
立川市女性総合センターアイム 第3学習室
講 師
市川由紀子氏(コンシューマー技術教育研究会)
対 象
小学3年~6年10組20名(都内在住・在学の小学生と保護者のペア)
申込方法
電子申請、はがき
申込締切
11月20日(金)消印・受信有効
持ち物
筆記用具
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
参加費
無料
問い合せ先
東京都多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119

〒190-0023
東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階


協賛事業とは?

 東京都の消費者団体、事業者、行政の行う消費者啓発事業を広く都民に知っていただくとともに、東京都消費者月間事業「くらしフェスタ東京」への関心を深めてもらうことを目標に行う事業です。

 各地域や団体、事業者、行政が創意をこらして実施する自主企画事業が対象になります。

 協賛事業が確定すると、実行委員会参加団体に周知するとともにこのサイトでも協賛事業スケジュールに掲載し、ロゴ付チラシの配布などで広く都民にPRします。

 また実績報告として、東京都消費者月間報告にも掲載します。

応募から事業開催まで

  • 応募したい協賛事業の内容を事務局までお知らせください。
  • 協賛事業として決定後、事務局より、ロゴマークを送信しますので、チラシ等にご利用ください。
  • 当日掲示できる「くらしフェスタ東京」のノボリの貸出も可能です。

事業終了時

 事業の参加人数を事務局までお知らせください。

年度終了後

 当該年度の東京都消費者月間報告書(協賛事業の項に掲載)を送付いたします。

協賛事業実施要綱 PDF

くらしフェスタ東京ロゴマークの取り扱いについて PDF

終了した協賛事業

PAGETOP