くらしエリア
NPO法人 ら・し・さ

「ら・し・さノート®」で終活を始めよう!

 終活とは、これからの人生をどのように自分らしく生きていくかを考えるものです。そのお手伝いをするものが「ら・し・さノート®」です。

 2012年に流通ジャーナリストの金子哲雄さんが生前に自身の葬式をプロデュースしていたことで終活が話題になりましたね。
 NPO法人ら・し・さは、2004年に「ら・し・さノート®」の前身となるエンディングノートを発行し、以来、皆様に終活の大切さを訴えております。

「ら・し・さノート®」の活用法

1.自分のために書くノート

(1)人生の棚卸ができ、新しい行動を起こすきっかけができます。
(2)伝えたいことの整理ができます。

2.全部書けなくても、書かなくても大丈夫

(1)まずは、書けるところから始めましょう
(2)全部を書かなくても、構いません

NPO法人ら・し・さ

ホームページ  https://ra-shi-sa.jp
メールアドレス kanri@ra-shi-sa.jp