子供エリア
子育てにやさしい移動に関する協議会

ベビーカーは大切な命を乗せています。
ベビーカーの安全な使用のために、ご存知ですかこのマーク?

 『ベビーカーマーク』は平成27年5月にJIS化(日本産業企画:日本の国家標準の一つ)された新しいマークです。掲出することにより公共交通機関等の移動時にベビーカー使用者が安心して利用できるマークの認知・浸透を図ります。

 公共交通機関等のバリアフリー化の進展に伴い、ベビーカー使用者を含む子ども連れの方々が移動しやすい環境となってきておりますが、少子高齢化が進む中、子育てを支援する観点からの一層の環境整備が求められております。

 子育てにやさしい移動に関する協議会はすべての子ども連れの方々にとって移動しやすい環境を実現するため、国土交通省の主催により学識経験者・子育て等関連団体・交通事業者団体等により構成され、公共交通機関等でベビーカー使用者が安心して利用できる統一的なマークを掲出し、子育て環境の支援を目的に、周りからの理解や配慮も得やすいような環境づくりを目指して発信しています。

 その他ベビーカー使用に関わる活動には、エスカレーター使用時の注意喚起、電車の駆け込み乗車禁止、ホーム上の注意事項、バスの昇降時注意、および車内使用時の留意事項の徹底等、各種情報発信を行っています。

【子育てにやさしい移動に関する協議会】
 (特非)子育てひろば全国連絡協議会、(特非)せたがや子育てネット、(特非)びーのびーの、子育て応援とうきょう会議、主婦連合会、ベビーカー安全協議会、北海道旅客鉄道(株)、東日本旅客鉄道(株)、東海旅客鉄道(株)、西日本旅客鉄道(株)、四国旅客鉄道(株)、九州旅客鉄道(株)、(一社)日本民営鉄道協会、(一社)日本地下鉄協会、(公社)日本バス協会、(一社)全国ハイヤー・タクシー連合会、(一社)日本旅客船協会、定期航空協会、(一社)全国空港ビル事業者協会、(一社)日本ホテル協会、(一社)日本ショッピングセンター協会、日本百貨店協会、(一社)日本ビルヂング協会連合会、(公財)交通エコロジー・モビリティ財団、国土交通省

 また、ベビーカーにおいては、大切な赤ちゃんを守るために『ベビーカー安全協議会』を発足し(官公庁や製品安全協会、・国内有志メーカー20数社にて構成)各種注意喚起や検査、検証、啓発活動を実践しています。
 ベビー関連事業を取り纏める『全国ベビー&シルバー用品協同組合』の存在も大きく傘下の5団体とともに広く情報発信活動等をしています。

5団体内容
  • ベビーカー安全協議会
  • 抱っこひも安全協議会
  • 育児用品衛星連絡協議会
  • 日本ベビーベッド工業会
  • 日本シルバー用品協議振興会

<参考リンク先>
・国交省ホームページURL(ベビーカーマークのページ)
https://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/barrierfree/sosei_barrierfree_tk_000091.html

・全国ベビー&シルバー用品協同組合/ベビーカー安全協議会
http://www.ikuji-tokyo.or.jp

ベビーカーキャンペーンポスター