誰もがくらしやすい未来へ~10月は東京都消費者月間です くらしフェスタ東京2019
  • 交流フェスタ 見て、聞いて、話そう!
  • メインシンポジウム
  • 東京の農業応援企画
  • エコプログラム
  • 地域会場
  • 協賛事業
【協賛事業】
トップページ>【協賛事業】消費生活展、講演会、交流会など各団体の自主企画

協賛事業スケジュール

協賛事業名の前の番号は、申請順に振られています。
終了した事業はこちらをご覧ください。
協賛事業は、Facebookでもお知らせしていますので、フォローをおねがいします。
協賛事業とは?

No90
令和元年度 地域に根ざした食と農の講座 2
江戸東京野菜大蔵大根を収穫しよう!
~絶やさないでいこう! 伝統の大蔵大根~
日 時
2019年11月17日(日)10:00~12:00
主 催
NPO法人フード・風土
場 所
大塚農園(世田谷区瀬田)
内 容
大根がおいしい季節になりました。世田谷の大根といえば大蔵大根。世田谷でもなかなかその姿を目にすることができません。そんな貴重な大蔵大根を、今年も瀬田の大塚信美さんの農園で収穫体験させていただけることになりました。世田谷の地場野菜「大蔵大根」は、円筒形で先端が丸く詰まっているのが特徴で、昭和40年代頃まで世田谷のいたるところで栽培されていましたが、青首大根の普及に伴い姿を消していきました。それを、「世田谷ゆかりの伝統野菜を残そう!」という地元の農家の努力で復活し、いまでは世田谷を代表する人気野菜となりました。大蔵大根の復活に貢献してきた瀬田の大塚信美さんは、土づくりにこだわり、顔が見える関係を大切にして、おいしい野菜作りに日々頑張っていらっしゃいます。毎年大蔵大根の種を自家採取して固定種を作り続けながら、地元で農業に生き、伝統の野菜を次世代に継承していくという農家の熱いおもいを語っていただきます。
講 師
大塚信美氏
募集人数
30人(先着順)
持ち物
汚れてもよい服装、軍手、持ち帰り用袋
申込締切
11月8日(金)
申込方法
電話、FAX、Eメール
参加費
1,000円(大根1本の代金、農地見学料、講座運営費)
問い合せ先
NPO法人フード・風土(岩田)
TEL、FAX:03-3308-4499
E-mail:fwkz6264@mb.infoweb.ne.jp
No100
東都生協 ライフプラン講演会
地震 台風 水害 大雪 竜巻 大規模停電 断水
自分と家族を守る 我が家の防災
日 時
2019年11月18日(月)13:00~16:00
主 催
東都生協
場 所
東京都消費生活総合センター17階教室Ⅰ・Ⅱ
内 容
まったなしで突然やってくる天災。モノの備え、心の備えは万全ですか?
○講演会 13:00~14:30
○災害に備える住宅保障相談会(要予約)14:40~16:00
講 師
国崎信江氏(危機管理教育研究所代表、危機管理アドバイザー)
募集人数
80名(先着順)
参加費
無料
問い合せ先
東都生協 共同購入事業部 共済グループ
TEL:03-5384-7861(受付10:00~16:00祝日可 土・日休業)
FAX:03-5384-1641
E-mail:kyousai@tohto.coop
No52
連続講座【民法改正(債権法)を学ぶ】
意思能力・意思表示・代理に関する改正
日 時
2019年11月19日(火) 19:00~21:00
主 催
(公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)
場 所
全国婦人会館 2階会議室
内 容
民法債権法は私たちの生活すべての契約等の基本となるルールです。この度120年ぶりに大改正され、2020年4月1日より施行されます。講師はわかりやすさに 定評のある村千鶴子先生にお願いし改正点を12回に分けて詳しく話します。
講 師
村 千鶴子氏 (弁護士 、東京経済大学現代法学部教授)
申込方法
NACS東日本支部ホームページ
参加費
2,000円
問い合せ先
NACS東日本支部
http://www.nacs-east.jp/
No68
東京都多摩消費生活センターの啓発講座 (食育講座・ 11月)
未来につながる消費者の選択
~地産地消から考えるエシカル消費~
日 時
2019年11月22日(金) 13:30~16:00
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
場 所
東京都多摩消費生活センター
内 容
日本の食料自給率は約38%(カロリーベース)で、多くの食材を輸入しています。本講座では、食材を輸入する場合の環境に与える影響について学ぶとともに、地場産の食材を使う地産地消について理解を深めます。それらを踏まえて、消費者として何を選ぶのか、"自分なりの食の選択ルール”を見つけてもらうことを目的としています。講義のほか、簡単なゲーム、クイズ、グループワーク、地場産野菜の一皿の試食により、楽しく学びましょう!
講 師
近藤 恵津子氏(NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン理事長)
募集人数
36名(申込み多数の場合は抽選)
持ち物
筆記用具
申込方法
往復はがき
申込締切
11月5日(火) 消印有効
参加費
無料 保育あり ※6か月以上の未就学児
問い合せ先
東京都多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
No99
借地借家問題市民セミナー
『借地借家人のための優しい法律知識の学習会』
~改正民法と借地借家法~
日 時
2019年11月22日(金)13:30~16:00
主 催
生活協同組合・消費者住宅センター
共 済
東京多摩借地借家人組合
場 所
八王子労政会館
講 師
細谷紫朗氏(東京借地借家人組合連合会会長、東京多摩借家人組合事務局長、生協・消費者住宅センター理事)
 *セミナー終了後、個別相談を設けます。
申込締切
11月18日(月)
申込方法
電話、FAX、メール
参加費
無料
問い合せ先
生活協同組合・消費者住宅センター(高坂)
TEL:03-5340-0620 FAX:03-5340-0621
E-mail:kousaka@iecoop.jp
携帯:080-3367-7266
No96
シニアのためのICTリテラシー啓発講座
すみれさんのわくわくインターネットライフ
「SNS編」および「旅行編」
日 時
2019年11月22日(金) 10:30~12:00
主 催
(公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)
場 所
東京都消費生活総合センター17階学習室C
内 容
ICT機器やインターネットを安全・安心に使うためのICTリテラシーを修得し、それを楽しく使いこなすことで豊かな消費生活の実現が可能となります。NACSでは1話30分程度で実施できる教材を作成し身近なところでミニ講座を展開して高齢者のICTリテラシー向上を目指していきます。サロン講座の一環として飯田橋で定期的に講座を開いていきます。講座内容は、しくみ編・ショッピング編・検索編・旅行編・決済編・SNS編・架空請求編などで、毎回変わります。アクティブシニアであるキャラクターの夏久(なつく)すみれさんがインターネットで様々な体験をしていく物語形式の構成となっています。どなたも、お気軽にご参加ください。
講 師
(公社)NACS・ ICTリテラシーファシリテーター
参加費
無料
問い合せ先
(公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)
E-mail:nacs-jigyo1@nacs.or.jp
http://nacs.or.jp/
No111
レジ袋辞退調査結果報告&意見交換会
日 時
2019年11月25日(月)13:30~16:00
主 催
東京都地域消費者団体連絡会レジ袋減量ネットワ-ク
場 所
東京都消費生活総合センタ-16階学習室A
内 容
レジ袋辞退調査も今回は17回目です。レジ袋等がマイクロプラスチックとなっての海洋汚染防止策は喫緊の課題です。先進国は有料・無料を超えて使用禁止へ。いよいよ我が国も規制が始まるか?
*資料が必要な方は事前にお申込みください。
参加費
無料
問い合せ先
東京都地域消費者団体連絡会レジ袋減量ネットワ-ク
TEL:090-9970-0291(奥田)
E-mail:totisyoren@castle.ocn.ne.jp
No101
相続に関する民法が40年ぶりに改正されました
相続民法大改正
日 時
2019年11月26日(火)10:00~16:00
主 催
東都生協
場 所
東京都消費生活総合センター16階学習室A
内 容
<午前の部>10:00~12:30
「民法大改正と遺言書の書き方」講師:金田和子氏、北尾良枝氏(1級FP技能士、CFPR、ライフプランアドバイザー)
 *私たちにも大きくかかわる変更点と遺言書の書き方についてわかりやすく学習します。
<午後の部>13:30~16:00
「相続の基本と相続税の仕組み」講師:小沼秀子氏、清田裕理氏(1級FP技能士、CFPR、ライフプランアドバイザー)
 *基本の相続分、相続順位などのおさらいから民法改正による相続税にかかわる注意点などを学習します。
募集人数
50名(最少催行人数5名以上)
持ち物
筆記用具、電卓(午後のみ)
申込締切
11月22日(金)16時まで
参加費
資料代各回 200円(組合員)、300円(組合員以外)
問い合せ先
東都生協 共同購入事業部 共済グループ
TEL:03-5384-7861(受付10:00~16:00祝日可 土・日休業)
FAX:03-5384-1641
E-mail:kyousai@tohto.coop
No97
令和元年度第3回食の安全都民講座
見て、知って、防ぐ
食品を汚染するカビ
日 時
2019年11月26日(火)13:30~16:30
主 催
東京都健康安全研究センター
場 所
東京都健康安全研究センター本館6階
内 容
●講義内容
「なぜ生えるの?」「食品のカビ苦情、相談事例」「カビを防ぐ~家庭では、食品製造業では」「食とカビ最新知見~誤解していませんか」
●観察実験
「食品に有用なカビの観察」「食品を汚染するカビの観察」「カビの種類の確認」
講 師
高鳥浩介氏(NPO法人カビ相談センター理事長)
申込方法
ホームページでの電子申請、または往復はがき *参加の可否は、11/19(火)までにお知らせします。
記入事項
①「第3回食の安全都民講座」②住所③氏名(ふりがな)④年齢⑤職業⑥電話番号⑦当日車いすでの参加を希望される方、介助者が同行される方、手話通訳を希望される方はその旨、託児サービスを希望される方はその旨及び託児を希望する子供の年齢と人数
申込締切
11月13日(水)*当日消印有効
対 象
都内在住、在勤または在学で、18歳以上の方。40名。
参加費
無料
問い合せ先
東京都健康安全研究センター食品医薬品情報担当
TEL:03-3363-3472(平日9:00~17:00)
詳しくはこちら
〒169-0073 新宿区百人町3-24-1
No61
知ってトクする暮らしの連続講座
~今、そしてこれからをいきいきと生きるために~
「高齢期にかけての食生活と健康
~食品表示制度のおさらいと
食事の基本的ポイントについて~」
日 時
2019年11月26日(火) 14:00~16:00
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
内 容
今年もあなたのミドルライフ・シニアライフを強力にサポートする講座を各種取り揃えました。今年の講座のテーマは「今、そしてこれからをいきいきと生きて行こう!」です。今はもちろん、これからをいきいきと生きるために知っておきたいことを、選りすぐりの講師陣がお話します。
新しい食品表示制度への経過期間は2020年3月末で終了します。今一度、食品表示制度について学ぶとともに、健康食品やサプリメントの摂り方を見直し、高齢期の望ましい食事について考えてみませんか。
講 師
篠田 粧子氏(首都大学東京大学院人間健康科学研究科教授) 
募集人数
100名(都内在住、または在勤・在学の方)
申込方法
FAX、はがき、電子申請
申込締切
希望される講座の2日前(土曜、日曜、祝日を除く)までにお申し込みください(必着)。
*先着順(定員に達した時点で受付を終了します)
参加費
無料
問い合せ先
東京都多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
詳しくはこちら
No91
シンポジウム
IoT-AI(人工知能)で拓く未来!
~私たちの消費生活はどう変わるのか~
日 時
2019年11月28日(木)13:30~16:15
主 催
東京都消費生活総合センター
共 催
一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)、一般社団法人キャッシュレス推進協議会
協 力
一般社団法人全国消費者団体連絡会
場 所
東京ウィメンズプラザホール
内 容
IoT・AI・キャッシュレス等の進展により私達の消費生活は便利になる一方、課題もあります。事業者・消費者・行政の立場から取組をわかりやすく紹介し、安心してサービスを利用するためのポイントをお伝えします。
第1部13:30~<基調講演>
 テーマ:IoTとAIで「人のため」の未来を実現
 講師:越塚登氏(東京大学大学院情報学環長・教授)
第2部14:15~
<事例報告>
 高橋和久氏(一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)スマートホーム運営委員会委員長)
 福田好郎氏(一般社団法人キャッシュレス推進協議会事務局長/常務理事)
 浦郷由季氏(一般社団法人全国消費者団体連絡会事務局長)
 戸澤互(東京都消費生活総合センター所長)
<質疑応答>
定 員
250名(都内在住・在勤・在学の方)託児あり(6ヶ月以上就学前の乳幼児)
申込方法
電子申請、FAX、電話
申込締切
11月21日(木)
参加費
無料
問い合せ先
東京都消費生活総合センター活動推進課協働連携事業担当
TEL:03-3235-4167 FAX:03-3235-1229
詳しくはこちら
No89
第6回 23区消費者団体活動情報交流会
ざっくばらんに交流しよう!
~私たち消費者が楽しくイキイキ活動するために~
日 時
2019年11月28日(木)13:30~16:00
主 催
「23区消費者団体活動情報交流会」実行委員会
場 所
東京都消費生活総合センター16階学習室A
内 容
今年の交流会では、地域での連携した取り組みや、活動の報告を通して私たち消費者団体が元気になるためのヒントを持ち帰れるようにお互いの活動の情報を交流します。
<活動報告>
「人と地球にやさしいエシカルとSDGs」新宿区消費者団体連絡会
「はじめてみよう ここから~これまでの取り組み~」豊島区消費者団体連絡会
「地域や行政と連携して~ひとりぼっちにしないまちづくりの取り組み~」東京都生活協同組合連合会
<グループワーク>楽しくイキイキ活動するために
申込締切
11月22日(金)
参加費
無料
問い合せ先
東京消費者団体連絡センター(小浦、星野)
TEL:03-6304-8661 FAX:03-3383-7840
No73
第47回 北区消費生活展
令和元年!消費生活フェア私たちのくらしinきたく
日 時
2019年11月30日(土)10:00~15:30
主 催
消費生活フェア実行委員会、北区
場 所
北とぴあ13階飛鳥ホール
内 容
環境・防犯・リサイクル・健康・食・ガス・電気などについて、消費者団体や協賛団体が日常に役立つ情報を発信します。出前寄席や漫才、着物リフォームファッションショー、南京玉すだれなどのステージイベントや、牛乳パックから手すきはがきづくり、機織り体験、おもちゃや傘の修理などの実習・体験・修理コーナー(一部有料)もあります。
参加費
無料
問い合せ先
北区産業振興課消費生活センター
TEL:03-5390-1239
No62
知ってトクする暮らしの連続講座
~今、そしてこれからをいきいきと生きるために~
「今からでも間に合う、老後の財産管理
~成年後見制度と民事信託~」
日 時
2019年12月3日(火) 14:00~16:00
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
内 容
今年もあなたのミドルライフ・シニアライフを強力にサポートする講座を各種取り揃えました。今年の講座のテーマは「今、そしてこれからをいきいきと生きて行こう!」です。今はもちろん、これからをいきいきと生きるために知っておきたいことを、選りすぐりの講師陣がお話します。
孤独死や認知症の問題に備えるために「成年後見制度」と「民事信託(いわゆる家族信託)」について、メリット、デメリットを比較しながら、事例をあげながら解説します。
講 師
村山 澄江氏(司法書士村山澄江事務所代表 司法書士)
募集人数
100名(都内在住、または在勤・在学の方)
申込方法
FAX、はがき、電子申請
申込締切
希望される講座の2日前(土曜、日曜、祝日を除く)までにお申し込みください(必着)。
*先着順(定員に達した時点で受付を終了します)
参加費
無料
問い合せ先
東京都多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
詳しくはこちら
No93
農ある暮らし、はじめませんか?
日 時
2019年12月7日(土)13:30~16:30
主 催
特定非営利活動法人 全国農業体験農園協会
場 所
JA東京南新宿ビル3階309
内容・講師
プロの農家が年間を通して野菜づくりのノウハウを直接教えてくれる農業体験農園。そこで育てた旬の野菜を食べる。また、その野菜をご近所におすそわけをする。それが、私たちの身体や日々の生活にどのような効果をもたらすのでしょう?農あるくらしの魅力、お伝えします!
「おすそわけのススメ」飯田晶子氏(東京大学都市工学専攻特任講師)
「旬の野菜が持つチカラ」丹羽真清氏(デザイナーフーズ株式会社代表取締役)
「たのしい野菜づくりと農業体験」対談:加藤正明氏(NHK趣味の園芸野菜の時間講師、東京都指導農業士)、加藤義松氏(全国農業体験農園協会理事長)
申込方法
メール、FAX *先着順
記入事項
①お名前②お住いの区市町村名③お申込み人数④農業体験農園を知っていますか?(はい・いいえ)
参加費
無料
問い合せ先
特定非営利活動法人 全国農業体験農園協会
TEL:03-3370-7145 FAX:03-3379-7627
E-mail:information@nouenkyoukai.com
No94
令和元年度東京都広域食育推進民間活動支援事業企画第2講
ふくしまから はじめよう。「ふくしまの今を語る人」講演会
農業再生への専業農家の思い
~消費者と顔の見える関係づくり~
日 時
2019年12月9日(月)13:00~15:15
主 催
東京都生活協同組合連合会
協 賛
東京消費者団体連絡センター
場 所
東京都生協連会館3階会議室
内 容
東日本震災、原発事故あれから8年半。農地は福島第一原発から50キロの地点。米と野菜の専業農家は、どのように立ち向かったのか。日本の有機的な栽培方法が、放射能に勝った象徴的な出来事とは何だったのか。いま目指していることは?生産者の生の声をお聞きし、私たちの食について考えあいましょう。
講 師
齊藤登氏(NPO法人がんばろう福島、農業者等の会代表)
定 員
80名(先着順)
申込方法
電話、Eメール
申込締切
12月2日(月)
参加費
無料
問い合せ先
東京都生活協同組合連合会(担当:遠山、大田)
TEL:03-3383-7800(月~金曜日9:00~17:00)
E-mail:toyama@coop-toren.or.jp
No63
知ってトクする暮らしの連続講座
~今、そしてこれからをいきいきと生きるために~
「知って安心、遺言書の書き方と相続の仕方
~相続法の改正を受けて~」
日 時
2019年12月11日(水) 14:00~16:00
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
内 容
今年もあなたのミドルライフ・シニアライフを強力にサポートする講座を各種取り揃えました。今年の講座のテーマは「今、そしてこれからをいきいきと生きて行こう!」です。今はもちろん、これからをいきいきと生きるために知っておきたいことを、選りすぐりの講師陣がお話します。
相続に関わるトラブルは結構身近な問題です。2018年の相続法の改正内容を紹介しながら、遺言書を書いた方がいい場合やその書き方、相続制度について解説します。
講 師
村山 澄江氏(司法書士村山澄江事務所代表 司法書士)
募集人数
100名(都内在住、または在勤・在学の方)
申込方法
FAX、はがき、電子申請
申込締切
希望される講座の2日前(土曜、日曜、祝日を除く)までにお申し込みください(必着)。
*先着順(定員に達した時点で受付を終了します)
参加費
無料
問い合せ先
東京都多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
詳しくはこちら
No98
クリスマスハートフルフェスタ
~ハンドメイド作品の販売会~
日 時
2019年12月12日(木)11:00~14:00
主 催
東都生活協同組合
場 所
練馬区立区民・産業プラザ(ココネリ)3階産業イベントコーナー
内 容
障害のある人たちが集い、作業している"共同作業所”って知っていますか?そこで作られる商品には、藍染、焼き菓子、石けん、ビーズ製品、リメイク商品などステキな商品がたくさんあります!ぜひ実際手に取ってご覧ください。
参加費
無料
問い合せ先
東都生活協同組合城西センター
TEL:03-5994-2715(月~金曜日 9:00~17:00)
No70
2019くらしフェスタ西東京市
あしたのために、暮らしを考える
映画上映「人生フルーツ」
日 時
2019年12月14日(土)14:00~16:00
主 催
西東京市消費生活展実行委員会
場 所
コール田無
参加費
無料
保育あり(申込要)
問い合せ先
西東京市協働コミュニティ課
TEL:042-438-4046
No64
知ってトクする暮らしの連続講座
~今、そしてこれからをいきいきと生きるために~
「『ひとり死」時代に誰に最期を託すか
~変わる葬儀とお墓のかたち~」
日 時
2019年12月17日(火) 14:00~16:00
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
内 容
今年もあなたのミドルライフ・シニアライフを強力にサポートする講座を各種取り揃えました。今年の講座のテーマは「今、そしてこれからをいきいきと生きて行こう!」です。今はもちろん、これからをいきいきと生きるために知っておきたいことを、選りすぐりの講師陣がお話します。
「ひとり死」時代を迎え、誰に自分の最期を託すかが深刻な問題となり、葬儀とお墓も様々な形に変わりつつあります。社会的背景や具体的事例を学びながら、自分にふさわしい最期について考察します。
講 師
小谷 みどり氏(シニア生活文化研究所所長)
募集人数
100名(都内在住、または在勤・在学の方)
申込方法
FAX、はがき、電子申請
申込締切
希望される講座の2日前(土曜、日曜、祝日を除く)までにお申し込みください(必着)。
*先着順(定員に達した時点で受付を終了します)
参加費
無料
問い合せ先
東京都多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
詳しくはこちら
No53
連続講座【民法改正(債権法)を学ぶ】
債務不履行等の改正点
日 時
2019年12月17日(火) 19:00~21:00
主 催
(公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)
場 所
全国婦人会館 2階会議室
内 容
民法債権法は私たちの生活すべての契約等の基本となるルールです。この度120年ぶりに大改正され、2020年4月1日より施行されます。講師はわかりやすさに 定評のある村千鶴子先生にお願いし改正点を12回に分けて詳しく話します。
講 師
村 千鶴子氏 (弁護士 、東京経済大学現代法学部教授)
申込方法
NACS東日本支部ホームページ
参加費
2,000円
問い合せ先
NACS東日本支部
http://www.nacs-east.jp/


協賛事業とは?

 東京都の消費者団体、事業者、行政の行う消費者啓発事業を広く都民に知っていただくとともに、東京都消費者月間事業「くらしフェスタ東京」への関心を深めてもらうことを目標に行う事業です。

 各地域や団体、事業者、行政が創意をこらして実施する自主企画事業が対象になります。

 協賛事業が確定すると、実行委員会参加団体に周知するとともにこのサイトでも協賛事業スケジュールに掲載し、ロゴ付チラシの配布などで広く都民にPRします。

 また実績報告として、東京都消費者月間報告にも掲載します。

応募から事業開催まで

  • 応募したい協賛事業の内容を事務局までお知らせください。
  • 協賛事業として決定後、事務局より、ロゴマークを送信しますので、チラシ等にご利用ください。
  • 当日掲示できる「くらしフェスタ東京」のノボリの貸出や、「くらしフェスタ東京」のご案内チラシ(A4三つ折)の提供も可能です。

事業終了時

 事業の参加人数を事務局までお知らせください。

年度終了後

 当該年度の東京都消費者月間報告書(協賛事業の項に掲載)を送付いたします。

協賛事業実施要綱 PDF

くらしフェスタ東京ロゴマークの取り扱いについて PDF

終了した協賛事業

PAGETOP