誰もがくらしやすい未来へ~10月は東京都消費者月間です くらしフェスタ東京2019
  • 交流フェスタ 見て、聞いて、話そう!
  • メインシンポジウム
  • 東京の農業応援企画
  • エコプログラム
  • 地域会場
  • 協賛事業
【地域会場】多摩、八王子、大田で開催

多摩会場イベントレポート

「多摩から発信~わたしたちにできる地球のまもり方」

日  時:令和元年10月30日 水曜日
      10時から14時
会  場:東京都多摩消費生活センター
主  催:東京都消費者月間実行委員会
後  援:昭島市、国分寺市、立川市
来場者数:355人

地域密着型イベントとして、近隣の方々に毎年親しんでいただいている事業


 “くらしフェスタ東京2019 地域会場 多摩会場”を、10月30日、東京都多摩消費生活センターで開催しました。都内消費者団体と東京都が協働で行っている東京都消費者月間事業のひとつです。準備を多摩地域の消費者団体が中心となってすすめている点や、多摩消費生活センターの会場全面的な使用、近隣3市の後援を得ていることなど、まさに地域に密着したイベントとなっています。
 今年も東京都の“多摩の魅力発信プロジェクト”マスコットキャラクター“たまらんにゃ~”や立川市のキャラクター“くるりん”が登場、会場を盛り上げてくれました。近隣の保育園の園児さんたちも、“たまらんにゃ~”“くるりん”に会いに来てくれました。

近隣の保育園の園児さんが、お散歩がてら、”たまらんにゃ~”と“くるりん”に会いに来てくれました。
近隣の保育園の園児さんが、お散歩がてら、
”たまらんにゃ~”と“くるりん”に会いに来てくれました。
自転車の来場者もあり、近隣の方々に人気の催し
自転車の来場者もあり、近隣の方々に人気の催し
多摩消費生活センターの全教室を使用するなど、センターがイベントを全面的にバックアップ
多摩消費生活センターの全教室を使用するなど、
センターがイベントを全面的にバックアップ

講演会やパネル展示でしっかり学び、おいしい「たま鍋」を味わい、屋外テントで買い物。一日中楽しめるイベント


 多摩消費生活センターの教室では、講演会、パネル展示、試食会、糖度テスト体験を、屋外特設テントでは、多摩の農家から届いた産直野菜や、多摩産の食材を使ったコロッケ、パン 等の販売と、1日中楽しめる構成になっています。

【講演会】3階教室 10:15~12:15


 「私たちにできる熱帯林のまもり方~RSPOのパーム油を選ぶ」と題して、グリーン購入ネットワーク(GPN)の金子貴代さんを講師にお迎えし、講演会を実施。
 スーパーマーケットに並ぶほとんどの製品(食品を含む)に使われているといわれるパーム油。インドネシアやマレーシアの熱帯林地帯が主要産地で、収量が多く、安価、加工しやすいなど「便利なあぶら」として世界中で使われています。
 その一方で、環境破壊や労働環境問題等様々な課題を抱えています。熱帯林を守りつつ、くらしに必要なパーム油を使うために消費者はどうしたらいいのか考えさせられる講演でした。「RSPO(持続可能なパーム油)」認証のマークの意味や様々な企業の取り組み等を、クイズや会場との双方向のやり取りも交えての講演で、参加者の関心や意識を高めてくださいました。
※講演内容概要は、こちらを参照ください。

講演者 グリーン購入ネットワーク(GPN)金子貴代さん
講演者 グリーン購入ネットワーク(GPN)金子貴代さん

【パネル展示】3階教室 12:15~14:00


 日頃から多摩地域で活動している消費者団体が、パネル展示による報告を行いました。
 多摩の大気を調査した結果を示したマップ、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と「SDGs」、消費のあり方を考えるフェアトレードやエシカル消費などについて紹介がありました。

来場者に、付箋にコメントを自由に書いてもらい、中央の木に貼りつけてもらう、参加型の展示
来場者に、付箋にコメントを自由に書いてもらい
、中央の木に貼りつけてもらう、参加型の展示

【試食・試飲会】3階実習室 12:00~13:00


 多摩会場といえば、「たま鍋」。毎年この鍋を楽しみに来場される方もいるほど、人気の試食です。多摩産の野菜を使った豚汁は、絶妙な味付けで、体も心も温まるような1杯です。
 また、西多摩地域の酪農家で作っている「東京牛乳」の試飲も行いました。
 同じ会場では、「糖度テスト」も行いました。各自が好みの甘さに薄めた飲み物には、どのくらいの砂糖が含まれているのか自分で確認できる体験型のコーナーです。

たっぷりと準備された「たま鍋」。美味しい!
たっぷりと準備された「たま鍋」。おいしい!
子供もゴクゴク!「東京牛乳」の試飲
子供もゴクゴク!「東京牛乳」の試飲
「あなたの好みの甘さは?」(糖度テスト)
「あなたの好みの甘さは?」(糖度テスト)

【販売】屋外特設テント 10:00~14:00


 センター敷地内に設置したテントでは、多摩の農家から届いた産直野菜や、多摩産の食材を使ったコロッケ、立川福祉作業所の手作りパン、西多摩の特産品などの販売が行われ、あっという間に売り切れてしまう店もあり、売れ行きは好調。
 また、昨年に引き続き、フェアトレードコーヒーも販売し、試飲を兼ねて1杯100円で提供しました。
 国分寺産の花の苗の直売に併せて、「寄せ植え講習会」(実費1,000円)も行われました。

国分寺産の花々を使った寄せ植え講習会 講師 臼井治子さん
国分寺産の花々を使った寄せ植え講習会
講師 臼井治子さん
多摩産の野菜や花を買い求める来場者の皆さん
多摩産の野菜や花を買い求める来場者の皆さん

さいごに


 来場者アンケートには、「たま鍋がおいしかった。」「花や野菜の販売があり、楽しい。」といった声のほか、「RSPOマークを初めて知った。これからはよく見て購入したい。」といった学びの部分での評価もありました。「楽しく、学べる」が、やはり多摩会場の特色です。ご興味ある方は、ぜひ、来年度、「地域会場 多摩会場」へお越しください。

講演「私たちにできる熱帯林のまもり方~RSPOのパーム油を選ぶ」 講演概要


講師:金子貴代さん(グリーン購入ネットワーク(GPN))

 講師の金子さんが所属する「グリーン購入ネットワーク」は、グリーン購入の普及を推進する全国ネットワークで、会員数は企業や行政など約1400の団体です。グリーン購入とは、まず必要かどうかを考えて、できるだけ環境にやさしいものを選ぶこと。つまり、買うときに環境のことを考えることを進めています。1ドル札は1票に等しく、商品やサービスを提供する企業は日々、選挙の洗礼を受けているスぺンド・シフトという考え。ゴミは入り口から減らそうというハイムーン氏(環境漫画家・京都大学名誉教授 高月紘氏)のイラストを例に、「元栓を閉めた方が早道」がグリーン購入の考え方と説明されました。
最初に植物油のはなし
 クイズです。「植物油はどんなあぶら?」日本でよく使われている植物油はなたね油が最多で、次にパーム油、大豆油と続きます。ところが、世界ではパーム油が第1位。たくさんとれ安いこと、室温では固体ですが、少しあたためると液体になり加工しやすいことから、便利で重宝されています。カップめんやカレー、マーガリンなどの加工食品やアイス、ポテトチップやチョコレートなどの菓子、石けんや化粧品など身近なものに使われています。食品表示を見てみると、「植物油脂、食用パーム油、ショートニング、脂肪酸、グリセリン」など、さまざまなパーム油由来の成分名が記載されています。今後は、1番目の原料は原産地(国)が表記されるため、「植物油脂(インドネシア)」と記載されれば、ほとんどパーム油を表すと考えられます。
植物油の生産現場のはなし
 パーム油が作られているところは、インドネシアとマレーシアでほぼ100%、日本では生産していません。アブラヤシの果房に詰まった果実を絞ったものがパーム油で、絞った油は赤色ですが精製して白色にします。アブラヤシは背が高い樹で、様々な種類の樹が生えている熱帯雨林を焼き、平らにして植樹しアブラヤシ畑を作っています。安価で加工に便利なパーム油は年々需要が高まり、様々な問題を引き起こしています。このパーム油プランテーション(農園)の問題は、森林の伐採による熱帯雨林の減少、泥炭層が燃えて大量の温室効果ガスの排出(2015年には17.5億tもの大量のCO2発生)などがあり、2019年9月10日~9月17日には火災が累計87,960地点で発生したという報告もあります。また、移住労働者や日雇い労働者の安価な労働力で生産させられる点や彼らの農薬散布による健康被害などの問題、インドネシアからの移住労働者の子供はマレーシアの学校に通えないなどの問題もあり、労働者や子供の権利が侵害されています。パーム油は米国政府労働省により、強制労働や児童労働への関与が認められる製品に指定されています。また、土地を奪われた地域住民との土地紛争が頻発しています。政府が、地域住民の慣習的な土地を認識・把握せず、彼らの権利を無視して企業に農園開発許可が与えられることや、農薬等による土壌汚染や搾油場からの汚水による水質汚染も紛争の種になっています。
では、どうしたらいいのでしょうか?
 一人ひとりができることは、「持続可能なパーム油を使用した製品を購入する」こと。つまり、1.事業実施における合法性の遵守を約束している。2.新規農園開発を含めて、保護価値の高い地域の保全を約束している。3.地域社会、先住民族、労働者等に関わる権利尊重を約束している。の3つの条件を満たしたうえで生産されたパーム油が、”持続可能なパーム油”と呼ばれ、これらの基準を満たす認証制度には、RSPO(Roundtable on Sustainable Palm Oil、持続可能なパーム油のための円卓会議)やRSPO NEXT、また、サステナブルなパーム油の基準、考え方のひとつ、POIG(Palm Oil Innovation Group)などがあります。グリーン購入ネットワークは、日本で初めて、持続可能なパーム油使用製品の紹介Webサイトを立ち上げました。ぜひご覧ください。RSPOマーク表示製品でなくても掲載は可能です。
 https://www.gpn.jp/project/palm/
さて、日本の企業の取り組みはどうなっているでしょうか
 RSPOの年次報告書ACOP2017をもとにしたパーム油のバイヤーズ・スコアカードによると、日本の製造業は、満点9ポイントのうち最高が7ポイントで1企業、5ポイントが2企業、4ポイントが5企業…と報告されています。欧米企業(2016年報告)は日本よりずっと先行していて、1位の9ポイントは14の企業名が並んでいます。そのような中、日本でも2017年4月にイオン(株)が「イオン持続可能な調達方針」「持続可能な調達2020年目標」を策定し、2020年にプライベートブランドで100%利用を目指すと名乗りを上げ、他の企業に対してもインパクトを与えています。花王(株)や味の素(株)、日本生活協同組合連合会、日清食品ホールディングス(株)なども後に続きます。企業へ応援の声や内容の問い合わせをすることは取り組みの後押しにはとても有効です。Web「パーム油問題への対応すごろく」では、各社の対応がわかります。
では、気候変動の深刻さを見てみましょう
 地球温暖化による気温の正確な予測は困難ですが、700年から2000年までは1.1℃上昇したのに対し、2100年には6.4℃上昇するとされています。温室効果ガス排出シナリオによると、気温上昇を2℃未満にするには、2100年には排出量をゼロまたはマイナスにする必要があります。気温が2℃上がるとどうなるか。海面上昇や洪水や豪雨、インフラ機能が停止し熱中症が増え、食料や水が不足し海洋生態系や陸上の生態系までもが損失する。すでに起こっているのかもしれません。このままだと2040年には1.5℃に達してしまいます。そこから先はどうなるかわからない、気温上昇が止まらない状況です。2050年にはCO2排出量をゼロにする必要があり、今後10年の対応が重要です。パリ協定の目標を全部足しても2℃を超えてしまうのです。そこで、様々な取り組みが生まれています。使用電力を100%再生可能エネルギーで発電された電力で賄うことを目標にするRE100は大企業が対象で、世界では200社を超える企業、日本の企業は25社が参加しています。また、再エネ100宣言RE Actionは民間主導で、中小企業や行政、大学、生協なども対象となり、2050年までに再エネ100%利用を目指す動きが2019年10月に発足しました。
 東京オリンピック・パラリンピックは世界最大規模のスポーツイベントとして、持続可能な発展を奨励されています。市中から回収した金属からメダルを作製する、水素自動車を走らせる、持続可能なパーム油を使用するなど取り組まれています。「持続可能性に配慮した調達コード」では、法令遵守、環境、人権、労働、経済に関する基準がありますが、目標を掲げること、取り組むことが大事です。これらの基準の要件に適合しているかを示す方法には、FSC、JGAP、MSC、ASCなどの木材、農・畜・水産食品に対する認証基準や「紙」の調達基準、「パーム油」調達基準も設けられています。持続可能なパーム油を推進するための調達基準は、農園の開発・管理において、生態系・泥炭地・天然林などの環境上の重要地域が保全され、先住民族等の土地の権利が尊重され、農園や搾油工場において児童労働や強制労働がない、労働者の適切な労働環境の確保です。加工食品や揚げ油、石鹸・洗剤の原材料となるパーム油が対象です。2020年に向けて日本企業も持続可能な調達方針を掲げる企業も現れています。
最後に
 楽天では、EARTH MALLを2018年5月にオープンし、認証ラベルを取得している商品を選ぶことをすすめています。GPN購入ガイドラインは、食品や電力のみならず、印刷・情報用紙、コピー機、トイレットペーパー、冷蔵庫、衣服・履物、照明、自動車、ホテルなど、20の分野に及びます。これらは「地球」ではなく、「わたしたち」のために選ぶのです。近々、石けん・洗剤を策定予定で意見を募集しています。国内外の動向や、持続可能なパーム油基準など、詳細は『持続可能性パーム油のガイダンス[日本版]』に掲載されています。
 地球温暖化が待ったなしの状況で、地球のためにではなく、私たち、子供や孫、その先の世代のために、今すぐにでも行動を起こしましょう。

PAGETOP