もっと広げようコミュニケーションの輪~未来を拓く消費活動~10月は東京都消費者月間です くらしフェスタ東京2018
交流フェスタメインシンポジウム東京の農業応援企画エコプログラム地域会場協賛事業
トップページ→【協賛事業】→すでに終了した協賛事業
【協賛事業】消費生活展、講演会、交流会など地域での自主企画

すでに終了した協賛事業

※協賛事業名の前の番号は、申請順に振られています。
※すでに終了した協賛事業の一覧です。
※これからのものはこちらをご覧ください。
No82
東京地婦連第2回ブロック会議2018
テーマ「消費税について」
日 時
2018年12月18日(火)13:00~15:00
場 所
渋谷区消費者センター 2F研修室
主 催
特定非営利活動法人東京都地域婦人団体連盟
後 援
一般財団法人全国婦人会館
内 容
東京地婦連では「世代を超えて地域の力」のテーマを掲げながら、消費者問題、高齢者問題、男女共同参画、平和、環境などさまざまな課題をテーマにブロック会議を開催しています。2019年10月1日から消費税が10%への変更が予定されていることを受けて、消費税増税について今後どう対処していくか、講師をお迎えして学習しながら皆様と一緒に考えてみたいと思います。
13:00~13:10 主催者挨拶
13:10~14:10 講演

①「消費税の軽減税率制度の実施に伴う価格表示について」消費者庁
②「消費税について」佐藤聡司氏(国民生活産業・消費者団体連合会 理事 事務局長)
14:10~15:00 意見交換会
15:00      閉会
申込方法
FAX
申込締切
12月7日(金)
参加費
無料
問い合せ先
特定非営利活動法人東京都地域婦人団体連盟
TEL:03-3407-2370 FAX:03-3400-5131
E-mail:kt-chifrn@ceres.ocn.ne.jp
No73
講演会
プラスチックによる環境汚染
海を汚す マイクロプラスチック
日 時
2018年12月15日(土)10:00~12:00
場 所
西東京市 南町スポーツ・文化交流センター「きらっと」2階
主 催
西東京市
講 師
高田秀重氏(東京農工大学 農学研究院環境資源科学科 教授)
募集人数
70名 *保育有、申込み要
参加費
無料
問い合せ先
西東京市協働コミュニティ課
TEL:042-438-4046
No52
多摩消費生活センター
“知ってトクする暮らしの連続講座”
~老いへの備え、今のうちから~
少子化と核家族化が進む”多死社会”
~誰が葬儀を担い、お墓を引き継ぐのか~
日 時
2018年12月14日(金)14:00~16:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
一人暮らしの方の死亡数が増え、葬儀の担い手となる家族がいない場合や、無縁墓となるケースが増加しています。誰もが死後の安心を得られるような社会の仕組み作りが求められている中、あらためて葬儀とお墓について考察します。
講 師
小谷みどり氏(第一生命経済研究所 ライフデザイン研究本部 主席研究員)  
募集人数
100名(都内在住、または在勤・在学の方)
申込方法
・FAX
・はがき(①希望講座番号、実施日(いくつでも)②住所③氏名(ふりがな)④年代⑤電話番号(FAX・携帯)⑥職業⑦応募動機⑧情報入手先 をご記入ください)
・電子申請
申込期間
9月21日(金)(消印・受信有効)
・応募者多数の場合は抽選になります。
・募集人数に満たない場合、締切日以降も受付けます。
・受講の可否について、9月27日(木)までに申込者全員に通知します。(対象:9月21日まで申込分)
参加費
無料
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
No80
平成30年度東京都広域食育推進
民間活動支援事業企画第2講
ふくしまの今、酪農組合長と農家8代目の奮闘!
~「酪農、乳業の安全・安心の取り組み」と「魅力たっぷり!ふくしまの農」のおはなし~
日 時
2018年12月10日(月)13:00~15:15
場 所
東京都生協連会館 3階 会議室
主 催
東京都生協連
協 賛
東京消費者団体連絡センター
内 容
東日本大震災、原発事故から7年半。福島県の農林水産業や復興について、報道されることもまれになってきた中、今回は原発事故による出荷停止を受け、再出荷から不検出を守り続けている酪農家の安全・安心の取り組みと、自称「大自然に囲まれたひきこもり」である農家8代目後継者の方から、福島の農産物の魅力とそれに対する想いをお聞きします。お話の後は、試食をしながら生産者の方々と交流しましょう。

<お話&試食交流会>
但野 忠義氏(酪農家、元福島県畜産振興協会長)
藤田 浩志氏(農家8代目後継者、日本野菜ソムリエ協会認定野菜ソムリエプロ)
※酪王カフェオレの試飲、リンゴの試食、おいしいお米のプレゼントもあります!
定 員
80名(先着順、定員になり次第締切)保育なし
申込締切
11月30日(金)
参加費
無料
問い合せ先
東京都生協連(遠山・飯塚)
TEL:03-3383-7800(月~金曜日 9:00~17:00)
E-mail:toyama@coop-toren.or.jp
No40
平成30年度 新宿区消費生活シンポジウム
新宿からの発信“SDGs”(持続可能な開発目標)
~あなたの選択で世界を変える~
日 時
2018年12月8日(土)13:00~16:10
会 場
新宿区立牛込箪笥区民ホール
主 催
新宿区、新宿区消費生活展準備会
後 援
消費者庁
内 容
日常生活に少し工夫を加えるだけで、世界の課題解決につながることを知っていますか?2015年に国連が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」を私たちの「新しいものさし」に据えて、新宿から社会を変える提案を行います。

<第1部>
○新宿区立戸塚第二小学校の発表(6年生)「自分たちで生産・収穫・消費」
○新宿区消費者団体連絡会の発表「SDGsの視点から『消費者市民社会』の構築を」
○基調講演「つかう責任つくる責任~SDGs時代の消費者~」
 講師:西村 隆男氏(横浜国立大学名誉教授)

<第2部>
○パネルディスカッション「SDGsの実現に向けたアクションから」
 コーディネーター:西村 隆男氏(基調講演講師)
 パネリスト:稲葉敦氏(工学院大学先進工学部教授)、髙橋宏通氏(パルシステム生活協同組合連合会 常務執行役員)、荒井きよみ氏(都立戸山高校教諭)、皆本真喜子氏(新宿区立新宿消費生活センター所長)
定 員
先着390名
申込方法
往復はがき、FAX *空きがあれば当日入場可
申込締切
11月15日(木)
参加費
無料
*手話通訳あり
問い合せ先
新宿区立新宿消費生活センター 〒160-0022 新宿区新宿5-18-21
TEL:03-5273-3834 FAX:03-5273-3110
No51
多摩消費生活センター
“知ってトクする暮らしの連続講座”
~老いへの備え、今のうちから~
高齢者向け住まいの種類と選び方~生涯、安心して暮らせるために~
日 時
2018年12月6日(木)14:00~16:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
家族に、そして、自分に介護を要するようになったとき、自宅で住み続けたいと願いますが、自宅で暮らせなくなった場合、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム又はサービス付き高齢者向け住宅のような高齢者施設に棲みかえる必要が出てきます。数多くある施設の中から自分に合う住まいを見つけ出すことは難しいです。この講座は、現場を熟知した介護コンサルタントが高齢者住宅の見極め方をわかりやすく解説します。
講 師
今井紀子氏(株式会社ニュー・ライフ・フロンティア 有料老人ホーム・介護情報館 取締役 館長) 
募集人数
100名(都内在住、または在勤・在学の方)
申込方法
・FAX
・はがき(①希望講座番号、実施日(いくつでも)②住所③氏名(ふりがな)④年代⑤電話番号(FAX・携帯)⑥職業⑦応募動機⑧情報入手先 をご記入ください)
・電子申請
申込期間
9月21日(金)(消印・受信有効)
・応募者多数の場合は抽選になります。
・募集人数に満たない場合、締切日以降も受付けます。
・受講の可否について、9月27日(木)までに申込者全員に通知します。(対象:9月21日まで申込分)
参加費
無料
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
No81
国家資格3級FP技能士
めざせ!わが家のFP(ファイナンシャルプランナー)
日 時
2018年11月9日(金) 9:30~13:00、14:00~16:30
2018年11月16日(金)9:30~12:30、13:30~16:30
2018年11月30日(金)9:30~12:30、13:30~16:30
場 所
東京都消費生活総合センター 17階学習室C
主 催
東都生協
内 容
3級FP技能士は、お金に関する基礎知識を習得したい方におすすめの資格です。合格を目指すと同時に生活設計や家計管理のコツを身につけることができます。わかりやすい解説とくらしに役立つ実例紹介で学習をサポートします。6科目を3日に分けて開催します。
11/9午前:ライフプランニングと資金計画
11/9午後:リスク管理
11/16午前:金融資産運用
11/16午後:不動産運用設計
11/30午前:タックスプランニング
11/30午後:相続・事業承継
講 師
清田裕理氏・金田和子氏(1級FP技能士、CFP®、ライフプランアドバイザー)
募集人数
20名(先着順)
申込締切
11月2日(金) *キャンセルも
参加費
3日で10,000円(テキスト・問題集代込)
持ち物
筆記用具(付箋、マーカーなど)、電卓
問い合せ先
東都生協 共同購入事業部 共済グループ
TEL03-5384-7861 FAX03-5384-1641
(10:00~16:00祝日可、土日休み)
e-mail:kyousai@tohto.coop
No77
第5回 23区消費者団体活動情報交流会
ざっくばらんに交流しよう!
~居場所づくりと消費者団体の関わり パートⅡ~
日 時
2018年11月30日(金)13:30~16:00
場 所
東京都消費生活総合センター16階 学習室A
主 催
「23区消費者団体活動情報交流会」実行委員会
内 容
今年の交流会では、地域で生協と社会福祉協議会が協力して取り組んでいるサロン活動や、区と消費者団体が一緒に取り組んでいる啓発活動、男性の地域活動のお話をお伺いします。昨年に引き続き、地域の消費者活動を活性化し活動を広げるために、消費者団体としてどのような関わり方ができるか一緒に考えてみましょう。
<活動報告>
①ふれあい 粋・活(いきいき)サロンの活動
 報告:荒川区社会福祉協議会 稲葉隆裕さん
②区と協働の啓発活動
 報告:練馬区消費生活センター運営連絡会 川端法子さん
③男性の居場所「おもちゃ病院」の活動
 報告:おもちゃ病院・大田 ドクター 市川光一さん
<ワークショップ>
申込締切
11月26日(月)
参加費
無料
問い合せ先
東京消費者団体連絡センター(小浦、池田)
TEL:03-6304-8661 FAX:03-3383-7840
No71
消費者団体と東京都の協働による学習会
多摩エンジョイ講座~多摩の大気
PM2.5の健康への影響は?
~持ち運びできる測定器ができました~その場で測定!!
日 時
2018年11月30(金)10:00~12:00
場 所
立川市女性総合センター・アイム 5階第2学習室
主 催
多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク、立川市消費者団体連絡会
内 容
冬になると急に注目されるPM2.5ですが、実はいつでも基準値をオーバーしている汚染物質です。長年東京の大気汚染を監視し続けてきた「大気汚染測定運動東京連絡会」の谷口さんにお越しいただき今改めて大気中の汚染物質について学び、 私たちのくらしと身体への影響を考えます。当日はPM2.5の測定器を持参いただき、周囲の数値をその場で測ります。
講 師
谷口捷生(かつお)氏(大気汚染測定運動東京連絡会事務局次長)
参加費
無料 保育あり (先着5名、申込締切11/20)
問い合せ先
多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク(五十嵐)
TEL:090-8720-0181 FAX:042-534-0685
E-mail:chiko1756@hotmail.com
No50
多摩消費生活センター
“知ってトクする暮らしの連続講座”
~老いへの備え、今のうちから~
今から始める生前整理~物だけじゃなく、心と情報も整理しよう~
日 時
2018年11月28日(水)14:00~16:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
生前整理は、あなたの「物」「心」「情報」を整理する作業です。生前整理をすることによって、自分にとって本当に必要なこと、大切なことが明確になります。これからより良い人生をおくるために「生前整理」をしましょう!
講 師
徳山弘美氏(エール&ウォーク代表 生前整理アドバイザー認定指導員)
募集人数
100名(都内在住、または在勤・在学の方)
申込方法
・FAX
・はがき(①希望講座番号、実施日(いくつでも)②住所③氏名(ふりがな)④年代⑤電話番号(FAX・携帯)⑥職業⑦応募動機⑧情報入手先 をご記入ください)
・電子申請
申込期間
9月21日(金)(消印・受信有効)
・応募者多数の場合は抽選になります。
・募集人数に満たない場合、締切日以降も受付けます。
・受講の可否について、9月27日(木)までに申込者全員に通知します。(対象:9月21日まで申込分)
参加費
無料
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
No41
第46回 北区消費生活展
私たちのくらしinきたく 消費生活フェア2018
日 時
2018年11月25日(日)10:30~16:00
場 所
北とぴあ 13階 飛鳥ホール
主 催
消費生活フェア実行委員会、北区
内 容
消費者団体や協賛団体が日常に役立つ情報を発信します。出前寄席や漫才、足趾把持力トレーニング、着物リフォームファッションショー、大道芸南京玉すだれなどのステージイベントや、牛乳パック手すきはがきづくり、機織り体験、おもちゃや傘の修理などの実習コーナーもあります。
参加費
無料
問い合せ先
北区産業振興課消費生活センター TEL:03-5390-1239
No74
東都生協 ライフプラン連続学習会
日 時
2018年
第1回:11月5日(月)
10:00~12:30、13:30~16:00
第2回:11月19日(月)
10:00~12:30、13:30~16:00
第3回:11月26日(月)
10:00~12:00、13:00~15:00
場 所
東京都消費生活総合センター 17階学習室C
主 催
東都生協
内 容
11/5 午前:社会保険と公的年金の基礎知識
11/5 午後:生命保険と損害保険の基礎知識
11/19午前:資金計画と住宅ローンの基礎知識
11/19午後:くらしに関わる税金の基礎知識
11/26午前:子育て世代のライフプランの作り方
11/26午後:セカンドライフプランの作り方
講 師
清田裕理氏・金田和子氏(ライフプランアドバイザー、1級FP技能士)
募集人数
各20名(先着順)
参加費
テキスト代1,000円(全5冊)単発参加各250円
持ち物
筆記用具、電卓
問い合せ先
東都生協 共同購入事業部 共済グループ
TEL:03-5384-7861 FAX:03-5384-1641
(10:00~16:00 祝日可、土日休み)
E-mail:kyousai@tohto.coop
No49
多摩消費生活センター
“知ってトクする暮らしの連続講座”
~老いへの備え、今のうちから~
知って得する老後の備え!気になる老後の財産管理と遺言、そして相続
~成年後見制度と民事信託(いわゆる“家族信託”)の比較を通して~
事例編
日 時
2018年11月21日(水)14:00~16:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
「うちには大した財産が無いから相続ではもめるわけがない」と思っている家庭こそ要注意。限りある財産の分け方が決まらず親族間でトラブルが起こることがあります。遺言書を書いた方がいいご家庭や必要性、書き方について詳しく解説します。
また、孤独死や認知症の問題に備えるための「成年後見制度」、そして最近話題の「家族信託」について、二つの違いや賢い利用方法、メリットデメリットを比較しながら説明します。
本講座は、基礎編と事例編に分けて2回にわたって開催します。
講 師
村山澄江氏(司法書士村山澄江事務所代表/司法書士)
募集人数
100名(都内在住、または在勤・在学の方)
申込方法
・FAX
・はがき(①希望講座番号、実施日(いくつでも)②住所③氏名(ふりがな)④年代⑤電話番号(FAX・携帯)⑥職業⑦応募動機⑧情報入手先 をご記入ください)
・電子申請
申込締切
9月21日(金)(消印・受信有効)
・応募者多数の場合は抽選になります。
・募集人数に満たない場合、締切日以降も受付けます。
・受講の可否について、9月27日(木)までに申込者全員に通知します。(対象:9月21日まで申込分)
参加費
無料
問い合せ先
多摩消費生活センター TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
No78
平成30年度第3回食の安全都民講座
見て、知って、防ぐ 食品害虫
日 時
2018年11月20日(火)13:30~16:30
場 所
東京都健康安全研究センター 本館6階
主 催
東京都健康安全研究センター
内 容
●講義:
「食品につく害虫とその防ぎ方について」
 講師:井口智義氏(健康安全研究センター 環境衛生研究科 主任研究員)
●様々な害虫を実際に観察します。また、健康安全研究センターで行っている害虫の試験を体験します。
*害虫の実物の観察があります。苦手な方はご注意ください。
募集人数
40名。*応募者多数の場合は抽選
申込方法
ホームページでの電子申請、または往復はがき *参加の可否は、11/14(水)までにお知らせします。
【記入事項】①催し名「第3回食の安全都民講座」参加希望②住所③氏名(ふりがな)④年齢⑤職業⑥電話番号⑦車いすでの参加を希望される方、介助者が同行される方、手話通訳を希望される方、託児サービスを希望される方はその旨を記入してください。
申込締切
11月7日(水)*当日消印有効
対 象
都内在住・在勤・在学で、18歳以上の方。
参加費
無料
問い合せ先
東京都健康安全研究センター食品医薬品情報担当
TEL:03-3363-3472(平日9:00~17:00)
HP:http://www.tokyo-eiken.go.jp/kj_shoku/forum/
〒169-0073 新宿区百人町3-24-1
No75
映画上映 アンダンテ~稲の旋律~
日 時
2018年11月20日(火)13:30~15:30
場 所
コール田無 *保育有、申込み要
主 催
西東京市
参加費
無料
問い合せ先
西東京市協働コミュニティ課
TEL:042-438-4046
No65
30年度 地域に根ざした食と農の講座 3
江戸伝統野菜大蔵大根を収穫しよう!~伝統野菜を次世代に引き継ぐ~
日 時
2018年11月18日(日)10:00~12:00
場 所
大塚農園
集 合
電車利用の場合⇒9:30 東急田園都市線用賀駅改札
徒歩・自転車利用の場合⇒9:45から受付け開始 大塚農園 
主 催
NPO法人フード・風土
内 容
今年も大根がおいしい季節になりました。大根といえば世田谷の大蔵大根。世田谷でもなかなかその姿を目にすることができない、そんな貴重な大蔵大根を、今年も瀬田の大塚信美さんの農園で収穫体験させていただけることになりました。
世田谷の地場野菜「大蔵大根」は、円筒形で先端が丸く詰まっているのが特徴で、昭和40年代頃まで世田谷のいたるところで栽培されていましたが、青首大根の普及に伴い姿を消していきました。それを、「世田谷ゆかりの伝統野菜を残そう!」という地元の農家の努力で復活し、いまでは世田谷を代表する人気野菜となりました。
大蔵大根の復活に貢献してきた世田谷の大塚信美さんは、土づくりにこだわり、顔が見える関係を大切にして、おいしい野菜作りに日々頑張っていらっしゃいます。世田谷で大蔵大根を作り続けながら、地元で農業に生き、伝統の野菜を次世代に継承していくという農家の熱いおもいを語っていただきます。
講 師
大塚信美氏
募集人数
30人(先着順)
申込方法
電話またはFAX、Eメール
申込締切
11月9日(金)
参加費
1100円 (大根1本の代金 農地見学料 講座運営費)
持ち物
汚れてもよい服装、軍手、持ち帰り用袋
問い合せ先
NPO法人フード・風土 TEL&FAX:03-3308-4499(岩田)
E-mail:fwkz6264@mb.infoweb.ne.jp
No48
多摩消費生活センター
“知ってトクする暮らしの連続講座”
~老いへの備え、今のうちから~ 知って得する老後の備え!
気になる老後の財産管理と遺言、そして相続
~成年後見制度と民事信託(いわゆる“家族信託”)の比較を通して~
基礎編
日 時
2018年11月16日(金)14:00~16:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
「うちには大した財産が無いから相続ではもめるわけがない」と思っている家庭こそ要注意。限りある財産の分け方が決まらず親族間でトラブルが起こることがあります。遺言書を書いた方がいいご家庭や必要性、書き方について詳しく解説します。
また、孤独死や認知症の問題に備えるための「成年後見制度」、そして最近話題の「家族信託」について、二つの違いや賢い利用方法、メリットデメリットを比較しながら説明します。
本講座は、基礎編と事例編に分けて2回にわたって開催します。
講 師
村山澄江氏(司法書士村山澄江事務所代表/司法書士)
募集人数
100名(都内在住、または在勤・在学の方)
申込方法
・FAX
・はがき(①希望講座番号、実施日(いくつでも)②住所③氏名(ふりがな)④年代⑤電話番号(FAX・携帯)⑥職業⑦応募動機⑧情報入手先 をご記入ください)
・電子申請
申込期間
9月21日(金)(消印・受信有効)
・応募者多数の場合は抽選になります。
・募集人数に満たない場合、締切日以降も受付けます。
・受講の可否について、9月27日(木)までに申込者全員に通知します。(対象:9月21日まで申込分)
参加費
無料
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
No67
シンポジウム 持続可能な社会を目指して
~エシカルな消費~
日 時
2018年11月16日(金)13:00~15:45
場 所
東京ウィメンズプラザホール
主 催
東京都消費生活総合センター
内 容
教育機関、事業者、消費者、行政がそれぞれの立場から、エシカルな消費をテーマに様々な取組を紹介し、持続可能な社会の実現に向けた消費行動について考えます。
【タイムテーブル】
<第1部>13:00~
基調講演:テーマ「持続可能な消費・生産とSDGs」 
講師 蟹江憲史氏(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 教授)
講演:テーマ「エシカル消費の普及啓発に向けた東京都の取組」
講師 吉村幸子氏(東京都生活文化局 消費生活部 部長)

<第2部>14:15~
事例報告
 柿野成美氏(公益財団法人消費者教育支援センター 総括主任研究員)
 柳田康一氏(花王株式会社 ESG部門 副統括)
 大島光由氏(株式会社東急百貨店 営業政策部 営業企画部 部長)
 杦本育生氏(消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク 共同代表幹事)
質疑応答
対 象
都内在住・在勤・在学の方
募集人数
250名 *託児あり(6か月以上就学前の乳幼児)
申込方法
FAX、電話、電子申請
申込締切
11月12日(月) 定員に満たない場合は締切日以降も受け付けます。
参加費
無料
問い合せ先
東京都消費生活総合センター活動推進課 協働連携事業担当
TEL:03-3235-4167 FAX:03-3235-1229
E-mail:http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/center/koza181116.html
No72
NPO法人ら・し・さ
11月ら・し・さサロン
病気と老化とは違う!~加齢と脳の認知機能の変化~
日 時
2018年11月15日(木)10:00~12:00
場 所
東京ボランティア・市民活動センター会議室B
主 催
NPO法人ら・し・さ
内 容
タイトルはちょっと難しそうですが、岩城先生いわく、「聞くと元気になるお話をします。」楽しみにご参加ください。前半は先生のお話、後半はサロン恒例の先生を囲んでお茶とお菓子をつまみながらの茶話会です。
講 師
岩城隆晶氏(社会福祉法人創生 土支田創生苑 理事長)
申込締切
11月13日(火)
参加費
2,000円(会員は1,000円)
問い合せ先
NPO 法人ら・し・さ TEL:03-5201-3793 FAX03-5201-3712
mail:kanri@ra-shi-sa.jp
No60
東京都多摩消費生活センターの啓発講座
(食育講座・ 11月)
そうだったのか!知るほど なるほど!食品表示
日 時
2018年11月14(水)13:30~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
食品には、 栄養成分や原材料など、いろいろな表示がなされています。 その表示について 「意味を なんとなく知っている…」 「そのマーク、 見たことある!」 のその先 を、実際の商品を見ながら学びませんか?頭を使った後は、 フェアトレードのチョコを使ったおやつを作り 、午後のカフェタイムを楽しみましょう !
講 師
澤木 佐重子氏(コンシューマー技術教育研究会)
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
申込方法
往復はがき
申込締切
10月19日(金)消印有効
参加費
無料
保育あり *6か月以上の未就学児
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
問い合せ先
多摩消費生活センター TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
No59
東京都多摩消費生活センターの啓発講座
(食育講座・ 11月)
そうだったのか!知るほど なるほど!食品表示
日 時
2018年11月13(火)13:30~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
食品には、 栄養成分や原材料など、いろいろな表示がなされています。 その表示について 「意味を なんとなく知っている…」 「そのマーク、 見たことある!」 のその先 を、実際の商品を見ながら学びませんか?頭を使った後は、 フェアトレードのチョコを使ったおやつを作り 、午後のカフェタイムを楽しみましょう !
講 師
澤木 佐重子氏(コンシューマー技術教育研究会)
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
申込方法
往復はがき
申込締切
10月19日(金)消印有効
参加費
無料
保育あり *6か月以上の未就学児
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
問い合せ先
多摩消費生活センター TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
No39
第47回目黒区消費生活展
みんなで考えよう!人と地球にやさしい暮らし
日 時
2018年11月10日(土)10:00~15:30
場 所
目黒区民センター
主 催
目黒区消費生活展実行委員会
後 援
目黒区
内 容
消費者団体の研究発表や展示、お花の妖精ストラップやキャンドルなどのワークショップ、計量感覚ゲームなどの「おとなも子どももレッツトライ!」コーナーや、野菜・とん汁・有機栽培コーヒー・ローズポークの焼肉の販売などを行います。
参加費
無料
問い合せ先
目黒区消費生活センター TEL:03-3711-1133
No47
多摩消費生活センター
“知ってトクする暮らしの連続講座”
~老いへの備え、今のうちから~
家族が(若年性)認知症になったら・・・
~現状と介護の課題について~
日 時
2018年11月5日(月)14:00~16:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
認知症の種類と症状、対応法、そして、介護の現状と課題について解説します。特に、今年度は、シニア層であっても、子供世代に起こり得る若年性認知症をピックアップして、若年性認知症の介護者家族の事例などを紹介しながら、経済的問題を始めとした現状について考察します。
講 師
吉田輝美氏(新潟医療福祉大学 教授) 
募集人数
100名(都内在住、または在勤・在学の方)
申込方法
・FAX
・はがき(①希望講座番号、実施日(いくつでも)②住所③氏名(ふりがな)④年代⑤電話番号(FAX・携帯)⑥職業⑦応募動機⑧情報入手先 をご記入ください)
・電子申請
申込期間
9月21日(金)(消印・受信有効)
・応募者多数の場合は抽選になります。
・募集人数に満たない場合、締切日以降も受付けます。
・受講の可否について、9月27日(木)までに申込者全員に通知します。(対象:9月21日まで申込分)
参加費
無料
問い合せ先
多摩消費生活センター TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
No29
板橋区消費生活展第50回記念講演会
大掃除前に知っておきたい整理収納術
日 時
2018年11月4日(日)13:30~15:30
場 所
高島平区民館ホール
主 催
板橋区消費生活展実行委員会、板橋区
内 容
年末の大掃除前に知っておきたい整理収納術です
講 師
畑農靖子氏(Studio HAGA 整理収納アドバイザー)
定員
100名(申込順)*保育有(生後4か月からの未就学児、定員7人、申込順)
申込方法
電話(申込順)
参加費
無料
問い合せ先
板橋区消費者センター
TEL:03-3579-2266
No76
中央区消費生活展2018 「快適なくらしを求めて」
日 時
2018年11月4日(日)10:00~15:30
場 所
月島区民センター 1階ロビー・会議室
主 催
中央区、中央区消費者友の会
内 容
中央区や参加団体の、環境や消費生活についてのパネル展示を行います。消費者相談コーナーもあります。
参加費
無料
問い合せ先
中央区消費生活センター TEL:03-3546-5332
No46
多摩消費生活センター
“知ってトクする暮らしの連続講座”
~老いへの備え、今のうちから~
悪質商法、最近の手口
~『しまった!』 大丈夫、あわてないで!
ワンクリック詐欺への対処法~ 出前寄席、出前講座
日 時
2018年10月30日(火)14:00~16:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
スマートフォンを操作中に、いきなり高額料金の請求画面が表示され、ワンクリック詐欺かも?と心配になったことはありませんか?
大丈夫!そんな時の対処法をおもしろ楽しく説明します。
講 師
回路亭しん劇氏、鈴木伸子氏
募集人数
100名(都内在住、または在勤・在学の方)
申込方法
・FAX
・はがき(①希望講座番号、実施日(いくつでも)②住所③氏名(ふりがな)④年代⑤電話番号(FAX・携帯)⑥職業⑦応募動機⑧情報入手先 をご記入ください)
・電子申請
申込期間
9月21日(金)(消印・受信有効)
・応募者多数の場合は抽選になります。
・募集人数に満たない場合、締切日以降も受付けます。
・受講の可否について、9月27日(木)までに申込者全員に通知します。(対象:9月21日まで申込分)
参加費
無料
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
No61
“ら・し・さ”の終活講座 第27回
終活の知識とエンディングノートの活用
日 時
2018年10月30日(火)13:40~16:40
場 所
東京ボランティア・市民活動センター会議室A
主 催
NPO法人ら・し・さ(終活アドバイザー協会)
内 容
終活 のツールであり、終活アドバイスに欠かせないエンディグノートを活用してますか?第1部では、 NPO法人ら・しさの理事による書き方セミナーを体験していただきます。また第2部では、「どうやって終活を進めたらい?」「他の人はどのようなセミナーを行っているの?」「セミナー開催のノウハウは?」「○○について知りたい」といった、 終活やノート活用に関する疑問や質問を、ディスカッション形式で解決していきます。今回は終活アドバイザー会員へのサポート講座 です。資格の活用 をお考えの方はぜひご参加ください。
講 師
高井豪氏(終活アドバイザー/ファイナンシャル・プランナー、NPO法人ら・し・さ理事)
申込締切
10月26日(金)
参加費
3,000円(会員は2,000円/ただし、ら・し・さノートを持参ください)
問い合せ先
NPO 法人ら・し・さ
TEL:03-5201-3793 FAX:03-5201-3712
E-mail:kanri@ra-shi-sa.jp
No38
くらしフェスタADACHI
さがしにおいでよ!くらしのヒント
日 時
2018年10月27日(土)、28日(日)10:00~15:00
場 所
エル・ソフィア
主 催
足立区、足立区消費者友の会
内 容
不要品を使った工作や、くらしの道具づくりなど、さまざまな体験コーナーがいっぱい!遊びながら暮らしのヒントが見つかる2日間です。
参加費
無料(料理教室、消費者講座、寄せ植え教室は有料)
問い合せ先
足立区消費者センター
TEL:03-3880-5385
No32
くらしフェスタ すみだ消費生活展2018
知恵と工夫で未来をつくろう~知って得する消費者情報~
日 時
2018年10月27日(土)13:00~16:00、
28日(日)10:00~15:00
場 所
すみだリバーサイドホール・2階イベントホールほか
主 催
すみだ消費生活展実行委員会/墨田区
内 容
墨田区消費者団体活動成果発表、実行委員会運営イベントなど
参加費
無料
問い合せ先
墨田区産業観光部産業振興課産業振興担当 TEL:03-5608-6186
E-mail:fujii-syouta@city.sumida.lg.jp
No31
2018 西東京市消費生活展
明日のために、かしこいくらしを!
日 時
2018年10月27日(土)、28日(日)
場 所
西東京市消費者センター分館
主 催
西東京市消費生活展実行委員会
内 容
食、環境などに関する展示、クイズラリーや親子のミニ料理教室、おちゃわんのリサイクル、地場野菜の販売などを行います。
参加費
無料
問い合せ先
西東京市協働コミュニティ課 大井
TEL:042-438-4046
No35
第37回いのちとくらしをまもる
中野区消費生活展2018
日 時
2018年10月24日(水)、25日(木)両日 10:00~17:00
場 所
中野区役所1階ロビー
主 催
中野区消費生活展実行委員会
後 援
中野区
内 容
「食」「環境」「くらし」の3つのテーマに沿って各団体が展示を行います。クイズラリーやミニ講座もあります。
参加費
無料
問い合せ先
中野区消費生活センター TEL:03-3389-1191
No45
多摩消費生活センター
“知ってトクする暮らしの連続講座”
~老いへの備え、今のうちから~
高齢期にかけての食生活と健康 ~食事の時間と生活習慣病~
日 時
2018年10月23日(火)14:00~16:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
食事は健康の基本です!高齢期にかけての食事の望ましい摂り方について学びます。 時間栄養学において、食事の内容だけでなく、食事を取る時間も生活習慣病に影響することが分かってきました。高齢期の食事の基本的なポイントと合わせて、食事の時間が健康へ及ぼす影響について考えます。
講 師
篠田粧子氏(首都大学東京大学院 人間健康科学研究科教授)
募集人数
100名(都内在住、または在勤・在学の方)
申込方法
・FAX
・はがき(①希望講座番号、実施日(いくつでも)②住所③氏名(ふりがな)④年代⑤電話番号(FAX・携帯)⑥職業⑦応募動機⑧情報入手先 をご記入ください)
・電子申請
申込期間
9月21日(金)(消印・受信有効)
・応募者多数の場合は抽選になります。
・募集人数に満たない場合、締切日以降も受付けます。
・受講の可否について、9月27日(木)までに申込者全員に通知します。(対象:9月21日まで申込分)
参加費
無料
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
No28
くらしフェスタいたばし2018
第50回板橋区消費生活展
日 時
2018年10月20日(土)12:00~15:00
2018年10月21日(日)10:00~15:00
場 所
板橋都税事務所前広場
主 催
板橋区消費生活展実行委員会、板橋区
内 容
板橋区内の消費者団体等が日ごろの活動や研究の成果を発表し、区民の消費者意識と消費生活の向上を図ります。
参加費
無料 (販売・体験コーナー以外)
問い合せ先
板橋区産業経済部くらしと観光課消費者センター
TEL:03-3579-2266 FAX:03-3962-3955
E-mail:kb-shohi@city.itabashi.tokyo.jp
No36
第48回 みんなの生活展
安全なくらしのためにあなたはどうしていますか?
日 時
2018年10月19日(金)、20日(土)
10:00~15:00(両日共)
場 所
三鷹市消費者活動センター
主 催
三鷹市消費生活展実行委員会、三鷹市
内 容
「健康簡単レシピ集」や「持続可能な生き方について」などのパネル展示や、健康チェックや石けん作りなどの体験コーナー、年金相談、バルーンアートなどがあります。また先着順で参加できる講演会も開催します。
<講演会>
10月19日(金)10:30~
「日々是好日-節供の由来-~幸せを祈り祝う日本のカタチ~」
講師:林小春氏(作法家・和のお作法学校「ジャパンビューティマナー」代表)
10月20日(土)10:30~
「物を大切にできる子を育てよう!子育てとジェネレーションギャップ~子どもに受け継ぐべき古い価値観~」
講師:藤山友弘氏(心理カウンセラー)
参加費
無料
問い合せ先
三鷹市生活環境部生活経済課消費生活係(三鷹市消費者活動センター)
TEL:0422-43-7874
No70
平成30年度第2回食の安全都民講座
先取り体験!ノロウイルス対策!!
日 時
2018年10月19日(金)13:30~16:45
場 所
東京都健康安全研究センター 本館6階6A会議室
主 催
東京都健康安全研究センター
内 容
●講義:「総まとめ!ノロウイルス対策」
 ノロウイルスの特徴や予防法について解説します。
 講師 野田衛氏(公益社団法人日本食品衛生協会 学術顧問)
●実験:「防ごう!ノロウイルス感染」
 家庭でできるノロウイルス対策をテーマに、おう吐物の処理方法等の体験をを行います。
募集人数
都内在住・在勤・在学で、18歳以上の方。40名。*応募多数の場合は抽選
申込方法
電子申請又は往復はがき *参加の可否は、10/12(金)までにお知らせします。
【記入事項】①催し名「第2回食の安全都民講座」②住所③氏名(ふりがな)④年齢⑤職業⑥電話番号⑦手話通訳を希望される方、車いすでの参加を希望される方、介助者がいらっしゃる方はその旨、託児を希望される方はその旨及び託児を希望する子供の年齢と人数を記入してください。
申込締切
平成30年10月5日(金)*当日消印有効
参加費
無料
問い合せ先
東京都健康安全研究センター食品医薬品情報担当
TEL:03-3363-3472(平日9:00~17:00)
HP:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/forum/tominkoza/tominkoza30-2.html
〒169-0073 新宿区百人町3-24-1
No53
平成30年度 薬と健康の週間イベント
都民のためのおくすり講座
お薬は好き?それとも嫌い?~知って納得、お薬との付き合い方~
日 時
2018年10月18日(木)14:00~16:00
場 所
東京都健康安全研究センター 本館6階
主 催
東京都健康安全研究センター
内 容
なぜおくすりを飲むのか、自分に合ったおくすりの使い方とは何か?を改めて考えてみるとともに、知って得する薬局・薬剤師の活用法についてわかりやすく解説します。
講 師
伊集院一成氏(東京理科大学教授・薬剤師)
募集人数
50 名程度(都内在住・在勤・在学18歳以上)
申込方法
往復はがき、電子申請 (往復はがきの場合①催し名「おくすり講座」②住所③氏名(ふりがな)④年齢⑤職業⑥電話番号⑦手話希望・車いすでの参加希望・託児希望の方はその旨 を記入してください)
申込締切
10月3日(当日消印有効)
参加費
無料
問い合せ先
東京都健康安全研究センター 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当
TEL:03-3363-3472
はがき宛先
〒169-0073 新宿区百人町3-24-1
東京都健康安全研究センター 健康危機管理情報課 おくすり講座
No44
多摩消費生活センター
“知ってトクする暮らしの連続講座”
~老いへの備え、今のうちから~
人生100年の生活設計を! ~老後資金はいくら必要?~
日 時
2018年10月18日(木)14:00~16:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
人生100年の時代を迎えつつある中、老後(退職後)は介護費・医療費の負担も大きくなり、漠然とした不安も高まる一方です。早い時期から老後資金について考え、確保していく必要があります。本講座では、将来安心して暮らせる老後資金を準備する方法について学びます。
講 師
成宮正和氏(東京都金融広報委員会 金融広報アドバイザー)
募集人数
100名(都内在住、または在勤・在学の方)
申込方法
・FAX
・はがき(①希望講座番号、実施日(いくつでも)②住所③氏名(ふりがな)④年代⑤電話番号(FAX・携帯)⑥職業⑦応募動機⑧情報入手先 をご記入ください)
・電子申請
申込期間
9月21日(金)(消印・受信有効)
・応募者多数の場合は抽選になります。
・募集人数に満たない場合、締切日以降も受付けます。
・受講の可否について、9月27日(木)までに申込者全員に通知します。(対象:9月21日まで申込分)
参加費
無料
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
No43
多摩消費生活センター
“知ってトクする暮らしの連続講座”
~老いへの備え、今のうちから~
終活のはじめの一歩 ~エンディングノートを書けますか?~
日 時
2018年10月10日(水)14:00~16:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
自分がもしもの時に自分の意思や思いを家族に伝えることができるはずのエンディングノート。でも実際に書いている人はあまりいません。なぜ書けないのか、どうするのがよいのか、グループ討議を交えながら学びます。
講 師
石崎公子氏(終活カウンセラー/セカンドライフアドバイザー)
募集人数
100名(都内在住、または在勤・在学の方)
申込方法
・FAX
・はがき(①希望講座番号、実施日(いくつでも)②住所③氏名(ふりがな)④年代⑤電話番号(FAX・携帯)⑥職業⑦応募動機⑧情報入手先 をご記入ください)
・電子申請
申込期間/div>
9月21日(金)(消印・受信有効)
・応募者多数の場合は抽選になります。
・募集人数に満たない場合、締切日以降も受付けます。
・受講の可否について、9月27日(木)までに申込者全員に通知します。(対象:9月21日まで申込分)
参加費
無料
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
No54
第45回 狛江市消費生活展
くらしフェスタこまえ2018
日 時
2018年10月6日(土)10:00~15:00
場 所
メビウス∞えきまえ広場
主 催
狛江市消費生活展実行委員会、狛江市
内 容
参加団体や個人が、日常の消費生活に関する知識や研究の成果を発表します。クイズラリーや、花苗の配布、消費生活ミニ講義、環境を守るくらしの知恵など、楽しくて生活に役立つ情報がいっぱいです。
参加費
無料
問い合せ先
狛江市 市民生活部 地域活性課 地域振興係
TEL:03-3430-1111 内2226
No42
多摩消費生活センター
“知ってトクする暮らしの連続講座”
~老いへの備え、今のうちから~
「ひとり死」時代に自分らしい最後を迎えるために
~老・病への備え~
日 時
2018年10月3日(水)14:00~16:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
少子高齢化、家族の多様化が進み、最後はひとりが当たり前という時代において、リタイア後の人生を安心で、豊かに送るためのポイントについて、ミドル層の皆さんも含めて考えてもらうための講座です。本連続講座の総論(ガイダンス)となります。
講 師
小谷みどり氏(第一生命経済研究所 ライフデザイン研究本部 主席研究員)
募集人数
100名(都内在住、または在勤・在学の方)
申込方法
・FAX
・はがき(①希望講座番号、実施日(いくつでも)②住所③氏名(ふりがな)④年代⑤電話番号(FAX・携帯)⑥職業⑦応募動機⑧情報入手先 をご記入ください)
・電子申請
申込期間
9月21日(金)(消印・受信有効)
・応募者多数の場合は抽選になります。
・募集人数に満たない場合、締切日以降も受付けます。
・受講の可否について、9月27日(木)までに申込者全員に通知します。(対象:9月21日まで申込分)
参加費
無料
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
No33
くらしフェスタむさしの2018
(第40回 武蔵野市消費生活展)
「かわる時代 かわる暮らし」 
日 時
2018年9月28日(金)10:00~17:00
2018年9月29日(土)10:00~15:00
場 所
武蔵野プレイス 1階 ギャラリー
主 催
くらしフェスタむさしの2018実行委員会
内 容
消費者団体の活動成果発表会、「遺伝子組み換えについて」の講演会、食べ物の塩分測定の実験や、英字新聞紙でマイバック作りや折り紙教室の体験などを行います。
参加費
無料
後援
武蔵野市
問い合せ先
武蔵野市消費生活センター
TEL:0422-21-2972
No55
平成30年度食の安全都民フォーラム
「生で食べる」を考える。
日 時
2018年9月28日(金)13:30~16:45
場 所
都庁 都議会議事堂1階 都民ホール
主 催
東京都福祉保健局
内 容
東京都では、都民、事業者及び行政担当者が、食の安全に関する情報を共有し、考える場として、毎年、「食の安全都民フォーラム」を開催しています。今回は、「生で食べる」とはどういうことか、文化面や安全面から考える機会としていただくことを目的に、基調講演とパネルディスカッションを行います。

第1部 基調講演
 『日本人はなぜ「生」が好きなのか?食文化、歴史と食嗜好の観点から』 <講師> 原田 信男 氏 (国士舘大学21世紀アジア学部 教授)

第2部 パネルディスカッション
 <内 容>生で食べる食品の例を紹介しながら、それらの食品がなぜ生で食べられているのか、生で食べることについて、どのような歴史やリスクがあるのか、それぞれの立場から情報共有いただきます。
 <コーディネーター>大村 美香 氏 (株式会社朝日新聞社 文化くらし報道部 記者)
 <パネリスト>原田 信男 氏 (国士舘大学21世紀アジア学部 教授)、田﨑 達明 氏 (関東学院大学栄養学部 教授)
募集人数
200名
申込方法
往復はがき、電子申請
(往復はがきの場合①催し名「食の安全都民フォーラム」②住所③氏名(ふりがな)④年齢⑤職業⑥電話番号⑦生食嗜好への意見や質問(100字以内)
⑧以下に該当される方はその旨
[・車いすでの参加を希望される方・介助者が同行される方・手話通訳を希望される方・託児サービスを希望される方はその旨及び託児を希望する子供の年齢と人数]
申込締切
9月12日(水)(当日消印有効・参加の可否は9/19までにお知らせします)
参加費
無料
問い合せ先
東京都健康安全研究センター 食品医薬品情報担当 
TEL:03-3363-3472
はがき宛先
〒069-0073 新宿区百人町3-24-1
東京都健康安全研究センター 企画調整部
健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当
No58
東京都多摩消費生活センターの啓発講座
(食育講座・ 9月)
がんばりすぎない「もしも」の備え
~ストック食材でラクうま一品料理~
日 時
2018年9月27(木)10:00~12:30
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
無理もなく「気付いたら備えができていた♪」そのヒントを防災と食の専門家から学び、「いいね! 」と思ったことを日常生活に取り入れてみませか? 全部やらなくてもOK!備えにルールはありません 。さらに、ストック食材 (レトルト食品、缶詰など) を使ってラクラクうまうまな一品を伝授!「もしも」の時はもちろん、普段の生活にも役に立つ情報をお届けします。
講 師
今泉 マユ子氏(管理栄養士・防災士・災害食専門員)
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
申込方法
往復はがき
申込締切
9月3日(月)消印有効
参加費
無料
  保育あり *6か月以上の未就学児
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
No57
東京都多摩消費生活センターの啓発講座
(食育講座・ 9月)
がんばりすぎない「もしも」の備え
~ストック食材でラクうま一品料理~
日 時
2018年9月26(水)10:00~12:30
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
無理もなく「気付いたら備えができていた♪」そのヒントを防災と食の専門家から学び、「いいね! 」と思ったことを日常生活に取り入れてみませか? 全部やらなくてもOK!備えにルールはありません 。さらに、ストック食材 (レトルト食品、缶詰など) を使ってラクラクうまうまな一品を伝授!「もしも」の時はもちろん、普段の生活にも役に立つ情報をお届けします。
講 師
今泉 マユ子氏(管理栄養士・防災士・災害食専門員)
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
申込方法
往復はがき
申込締切
9月3日(月)消印有効
参加費
無料
保育あり *6か月以上の未就学児
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
No25
第46回 豊島区消費生活展2018
日 時
2018年9月21(金)
場 所
としまセンタースクエア
主 催
第46回消費生活展実行委員会、豊島区
内 容
豊島区内の消費者団体等が日ごろの活動や研究の成果を発表し、区民の消費者意識と消費生活の向上を図ります。
参加費
無料
問い合せ先
豊島区生活産業課消費生活グループ
TEL:03(4566)2416 FAX:03(5992)7024
No34
ら・し・さ 創立15周年記念
終活アドバイザー協会講演会
日 時
2018年9月13日(木)14:00~16:40
場 所
東京ウイメンズプラザ ホール(地下1階)
主 催
NPO法人ら・し・さ
内 容
終身雇用・年功序列・老後保障の会社人間人生の時代が終わり、会社人生を生きるのではなく自分の人生を生きる、人々と競争するのではなく人々と共感的・共有的に生き環境社会課題に取り組むというシェアの時代が急速に動き出しています。この時代のシニアに求められる資産と能力は何かについて考えます。
第1部:講演「人生100年とシニア世代の課題」~変身資産と結晶性知能~
 講師:伊藤 宏一氏 (千葉商科大学人間社会学部教授・哲学者)
第2部:最近のお墓事情 /谷中霊園見学会報告
交流会
申込締切
9月6日(木)
講演会参加費
一般 1,000円(但し、交流会参加者は無料)
正会員・終活アドバイザー会員 無料
交流会参加費:5,000円 (「un cafe(アンカフェ)」 にて 17:00~)
問い合せ先
NPO法人 ら・し・さ (終活アドバイザー協会)
〒103-0027東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F
TEL:03-5201-3793 FAX:03-5201-3712
e-mail:kanri@ra-shi-sa.jp
No56
東都生協 ライフプラン講演会のご案内
災害時の『要配慮者』のための防災(高齢者・障害者・乳幼児 他)
日 時
2018年9月6日(木)13:00~16:00
場 所
東京都消費生活総合センター17階 教室Ⅰ、Ⅱ
主 催
東都生協
内 容
熊本地震や近年の自然災害での教訓を踏まえ、来るべき首都直下地震にどう備えたら良いか、また災害時要配慮者となる方々はどう備えたら良いか、動画や画像を紹介しながらわかりやすく解説します。
○講演会 13:00~14:30
○災害に備える住宅保障相談会(要予約)14:40~16:00
講 師
国崎信江氏(危機管理アドバイザー)
募集人数
80名(先着順)
申込方法
電話、メール、FAX
参加費
無料
問い合せ先
東都生協 共同購入事業部 共済グループまで
TEL:03-5384-7861 FAX:03-5384-1641
(受付10:00~16:00祝日可 土・日休業)
E-mail:kyousai@tohto.coop
No08
「消費者大学講座」新宿消費生活センター委託講座
日 時
2018年5/23(水) 10:30~12:30、
2018年6/13(水) 14:00~16:00、
2018年6/27(水) 13:30~15:30、
2018年7/20(金) 13:30~15:30、
2018年8/9(木) 13:30~15:30、
2018年8/31(金) 13:30~15:30
場 所
新宿消費生活センター分館
主 催
新宿区、新宿区消費者団体連絡会
内 容
地域における消費者教育の担い手となる人材を育成する全6回の連続講座です。30年度は、「105歳!!健康な生活習慣」をテーマに消費者として健康に生活するポイントを考えます。
第1回「賢い消費者の生き方~105歳の健康の秘訣~」
講師:新井康通氏(慶應義塾大学 医学部百寿総合研究センター)
第2回「シニア世代(消費者)の口腔のケア~オーラルフレイル予防:ささいな口のトラブルを見逃すな~」
講師:平野浩彦氏(東京都健康長寿医療センター 歯科口腔外科部長)
第3回「薬と健康食品」
講師:未定
第4回「自立した消費者でいるためには」
講師:稲垣宏樹氏(東京都健康長寿医療センター研究所 自立促進と介護予防研究チーム研究員)
第5回「高齢期の食生活の提案~買い物、食卓、食環境~」
講師:成田美紀氏(東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム研究員)
第6回「消費者トラブル」
講師:消費生活専門相談員
※内容は変更する場合があります。
※5回以上参加した方には、区長から修了証をお渡しします。
募集人数
30名
申込方法
往復はがきに「消費者大学」、住所、氏名、電話番号を記入して郵送。
申込締切
5月7日(月)必着(応募者多数の場合は抽選)
参加費
無料
問い合せ先
新宿消費生活センター
TEL:03-5273-3834
<はがき送付先>
〒169-0075 新宿区高田馬場1-32-10 新宿区消費生活センター分館内
新宿区消費者団体連絡会
No37
夏休み親子講座「東京の木でサイコロづくり」
~東京の木(多摩産材)でサイコロをつくり、遊びます~
日 時
2018年8月26日(日) 13:30~15:30
場 所
新宿消費生活センター分館調理室
主 催
新宿区、新宿区消費者団体連絡会
内 容
東京の木(多摩産材)でサイコロをつくり、遊びます。
講 師
小野 清氏(生活協同組合・消費者住宅センター)
募集人数
親子12組24名(新宿区内在住・在勤の方)
申込方法
往復はがき ※「8/26親子講座」と記入の上、住所、氏名(参加者全員)、電話(携帯)、FAXを明記
申込締切
8月10日(金)
講演会参加費
無料
問い合せ先
新宿消費生活センター
TEL:03-5273-3834
【はがき宛先】
〒169-0075 新宿区高田馬場1-32-10 新宿区消費生活センター分館内
新宿区消費者団体連絡会
No21
親子夏休み講座
くらしにイロイロ役立つ 消費生活センター~
センターでは、こんなこともやっているよ!~
「ル・ル・ル・・・こちら消費生活センターです!」
★ヒミツのお土産あり
日 時
2018年8月10日(金) 10:00~12:00
場 所
東京都多摩消費生活センター
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
今年もこの季節がやって来ました!楽しく学べる魅力的なテーマがもりだくさんです。作品を撮影して、友だちにも自慢しちゃおう!夏休みの自由研究にも…きっと使えるね!!
スマホでゲーム…つい、熱中しちゃうね。でもネットにつながるから、コワーい犯罪に巻きこまれる心配も…。それでは消費生活センターで、『使ってあ・ん・し・ん?ルール』について考えてみよう!
講 師
木村嘉子氏(東京都消費生活総合センター 主任相談員)
募集対象学年
小学5~6年生
募集人数
15組30名(都内在住の小学生と保護者のペア)
持ち物
筆記用具、タオル、飲み物(水分補給用)
申込方法
往復はがき
申込締切
7月10日(火)消印有効
(定員を超えた場合は抽選。定員に達しない場合は締切後も受け付けます。)
参加費
無料 ※保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No27
平成30年度「食の安全調査隊」
夏休みは食のウラ側に潜入!
食の安全こども調査隊
日 時
2018年8月8日(水) 13:30~16:30
2018年8月10日(金) 10:15~12:45 または、14:00~16:30
場 所
<1日目>府中市学校給食センター
<2日目>東京都健康安全研究センター、日本マクドナルド(株)研究施設
※全2日間のプログラムです。両日ともご参加ください。
主 催
東京都健康安全研究センター
内 容
安全な食べ物はどう作られる?調査隊の一員となってプロの現場に潜入!食中毒予防に関する学習と、施設の見学をします。
※食品施設の見学を行いますので、体調の悪い方や、重篤な食物アレルギーをお持ちの方は参加をご遠慮ください。
※当日の様子や写真を、後日東京都及び協力先のホームページ・SNS等で紹介させていただく場合があります。予めご了承ください。
募集人数
20組40名(都内在住の小学3~6年生と保護者、各1名)
申込方法
ホームページまたは往復はがき
申込締切
7月13日(金) 当日消印有効
参加費
無料
問い合せ先
東京都健康安全研究センター食品医薬品情報担当
TEL:03-3363-3472(平日9:00~17:00)
〒169-0073 新宿区百人町3-24-1
No20
親子夏休み講座
くらしにイロイロ役立つ 消費生活センター
~ センターでは、こんなこともやっているよ!~
地球環境と調理実習 チョコからちょこっとのぞく!
地球のミ・ラ・イ~エシカル消費のススメ~
日 時
2018年8月8日(水) 10:00~12:00
場 所
東京都多摩消費生活センター
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
今年もこの季節がやって来ました!楽しく学べる魅力的なテーマがもりだくさんです。作品を撮影して、友だちにも自慢しちゃおう!夏休みの自由研究にも…きっと使えるね!!
“カカオ”の国の子供達の様子をのぞいてみよう。フェアトレード・チョコのデザートもお楽しみに!
講 師
杉山綾香氏(NPO法人 ACE)、東美穂氏(製菓衛生師)
募集対象学年
小学5~6年生
募集人数
10組20名(都内在住の小学生と保護者のペア)
持ち物
筆記用具、タオル、飲み物(水分補給用)、エプロン、三角巾
申込方法
往復はがき
申込締切
7月10日(火)消印有効
(定員を超えた場合は抽選。定員に達しない場合は締切後も受け付けます。)
参加費
無料 ※保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No19
親子夏休み講座
くらしにイロイロ役立つ 消費生活センター
~ センターでは、こんなこともやっているよ!~
かたづけ上手で成績もアップ! 
日 時
2018年8月7日(火) 10:00~12:00
場 所
東京都多摩消費生活センター
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
今年もこの季節がやって来ました!楽しく学べる魅力的なテーマがもりだくさんです。作品を撮影して、友だちにも自慢しちゃおう!夏休みの自由研究にも…きっと使えるね!!
お部屋や机がかたづくと宿題や予習、復習がはかどるね。“ラクラクかたづけ習慣”を大紹介!
講 師
小松易氏(かたづけ士(スッキリ・ラボ))
募集対象学年
小学3~6年生
募集人数
15組30名(都内在住の小学生と保護者のペア)
持ち物
筆記用具、タオル、飲み物(水分補給用)
申込方法
往復はがき
申込締切
7月10日(火)消印有効
(定員を超えた場合は抽選。定員に達しない場合は締切後も受け付けます。)
参加費
無料 ※保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No18
親子夏休み講座
くらしにイロイロ役立つ 消費生活センター~
センターでは、こんなこともやっているよ!~
実験実習 身近な材料で染めもの体験! 
日 時
2018年8月3日(金) 10:00~12:00
場 所
東京都多摩消費生活センター
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
今年もこの季節がやって来ました!楽しく学べる魅力的なテーマがもりだくさんです。作品を撮影して、友だちにも自慢しちゃおう!夏休みの自由研究にも…きっと使えるね!!
玉ねぎの皮を使って、ランチョンマットをつくってみよう!どんな作品ができるかな?
講 師
福岡ひとみ氏(コンシューマー技術教育研究会)
募集対象学年
小学3~6年生
募集人数
10組20名(都内在住の小学生と保護者のペア)
持ち物
筆記用具、タオル、飲み物(水分補給用)、エプロン
申込方法
往復はがき
申込締切
7月10日(火)消印有効
(定員を超えた場合は抽選。定員に達しない場合は締切後も受け付けます。)
参加費
無料 ※保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No30
夏休み親子企画
今知っておきたいSDGsで自由研究!隊員募集!
小学生親子20組 未来の地球を救うお店探検ツアー
お買いものもするよ♪
日 時
2018年8月1日(水) 13:30~16:00 (13:15集合)
場 所
東京都生協連会館3階会議室
主 催
東京都生協連
協 力
コープみらい
内 容
わたしたちが暮らしている地球に迫っている危機はどんなことだろう。2030年までに世界が協力しあって解決しなければならないことってなんだろう。解決できなければ地球はどうなるんだろう。ひとりひとりにできること、学校・団体でできること、大きい会社だからできること。いろいろあるけど、まずは自分がすぐにできることをコープのお店で探してみよう。
[プログラム]
<お話>地球がタイヘン!!2030年までに世界で協力しなくちゃいけないこと
講師:櫻井 麻紀子さん(日本生協連職員)
<体験>お店で探そう!買ってみよう! 地球の未来を守るコープ商品!!
実際にお買いものをします。協力:コープみらい コープ中野中央店
<ワーク>未来の地球を救うために、僕が、わたしができること
募集対象
小学生のお子さんと保護者の方(お子さんは2名まで)
持ち物
筆記具、マイバッグ、飲み物
申込方法
電話またはメール
※メールのタイトルに「お店探検ツアー」と記載し、本文に参加されるお子様のお名前(学年)保護者1名の方のお名前を記入してお申込みください。
申込締切
7月20日(金) ※先着順
参加費
無料 お買いもの補助費:500円まで(実費清算)
問い合せ先
東京都生協連(担当:松本守史、大田敬子)
TEL:03-3383-7800
email:m-matsumoto@coop-toren.or.jp
No17
親子夏休み講座
くらしにイロイロ役立つ 消費生活センター
~ センターでは、こんなこともやっているよ!~
調理実習 かざり寿司をつくってみよう!
日 時
2018年8月1日(水) 10:00~12:30
場 所
東京都多摩消費生活センター
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
今年もこの季節がやって来ました!楽しく学べる魅力的なテーマがもりだくさんです。作品を撮影して、友だちにも自慢しちゃおう!夏休みの自由研究にも…きっと使えるね!!
おうちにある保存食(缶づめや乾物など)で可愛いお寿司ができちゃうよ!日本の伝統的な食材を見直そう。
講 師
市川由紀子氏(コンシューマー技術教育研究会)
募集対象学年
小学3~6年生
募集人数
10組20名(都内在住の小学生と保護者のペア
持ち物
筆記用具、タオル、飲み物(水分補給用)、エプロン、三角巾
申込方法
往復はがき
申込締切
7月10日(火)消印有効
(定員を超えた場合は抽選。定員に達しない場合は締切後も受け付けます。)
参加費
無料 ※保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No16
親子夏休み講座
くらしにイロイロ役立つ 消費生活センター~
センターでは、こんなこともやっているよ!~
セーフ?アウト?お買い物大作戦!!~ワークショップ
「みんなでお買い物」~
日 時
2018年7月30日(月) 10:00~12:00
場 所
東京都多摩消費生活センター
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
今年もこの季節がやって来ました!楽しく学べる魅力的なテーマがもりだくさんです。作品を撮影して、友だちにも自慢しちゃおう!夏休みの自由研究にも…きっと使えるね!!
公園にハイキング。おやつはどうしよう?…グループワークやクイズでお金の使い方を考えてみよう!
講 師
小川桂子氏(NPO法人 C・キッズ・ネットワーク)
募集対象学年
小学3~4年生
募集人数
15組30名(都内在住の小学生と保護者のペア)
持ち物
筆記用具、タオル、飲み物(水分補給用)
申込方法
往復はがき
申込締切
7月10日(火)消印有効
(定員を超えた場合は抽選。定員に達しない場合は締切後も受け付けます。)
参加費
無料 ※保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No22
あぐりフレンズ・東京
親子で学ぶ東京の農業2018
~JA町田市でブルーベリーや夏野菜収穫体験と やさいのおはなし~
日 時
2018年7月26日(木)
8:45集合(新宿駅西口周辺)
9:00出発
16:00帰着予定(新宿駅)
訪問先
JA町田市、町田市の圃場や直売所
主 催
JA東京中央会、東京都生協連
内 容
東京にも多くの畑があり、たくさんの野菜や果物や花が作られています。都会の農業の役割や伝統を学び、収穫体験を通して東京の農業について親子で理解を深めましょう。
参加対象
小学生のお子さんとご父母の方
(ご父母はどちらか1名まで、お子さんは2名まで。)
※大人のみの参加、お子さん一人での参加はできません。
募集人数
※親子企画 15組45名
申込方法
参加申込書、FAX、電話、メールのいずれか。
申込締切
7月13日(金)必着。
応募者多数の場合抽選。当選者のみに7月21日頃までに郵送で詳細ご案内。
参加費
大人1,500円、子ども500円(収穫体験費用、昼食代)
親子一組で1,500円相当の収穫体験が出来ます。
問い合せ先
東京都生協連(遠山) 
TEL:03-3383-7800(月~金曜日 9:00~17:00)
FAX:03-3383-7840
E-mail:toyama@coop-toren.or.jp
No15
親子夏休み講座
くらしにイロイロ役立つ 消費生活センター
~ センターでは、こんなこともやっているよ!~
実験実習 甘いジュース、そんなに飲んでもいいのかな?
日 時
2018年7月26日(木) 10:00~12:00
場 所
東京都多摩消費生活センター
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
今年もこの季節がやって来ました!楽しく学べる魅力的なテーマがもりだくさんです。作品を撮影して、友だちにも自慢しちゃおう!夏休みの自由研究にも…きっと使えるね!!
暑いとついつい飲んじゃうジュースや炭酸飲料…。飲みすぎるとどうなっちゃうのかな…!?
講 師
澤木佐重子氏(コンシューマー技術教育研究会)
募集対象学年
小学3~6年生
募集人数
10組20名(都内在住の小学生と保護者のペア)
持ち物
筆記用具、タオル、飲み物(水分補給用)、エプロン
申込方法
往復はがき
申込締切
7月10日(火)消印有効
(定員を超えた場合は抽選。定員に達しない場合は締切後も受け付けます。)
参加費
無料 ※保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No14
親子夏休み講座
くらしにイロイロ役立つ 消費生活センター
~ センターでは、こんなこともやっているよ!~
調理実習 夏野菜をおいしくモリモリ食べよう!
日 時
2018年7月24日(火) 10:00~12:00
場 所
東京都多摩消費生活センター
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
今年もこの季節がやって来ました!楽しく学べる魅力的なテーマがもりだくさんです。作品を撮影して、友だちにも自慢しちゃおう!夏休みの自由研究にも…きっと使えるね!!
みんな大好き“石窯風ピザ”を生地からつくってみよう!ニガ手な野菜もおいしく食べられます。
講 師
毎川益世氏(シトク・パートナーズシップ)
募集対象学年
小学3~6年生
募集人数
10組20名(都内在住の小学生と保護者のペア)
持ち物
筆記用具、タオル、飲み物(水分補給用)、エプロン、三角巾
申込方法
往復はがき
申込締切
7月10日(火)消印有効
(定員を超えた場合は抽選。定員に達しない場合は締切後も受け付けます。)
参加費
無料 ※保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No11
東京都多摩消費生活センターの
啓発講座(食育講座・7月)
~魔法のレシピで食品ロスにさよなら~
眠っている「食財」食べきりにチャレンジ!~
日 時
2018年7月13日(金) 13:30~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
日本で1年間に出ている食品ロスは約632万トン。おにぎりに換算すると、一人あたり毎日1個ずつ捨てていることになります!7月の食育講座は、食品ロス削減にチャレンジする第2弾!家で眠っている「食財(しょくざい)」が、おいしいおやつに大変身!?
講 師
行長万里氏(料理研究家)
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
申込方法
往復はがき
申込締切
6月20日(水) 消印有効
参加費
無料 保育あり ※6か月以上の未就学児
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No10
東京都多摩消費生活センターの
啓発講座(食育講座・7月)
~魔法のレシピで食品ロスにさよなら~
眠っている「食財」食べきりにチャレンジ!~
日 時
2018年7月12日(木) 13:30~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
日本で1年間に出ている食品ロスは約632万トン。おにぎりに換算すると、一人あたり毎日1個ずつ捨てていることになります!7月の食育講座は、食品ロス削減にチャレンジする第2弾!家で眠っている「食財(しょくざい)」が、おいしいおやつに大変身!?
講 師
行長万里氏(料理研究家)
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
申込方法
往復はがき
申込締切
6月20日(水) 消印有効
参加費
無料 保育あり ※6か月以上の未就学児
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No04
東京都消費生活総合センター 消費生活講座
賢い消費者のススメ~消費者被害は、こう始まる~
日 時
2018年7月9日(月) 13:30~15:50
場 所
東京ウィメンズプラザホール
主 催
東京都・東京都金融広報委員会
後 援
金融広報中央委員会
内 容
講座と落語を通じて、暮らしに身近な金融や消費生活に関する知識を学びます!
第1部 落語(13:40~14:05)
「仮想通貨“びびっとコイン”でひと儲け?!」他 立川平林氏(落語家)
話題の仮想通貨を題材に、そもそもの仕組みや儲け話の落とし穴について落語で楽しく学べます。仮想通貨の他に、もう1演目を加えた豪華2本立てでお送りします。
第2部 講演(14:20~15:50)
「賢い消費者のススメ」~消費者被害は、こう始まる~
講師:菊地幸夫氏(弁護士) 
自分は騙されないと思っている人が騙されています。悪質商法は非日常の出来事ではなく、当たり前の日常で起こり、気付いた時には騙されてしまうものです。講師の菊地弁護士には実例をもとに、日々の生活目線で騙されないための心構えについてお話いただき、消費者に関わる幅広い問題とあわせて、賢い消費者について講演していただきます。
定 員
250名(都内在住・在勤・在学の方)
対 象
都内在住または在勤・在学(高校生以上)の方
申込方法
はがき、FAX、電子申請
※託児あり(6か月以上の幼児)
 ファックス又ははがきにお子様の性別とと月齢を記入
申込締切
6月25日(月) 消印、受信有効
※受講の可否については7月2日(月)までに申込者全員に通知します。
参加費
無料
問い合せ先
東京都消費生活総合センター活動推進課
TEL:03-3235-1157 FAX:03-3268-1505
〒162-0823 新宿区神楽河岸1-1セントラルプラザ16階
No26
消費者団体と東京都との協働による学習会
多摩地域の市民活動交流会
つながりをひろげよう~つながり方をみんなで考えよう~
日 時
2018年7月9日(月) 10:15~13:00
場 所
東京都多摩消費生活センター教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
多摩地域の消費者団体交流会実行委員会
内 容
「子ども食堂」のネットワークづくりや子どもの製品安全事故を調査、啓発している『ヒヤリハット』の取り組み、再生可能エネルギーの普及に取り組んでいる市民団体の活動報告を聞き、消費者団体として、つながりのつくり方や広げ方を考え合います。
テーマは、『つながりのつくり方、ひろげ方』です。
<プログラム>
リレー報告 
・多摩子ども食堂ネットワーク
・消費者行政充実ネット千葉 
・NPO法人 こだいらソーラー
ワークショップ
申込締切
7月2日(月)
参加費
無料
※保育あり(1歳以上未就学児。申込締切:6月27日)
問い合せ先
東京消費者団体連絡センター(小浦、池田) 
TEL:03-6304-8661 FAX:03-3383-7840
No13
第47回 昭島市消費生活展
「今、本当に知りたいこと!」
日 時
2018年7月2日(月)~7日(土) 10:00~17:15(最終日は16時まで)
場 所
昭島市役所1階市民ロビー、市民ホール
主 催
昭島市
内 容
市内の消費者団体が研究した暮らしに役立つ情報のパネル展示、ジャーナリストの印鑰智哉(いんやく ともや)さんと農業試験場の職員、市内の体験農園の運営に携わる方々との「種子法」についてのシンポジウム、リサイクル図書の配布、資源の回収、「整理収納術」の消費者講座を行います。
参加費
無料
問い合せ先
昭島市 市民部市民生活コミュニティ課暮らしの安全係
TEL:042-544-5111
No23
築地の鰹節問屋さん直伝
鰹節、違いで決まるだしの味!
日 時
2018年6月29日(金) 14:00~16:00
場 所
烏山区民センター 調理室
主 催
NPO法人フード・風土
内 容
「健康な食生活」への関心が高まり、栄養バランスの良い和食が見直されています。和食の基本といえば「だし」。最近は、簡単便利な粉末のだしも利用されていますが、やはり日本人として本物の「だしの味」を知っていたいものです。「うま味」の元となるだしの材料として最もよく使われるのが「昆布」と「鰹節」です。昆布が産地によって味や用途が違うように、鰹節も種類や削り方によって味や用途が違ってきます。削り立てのふわふわの鰹節は絶品です。そんな「鰹節」のルーツと種類、削り方による違いなど、「鰹節」専門店ならではのこだわりやおいしいだしのとり方等をじっくり教えていただきます。
※だしの飲みくらべもあります。
講 師
川波明子氏(築地鰹節問屋 尾林商店)
募集人数
20名(先着順)
申込方法
電話またはFAX
①住所 ②氏名(ふりがな) ③電話またはFAX番号をご記入ください。
申込締切
6月22日(金)
参加費
1,500円(お持ち帰り用「鰹節」込み)
問い合せ先
NPO法人フード・風土
TEL&FAX:03-3308-4499(岩田) 
e-mail:fwkz6264@mb.infoweb.ne.jp
No24
消費者問題のプロが語る
あなたの大丈夫が一番あぶない!Part3
日 時
2018年6月29(金) 10:00~12:00
場 所
としま南池袋ミーティングルーム 302会議室
主 催
豊島区消費者団体連絡会
共 催
豊島区
内 容
第1部(10:00~10:45)「新しいだましの手口教えます」
講師 鈴木春代氏(全国消費生活相談員協会=全相協)
第2部(10:50~11:50)「知っておきたい“暮らしにひそむ農薬”」
講師 八田純人氏(農民連食品分析センター所長)
申込方法
電話、FAX、窓口
参加費
無料
問い合せ先
豊島区生活産業課消費生活グループ
TEL:03-4566-2416 FAX : 03-5992-7024
No06
みなとパーク芝浦フェスティバル
第46回 港区消費生活展2018
日 時
2018年6月23日(土) 10:00~16:00
2018年6月24日(日) 10:00~15:30
場 所
港区立消費者センター
主 催
港区立消費者センター
内 容
つくば市の新鮮野菜・物産の販売、小物やパンなどの販売、フード・ドライブ、ごみの分別、バルーンアートショー、相談(ガスや電気)、企業の環境対策の展示、消費者団体の発表等があります。また、芝浦工業大学のロボット操作体験、港区消費者問題推進員の川柳クイズや重曹活用術の実習などがあります。
参加費
無料
問い合せ先
港区立消費者センター
TEL:03-3456-4159 FAX:03-3453-0458
No07
~看護師さんが優しく教えます~
「在宅介護講座」
日 時
2018年6月2日(土) 10:30~12:30
場 所
東京都生協連会館 3階会議室
主 催
生活協同組合・消費者住宅センター
内 容
ご家族を突然介護することになったら、経験したことのない介護で、困りごとや問題が起きた時の解決策・最適解は何か?ご家族によって様々な介護がありますが、いろいろな人と意見交換する中で、新たな選択肢(介護・在宅介護)をみんなで学びあいましょう。
講 師
森芙紗子氏(看護師、住宅生協理事、元東京保健生協常務理事、元認知症高齢者グループホーム雑司が谷みみずくの里施設長)
募集人数
30名
申込方法
電話、FAX、メール
申込締切
5月26日(土)
参加費
無料
問い合せ先
生活協同組合・消費者住宅センター(小野)
TEL:03-5340-0620 携帯:080-3367-7268 FAX:03-5340-0621
e-mail:ono@iecoop.jp
No12
東京都との協働学習会 総会記念講座
消費者として105歳まで自立して健康に生きるためのヒント
日 時
2018年5月30日(水) 14:15~16:15
場 所
新宿消費生活センター分館
主 催
新宿区消費者団体連絡会
講 師
藤原佳典氏(東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム チームリーダー研究部長)
対 象
新宿区内在住・在勤・在学の方
募集人数
25名
申込方法
往復はがき(講座名を記入)
申込締切
5月14日(月) 必着 ※申込多数の場合は抽選
参加費
無料
問い合せ先
新宿消費生活センター
TEL:03-5273-3834
〒169-0075 新宿区高田馬場1-32-10 新宿消費生活センター分館内
新宿区消費者団体連絡会
No02
東京都多摩消費生活センターの啓発講座
(食育講座5月)
~フレイル予防でイキイキした毎日を~
健康長寿を支える「食」を学ぼう!
日 時
2018年5月30日(水) 10:00~12:30
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
「疲れやすい」「痩せてきた」「外出がおっくう」…こんな状態を「フレイル(虚弱)」といいます。フレイルを予防して、イキイキはつらつと暮らすには、食事で「たんぱく質」をしっかりとることが大切。望ましい栄養バランスのメニューで実習しながら、これまでの食生活をちょっと見直してみましょう!
講 師
葭谷麻利子氏(国際薬膳師、管理栄養士、ニュートリ・クッキング代表)
対 象
都内在住または在勤・在学(高校生以上)の方
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
申込方法
往復はがき(往信・返信とも62円)※1枚につき1名様
申込締切
平成30年5月2日(水) 消印有効
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
参加費
無料 保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No01
東京都多摩消費生活センターの啓発講座
(食育講座5月)
~フレイル予防でイキイキした毎日を~
健康長寿を支える「食」を学ぼう!
日 時
2018年5月29日(火) 10:00~12:30
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
「疲れやすい」「痩せてきた」「外出がおっくう」…こんな状態を「フレイル(虚弱)」といいます。フレイルを予防して、イキイキはつらつと暮らすには、食事で「たんぱく質」をしっかりとることが大切。望ましい栄養バランスのメニューで実習しながら、これまでの食生活をちょっと見直してみましょう!
講 師
葭谷麻利子氏(国際薬膳師、管理栄養士、ニュートリ・クッキング代表)
対 象
都内在住または在勤・在学(高校生以上)の方
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
申込方法
往復はがき(往信・返信とも62円)※1枚につき1名様
申込締切
5月2日(水) 消印有効
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
参加費
無料 保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No09
口の健康と全身の健康
日 時
2018年5月28日(月) 13:30~15:30
場 所
東京都消費生活総合センター16階 学習室A
主 催
東京都地域消費者団体連絡会
内 容
長寿社会を迎え、私達は皆が健康で長生きをしていくために、成人病を予防できるように、口のメンテナンスの必要性について学習しましょう。テーマは「歯と口の健康が全身の健康に及ぼす影響」です。
講 師
三ツ木浩氏(東京都福祉保健局医療政策部 歯科担当課長)
募集人数
30名(先着順)
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
申込方法
電話、メール
参加費
無料
問い合せ先
東京都地域消費者団体連絡会 
TEL:090-9970-0291(奥田)
e-mail:totisyoren@castle.ocn.ne.jp
No03
NPO法人生ごみリサイクル
全国ネットワークと東京都との協働による学習会
生ごみの資源化と焼却
日 時
2018年5月25日(金) 13:00~16:20
場 所
東京都消費生活総合センター 学習室A
主 催
NPO法人生ごみリサイクル全国ネットワーク
内 容
日本では家庭生ごみの93%以上が焼却されています。いま世界的な課題となっている温暖化に配慮した廃棄物処理の手法や、バイオガス化するさい産生する副産物・液肥の農地での活用についての講演です。
13:00 講演1 テーマ「食品リサイクルと焼却に係る環境負荷及びコストの分析~農林水産省の委託で三菱総合研究所が行った調査の概要から~」
講師:古木二郎氏(三菱総合研究所 環境エネルギー事業本部 サステナビリティグループ)
14:20 講演2 テーマ「食品リサイクルと液肥活用で循環のまちづくり~大木町・みやま市の事例から~」
講師:中村修氏(循環のまちづくり研究所 元長崎大学環境科学部准教授)
15:25 質疑応答・フリートーク
16:20 終了
参加費
無料 資料代 500円(会員無料)
問い合せ先
生ごみリサイクル全国ネットワーク
TEL&FAX:03-3483-3761
e-mail:grnj1437@grnj1437.sakura.ne.jp
No05
社会福祉法人きょうされん
「リサイクル洗びんセンター見学会」
日 時
2018年5月23日(水) 9:30集合 12:00解散予定
集合場所
JR青梅線中神駅北口広場、西武拝島線西武立川駅南口広場
※両駅より徒歩約20分 ※雨天決行
主 催
多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク、昭島市消費生活者連絡会、立川市消費者団体連絡会
内 容
大きな震災の被害を受け、改めてエネルギー政策のあり方を問われている今、資源を原資に戻さずもう1度使うというリユース、リターナブルの考え方はエネルギーの節約や環境への配慮という視点から注目を集めています。障害のある人やそれを支える人たちが担っているリユース、リターナブルの最前線、洗びんセンターを見学し、環境と福祉の融合したシステムを改めて学びます。
募集人数
15名
申込方法
TEL、FAX
申込締切
5月17日(木)
参加費
無料 昼食代400円
問い合せ先
多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク
TEL:090-8720-0181(五十嵐)
FAX:042-534-0685


PAGETOP