もっと広げようコミュニケーションの輪~未来を拓く消費活動~10月は東京都消費者月間です くらしフェスタ東京2017
見て、聞いて、話そう!交流フェスタ メインシンポジウム 講演会とミニコンサート 地域会場 東京の農業応援企画 グループ企画 エコプログラム 記念シンポジウム 40周年特別企画 協賛事業
トップページ>【協賛事業】
【協賛事業】

協賛事業スケジュール

協賛事業名の前の番号は、申請順に振られています。
終了した事業はこちらをご覧ください。
協賛事業は、Facebookでもお知らせしていますので、フォローをおねがいします。

No6
消費者大学講座(新宿区委託講座6回シリーズ)
日 時
2017年9月1日(金) 13:30~15:30
場 所
新宿消費生活センター分館会議室
主 催
新宿区、新宿区消費者団体連絡会
内 容
地域における消費者教育の担い手となる人材育成を目的とし、「栄養と健康」をテーマに快適な暮らしに役立つ講座を6回シリーズで開催します。
第6回「消費者トラブル」講師:消費生活相談員/修了者と大学OB会、主催者の懇談会
※5回以上参加の方に区長から修了証を授与
参加費
無料
問い合せ先
新宿区立消費生活センター
TEL:03-5273-3834
No67
東京都との協働による学習会
・河川から海へ流れ込むごみ
・河川にもMPマイクロプラスチック
・東京湾の海ごみになっている
日 時
2017年9月4日(月) 10:00~12:00
場 所
東京都消費生活総合センター17階教室C
主 催
東京都地域消費者団体連絡会
内 容
海を汚すごみは、私たちの様々な経済活動や消費生活に関連しています。海ごみになる前に取り除く方法はあるのか。河川の汚染の現状を知って、私たちにできることを、具体的に考えてみましょう。「河川水中のマイクロプラスチック汚染の現状」をテーマにした学習会です。
講 師
二瓶泰雄氏(東京理科大学工学部土木工学科 教授)
募集人数
30名
申込方法
メール、電話
参加費
無料(先着順)
問い合せ先
東京都地域消費者団体連絡会 
TEL:090-9970-0291(奥田)
e-mail:totisyoren@castle.ocn.ne.jp
No55
消費者から見た情報展2017
「誰もがしていること~その先が見えますか~」
日 時
2017年9月7日(木) 10:00~16:30
2017年9月8日(金) 10:00~16:00
場 所
東京都消費生活総合センター17階 教室Ⅰ、Ⅱ
主 催
東京都地域消費者団体連絡会
内 容
パネル展示と「海を汚すマイクロプラスチック」についての講演会、レジ袋辞退調査をもとにした意見交換会開催
パネル展示 ・食肉の「抗生物質」
・福祉と介護「地域に移る介護保険は?」
・レジ袋辞退調査
・海を汚すマイクロプラスチック
・風呂敷で遊ぼう!!
参加費
無料
問い合せ先
東京都地域消費者団体連絡会 
TEL:090-9970-0291(奥田)
e-mail:totisyoren@castle.ocn.ne.jp
No56
消費者から見た情報展2017
「誰もがしていること~その先が見えますか~」
講演会「海を汚すマイクロプラスチック」
日 時
2017年9月7日(木) 13:30~15:30
場 所
東京都消費生活総合センター17階 教室Ⅰ、Ⅱ
主 催
東京都地域消費者団体連絡会
内 容
「海を汚すマイクロプラスチック」の講演会
講 師
高田秀重氏(東京農工大学 農学部 教授)
参加費
無料
募集人数
30名
申込方法
メール、電話
問い合せ先
東京都地域消費者団体連絡会 
TEL:090-9970-0291(奥田)
e-mail:totisyoren@castle.ocn.ne.jp
No61
NPO法人ら・し・さ主催 終活アドバイザー協会講演会
地域を支えるしくみ「地域包括ケアシステムを知ろう」
~超高齢社会の医療・介護はこうなる~
日 時
2017年9月7日(木) 14:00~16:30
場 所
東京ウィメンズプラザ ホール(地下1階)
主 催
NPO法人ら・し・さ(終活アドバイザー協会)
内 容
NPO法人ら・し・さは、12年間の活動で培った知識と経験、ノウハウを多くの方に広めるため、2016年に「終活アドバイザー協会」を発足させ、終活アドバイザーの資格認定と育成を行っています。協会発足1年を記念した、講演会とイベント報告、参加者の交流会を開催します。
講 師
前一樹氏(一般社団法人 地域包括ケア支援事業連合会・事務局長)
参加費
講演会:1000円(ただし交流会参加者は無料)/正会員終活アドバイザー会員無料
交流会:5000円 un cafe(アンカフェ)にて(17:00から)
申込締切
交流会:8月31日(木)
問い合せ先
NPO 法人ら・し・さ
TEL:03-5201-3793(平日9時~17時)
FAX:03-5201-3712
e-mail : kanri@ra-shi-sa.jp
No39
川崎エコ暮らし未来館とキリンビール横浜工場見学会
日 時
2017年9月14日(木) 8:40集合(立川駅南口JA東京前) 8:50出発
16:30帰着予定(立川駅南口JA東京前)
主 催
多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク
内 容
川崎エコ暮らし未来館で、地球温暖化、太陽光発電などの再生可能エネルギーや資源循環について、見て聞いて触って、楽しく学びます。またキリンビール横浜工場で、昼食、工場内を見学します。(エコ暮らし未来館は、雨天時・荒天時は見学場所が変わることがあります。歩きやすい服装と靴でおいでください。)
行 程
8:40 立川駅南口JA東京前 集合
10:10 川崎エコ暮らし未来館 到着、見学
12:40 キリン横浜ビール工場 到着、昼食、見学
15:10 出発
16:30 立川駅南口JA東京前 帰着予定
申込締切
9月6日(水)
申込方法
FAXまたはメール
参加費
2,400円(バス代の一部、保険料、昼食代1,380円含む)
問い合せ先
多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク
TEL:090-8720-0181(五十嵐)
FAX:042-534-0685
e-mail:chiko1756@hotmail.com
No43
借地問題セミナー
「借地(契約満了と更新)について」
「借地の住まいの(修繕・増改築)について」
日 時
2017年9月24日(日) 13:30~15:30
場 所
東京都生協連会館 3階会議室
主 催
生活協同組合・消費者住宅センター
内 容
借地問題について、多くの方が地主との借地契約上心配している「契約満了と更新」と、借地の住まいの「修繕・増改築」です。
講 師
「借地(契約満了と更新)について」
東京多摩借地借家人組合 事務局長 細谷紫朗氏
「借地の住まいの(修繕・増改築)について」
アルタイル法律事務所 弁護士 宮地理子氏
募集人数
40名(定員になり次第締切)
申込締切
9月16日(土)
申込方法
電話、FAX
参加費
無料
問い合せ先
生活協同組合・消費者住宅センター
TEL:0120-670-620 FAX:03-5340-0621
No41
東京都多摩消費生活センターの啓発講座(食育講座9月)
トライ!時短簡単!災害食 ~トイレの備えも忘れずに~
日 時
2017年9月27日(水) 10:00~12:30
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
避難所での食事と家庭での食事の違いを学びます。火を使わずあっという間にできあがる調理は、普段の食卓にも取り入れられます。携帯トイレのお話もあります。
講 師
今泉マユ子氏(管理栄養士、防災士、災害食専門員)
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、手拭きタオル
申込締切
平成29年9月1日(金) 消印有効
申込方法
往復はがき
参加費
無料
※保育あり(6か月以上の未就学の乳幼児)
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No42
東京都多摩消費生活センターの啓発講座(食育講座9月)
トライ!時短簡単!災害食 ~トイレの備えも忘れずに~
日 時
2017年9月28日(木) 10:00~12:30
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
避難所での食事と家庭での食事の違いを学びます。火を使わずあっという間にできあがる調理は、普段の食卓にも取り入れられます。携帯トイレのお話もあります。
講 師
今泉マユ子氏(管理栄養士、防災士、災害食専門員)
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、手拭きタオル
申込締切
平成29年9月1日(金) 消印有効
申込方法
往復はがき
参加費
無料
※保育あり(6か月以上の未就学の乳幼児)
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No69
平成29年度 食の安全都民フォーラム
~もっと知りたい。災害時の食と衛生~
日 時
2017年9月29日(金) 13:30~16:30
場 所
都庁 都議会議事堂1階 都民ホール
主 催
東京都健康安全研究センター
内 容
東京都では、都民、事業者及び行政担当者が、食の安全に関する情報を共有し、考える場として、毎年、「食の安全都民フォーラム」を開催しています。今回は、災害時の食や衛生の実態について知り、今、何ができるかを考えていただくことを目的に、基調講演とパネルディスカッションを行います。
講 師
第1部 基調講演
①「災害時の食の実態~何がどのくらいあったの?なかったの?~」
講師:辛嶋友香里氏(一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター)
②「避難所における衛生実態と対策~過去の例から~」
講師:遠藤史郎氏(国際医療福祉大学 塩谷病院 教授)

第2部 パネルディスカッション
コーディネーター:
森田満樹氏(消費生活コンサルタント)
パネリスト:
遠藤史郎氏(国際医療福祉大学 塩谷病院 教授)
辛嶋友香里氏(一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター)
国崎信江氏(株式会社危機管理教育研究所 代表)
申込締切
平成29年9月15日(金) 当日消印有効
申込方法
往復はがき
記入事項
①催し名「食の安全都民フォーラム」②住所③氏名④年齢⑤職業⑥電話番号⑦災害時の食や衛生に関する質問(100文字以内)⑧当日、車いすでの参加を希望される方、介助者がいらっしゃる方、手話通訳の支援が必要な方はその旨、保育を希望される方はその旨及び保育を希望する子供の年齢と人数を記入してください。
参加費
無料
募集人数
200名(応募者多数の場合抽選)
※参加の可否については、9月22日までにお知らせします。
問い合せ先
東京都健康安全研究センター食品医薬品情報担当
TEL:03-3363-3472(平日9時から17時まで)
〒169-0073 新宿区百人町3-24-1
No44
多摩消費生活センター"知ってトクする暮らしの連続講座"
~老後を生き抜くための知恵~
「時代が変わる。社会が変わる。~私らしく生きるために、
エンディングノート!~」
日 時
2017年10月4日(水) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
今、なぜ終活が注目されるのでしょうか。社会が変わり、選択肢が増えるばかりで何を考えたらいいか難しい時代。私らしく生きるために、エンディングノートを使ってこれからのことを考えてみましょう。
講 師
石崎公子氏(終活カウンセラー/セカンドライフアドバイザー)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No45
多摩消費生活センター"知ってトクする暮らしの連続講座"
~老後を生き抜くための知恵~
「高齢期にかけての食生活と健康~食事と健康食品、サプリメント
の関係~」
日 時
2017年10月10日(火) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
食事は健康の基本です!高齢期の食事の望ましい摂り方について学びます。最近、トクホや機能性表示食品の話題が多いですね。あれも足りない、これも摂らなきゃと不安になっていませんか?高齢期の食事の基本的なポイントと、健康食品やサプリメントの効果的な摂り方について考えます。
講 師
篠田粧子氏(首都大学東京大学院、人間健康科学研究科教授)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No46
多摩消費生活センター"知ってトクする暮らしの連続講座"
~老後を生き抜くための知恵~
悪質商法、最近の手口 ~"ダマされない!"と思っているあなたこそ、危ない!!~ 出前寄席 出前講座
日 時
2017年10月17日(火) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
依然として多い高齢者の消費者被害。悪質事業者は消費者の不安や心のスキを巧妙に狙っています。出前講座と出前寄席(落語)で悪質商法の事例を楽しく♪学習し、被害を未然に防止しましょう!
講 師
立川がじら氏(落語家)、鈴木伸子氏(東京都消費者啓発員)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No47
多摩消費生活センター"知ってトクする暮らしの連続講座"
~老後を生き抜くための知恵~
「シニアのための生活設計①≪攻める≫~シニアのセカンド
キャリア~簡単なグループワークがあります」
日 時
2017年10月23日(月) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
貯蓄や資産が老後の備えとして足りないと考える高齢者の割合が57%で、就労を希望する高齢者の割合が72%となっている中(平成28年度高齢社会白書より)、自分らしくシニアライフを過ごすために、どんな働き方や暮らし方があるのかをを考えてみます。
講 師
神谷敏康氏((人材コンサルティング事業)株式会社ディアロゴス代表取締役)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No68
29年度 地球に根ざした食と農の講座1
世田谷の放し飼いの鶏を見学しよう!
~東京の環境にやさしい循環型畜産~
日 時
2017年10月23日(月) 10:00~12:00(小雨決行)
主 催
NPO法人フード・風土
内 容
住宅が密集する世田谷。その一角に放し飼いの鶏が飼われています。なんとその数500羽!もともとは造園屋さんで、出たおがくずが敷き詰められた土地で鶏を飼い、ふわふわのおがくずをたい肥に利用して野菜を作るという、自然循環型の畜産を実践されている世田谷の吉実園を見学します。養鶏ビジネスについてのレクチャーもあります。お持ち帰り用の卵付きです。
場所・工程
10:00~11:00 座学「養鶏ビジネスの今」
        講師:早川治氏(フード・風土理事長、元日本大学教授)
        場所:烏山区民センター 第2会議室
11:15~12:00 吉実園見学(園主:吉岡栄氏)
申込期間
平成29年10月14日(土)
申込方法
電話、FAX、メール
参加費
1000円
募集人数
30名(先着順)
問い合せ先
NPO法人フード・風土
TEL・FAX:03-3308-4499(岩田)
e-mail:fwkz6264@mb.infoweb.ne.jp
No60
くらしフェスタADACHI
「知るって安心・知るって楽しい」
日 時
2017年10月28日(土)、29(日) 10:00~15:00
場 所
足立区梅田地域学習センター(エルソフィア)
主 催
足立区、足立区消費者友の会
内 容
4つのゾーン:「発見しようくらしのヒント」ゾーン、「イラナイモノをイルモノに」ゾーン、「くらしのヒント体験」ゾーン、「くらしの相談」ゾーン
消費者講座:「スキンケア~年代別メイク実習」、料理教室、フリーマーケット、クイズラリー、お菓子と交換できる子供向けクイズラリー
参加費
無料
問い合せ先
足立区消費者センター
足立区梅田7-33-1エルソフィア内
TEL:03-3880-5385
No48
多摩消費生活センター"知ってトクする暮らしの連続講座"
~老後を生き抜くための知恵~
「シニアのための生活設計②≪守る≫~社会保険・年金と税制度
の話~」
日 時
2017年10月30日(月) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
老後の預貯金や年金は大切な"虎の子"です。相続税や贈与税などの税制度、社会保険や年金のしくみを知っておくのとおかないのでは、節約という点で大違いです。自分のため、家族のために1円でも多くお金を増やしましょう!
講 師
井戸美枝氏(ファイナンシャル・プランナー/社会保険労務士)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No49
多摩消費生活センター"知ってトクする暮らしの連続講座"
~老後を生き抜くための知恵~
「生前整理でスッキリ生きる!~プロから学ぶやさしい生前整理術~」
日 時
2017年11月8日(水) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
ついため込んでしまう本・写真・物など、いざ整理しようと思ってもなかなか出来ないもの。家族のため、自分がこれからより良くスッキリした人生を前向きに生きていくために、プロから生前整理術を学んでみませんか。
講 師
徳山弘美氏(一般社団法人 生前整理普及協会 生前整理アドバイザー 認定指導員)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No50
多摩消費生活センター"知ってトクする暮らしの連続講座"
~老後を生き抜くための知恵~
「遺言書はこう書こう!~わかりやすい遺言書のポイントと書き方~」
日 時
2017年11月15日(水) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
遺言書はエンディングノートとは違います。作成者の思いが綴られていたとしても、有効なものでなければ意味がありません。有効な遺言書の書き方のポイントを学び、相続を"争族"にしないためにはどうするべきかを考えます。
講 師
大竹夏夫氏(一般社団法人 老活研究所 理事長 弁護士)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No51
多摩消費生活センター"知ってトクする暮らしの連続講座"
~老後を生き抜くための知恵~
「地域で支える認知症~新オレンジプランと成年後見人制度~」
日 時
2017年11月20日(月) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
認知症の歴史や原因、中核症状、病院受診のタイミング、治療法、予防などについて学びます。あわせて「新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)」と認知症の高齢者を支える地域の取り組み事例を紹介します。
講 師
吉田輝美氏(新潟医療福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 教授)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No52
多摩消費生活センター"知ってトクする暮らしの連続講座"
~老後を生き抜くための知恵~
「どうする?介護・入院 どうなる?おひとりさまの終の住みか」
日 時
2017年11月30日(木) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
介護や入院の費用、サポート制度、相談窓口について学び、介護が必要になった時、自宅と施設のどちらを選んだらよいかを考えます。更に自分がおひとりさまになった時、終の住みかをどのように決めたらよいのか事例を通じて学びます。
講 師
中澤まゆみ氏(ノンフィクションライター)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No53
多摩消費生活センター"知ってトクする暮らしの連続講座"
~老後を生き抜くための知恵~
「葬儀とお墓~安心して旅立つために~」
日 時
2017年12月5日(火) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
高齢社会の現在は、死を迎える社会環境が大きく変化しており、葬儀とお墓の考え方も多様化しています。こうした中で、自分らしい最期を迎えるための様々な選択肢について学びます。最近報道で取り上げられている「死後離婚」についても考えます。
講 師
小谷みどり氏(第一生命経済研究所 ライフデザイン研究本部 主席研究員)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No54
第38回新宿区くらしを守る消費生活展
日 時
2018年1月19日(金) 11:00~17:00
2018年1月20日(土) 10:00~16:00
場 所
新宿駅西口広場イベントコーナー(新宿駅西口地下1階)
主 催
新宿区・新宿区消費生活展実行委員会
内 容
「エシカル消費」をテーマに、消費者団体や協賛団体によるパネル展示、消費生活相談コーナー、クイズラリーを行います。また、生鮮野菜や果物の販売、コンサートなどもあります。
参加費
入場無料
問い合せ先
新宿区立新宿消費生活センター
TEL:03-5273-3834
FAX:03-5273-3110


協賛事業とは?

 東京都の消費者団体、事業者、行政の行う消費者啓発事業を広く都民に知っていただくとともに、東京都消費者月間事業「くらしフェスタ東京」への関心を深めてもらうことを目標に行う事業です。

 各地域や団体、事業者、行政が創意をこらして実施する自主企画事業が対象になります。 協賛事業が確定すると、実行員会参加団体に周知するとともにこのサイトでも協賛事業スケジュールに掲載し、ロゴ付チラシの配布などで広く都民にPRいたします。

 また実績報告として、東京都消費者月間報告にも掲載します。

応募から事業開催まで

  • 応募したい協賛事業の内容を事務局までお知らせください。
  • 協賛事業として決定後、事務局より、ロゴマークを送信しますので、チラシ等にご利用ください。
  • 当日掲示できる「くらしフェスタ東京」のノボリの貸出や、「くらしフェスタ東京」のご案内チラシ(A3三つ折)の提供も可能です。

事業終了時

 事業の参加人数を事務局までお知らせください。

年度終了後

 当該年度の東京都消費者月間報告書(協賛事業の項に掲載)を送付いたします。

協賛事業実施要綱 PDF

くらしフェスタ東京ロゴマークの取り扱いについて PDF

終了した協賛事業

PAGETOP