もっと広げようコミュニケーションの輪~未来を拓く消費活動~10月は東京都消費者月間です くらしフェスタ東京2017
見て、聞いて、話そう!交流フェスタ メインシンポジウム 講演会とミニコンサート 地域会場 東京の農業応援企画 グループ企画 エコプログラム 記念シンポジウム 40周年特別企画 協賛事業
トップページ→【協賛事業】→すでに終了した協賛事業
【協賛事業】消費生活展、講演会、交流会など地域での自主企画

すでに終了した協賛事業

※協賛事業名の前の番号は、申請順に振られています。
※すでに終了した協賛事業の一覧です。
※これからのものはこちらをご覧ください。
No106
「おくすり講座」第2弾!
薬と健康食品との賢い付き合い方
日 時
2018年3月6日(火) 14:00~16:00
場 所
東京都健康安全研究センター 本館6階
主 催
東京都健康安全研究センター食品医薬品情報担当
テーマ
「薬と健康食品との賢い付き合い方」
内 容
食品と薬との違い、健康食品とは何か、健康食品を利用する際の注意点等について解説します。
講 師
千葉一敏氏(薬剤師・サプリメントアドバイザー)
申込締切
平成30年2月20日(火)*当日消印有効
応募資格
都内在住・在勤・在学で、18歳以上の方。50名。
*応募者多数の場合は抽選
申込方法
往復はがき、または電子申請
*参加の可否は、2/27(火)までにお知らせします。
記入事項
①「おくすり講座第2弾」参加希望②氏名(ふりがな)③住所④年齢
⑤職業⑥電話番号⑦車いすでの参加を希望される方、
介助者がいらっしゃる方、手話通訳の支援を希望される方、
保育を希望される方はその旨を記入してください。
参加費
無料
問い合せ先
東京都健康安全研究センター食品医薬品情報担当
TEL:03-3363-3472(平日9:00~17:00)
http://www.tokyo-eiken.go.jp/kj_shoku/forum/
〒169-0073 新宿区百人町3-24-1
No101
平成29年度東京都と東京都生協連との
協働事業in江東区 高齢者の消費者被害を防ぐために
笑って!学んで!被害ナシ!!~江東区民はだまされないゾ!~
日 時
2018年3月3日(土) 13:30~15:50
場 所
パルシティ江東レクホール
主 催
江東区実行委員会、東京都、東京都生活協同組合連合会
共 催
江東区
内 容
落語や、東京湾岸警察署員さんのおはなし、江東区消費者センター消費者相談員さんのおはなしやクイズで、高齢者の消費者被害を防ぐコツを学びます。「KOTO活き粋(こうとういきいき)体操」もあります。
出 演
立川 平林さん(落語家)
演 目
「引っかかったわね~」「虎の子の年金は渡せない」
定 員
150名
参加費
無料
問い合せ先
東京都生協連(遠山、花本)
TEL:03-3383-7800
FAX:03-3383-7840
E-mail:toyama@coop-toren.or.jp
No102
毎年恒例! 出前寄席新作発表会
神楽河岸寄席
日 時
2018年3月1日(木) 13:30~16:00
場 所
東京都消費生活総合センター17階教室Ⅰ、Ⅱ
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
講 演
「ちょっと待て!その手口、出前寄席でやっていた」 瀬戸和宏氏(弁護士)
演 目
「詐欺は涙か ため息か」「水を買って煮え湯を飲まされた」「仮想通貨ビビットコインでひと儲け?!」「教えます!お手軽?簡単?美容医療!」「守れ!僕らのクレジットカード」
申込締切
平成30年2月19日(月)
*募集人数を超える応募があった場合は、抽選
*参加の可否は、2月23日(金)までに、申込者全員に郵送
申込方法
HP、電話、FAX
対 象
都内在住・在勤・在学の方
参加費
無料 定員150名
問い合せ先
東京都消費生活総合センター活動推進課協働連携事業担当
TEL:03-3235-4167
FAX:03-3235-1229
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/
manabitai/koza/center/koza180301.html
No99
東京都多摩消費生活センターの啓発講座
(食育講座・2月、3月)
“食”で行事を楽しもう!~春の和菓子でひな祭り~
日 時
2018年3月1日(木) 13:30~15:50
場 所
東京都多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
新春の行事といえば“ひな祭り”です。“ひな祭り”パーティーの和菓子達は、華やかでしかも老若男女誰もが好む優しい味です。この機会に、地元の野菜やフルーツを使った“和菓子づくり”に挑戦して、春の訪れを楽しんでみませんか?
講 師
福岡ひとみ氏(コンシューマー技術教育研究会)
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選) 保育あり(6か月以上の未就学児)
申込締切
平成30年2月10日(土)消印有効
申込方法
往復はがき
参加費
無料
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL 042-522-5119
〒190-0023
東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No111
立川市消費生活講座 未来へつなぐ
~いつまでも続いていける人と環境に優しい農と暮しを目指して~
日 時
2018年2月28日(金) 13:30~15:00
場 所
立川市女性総合センター アイム5階第3学習室
主 催
立川市消費者団体連絡会、立川市消費生活センター係
内 容
原子力災害により一気に加速した農業・農村の衰退という危機的状況を突破するため、「楽しく」かつ「真面目に」様々な取り組みをしている元役人夫婦のお話。
お 話
関 元弘氏(ふくしま農家の夢ワイン(株)・ななくさ農園経営)
定 員
50名 先着順
参加費
無料 試食あり 保育あり(1歳以上未就学児)
問い合せ先
立川市消費生活センター係 TEL:042-528-6801
No98
東京都多摩消費生活センターの啓発講座
(食育講座・2月、3月)
“食”で行事を楽しもう!~春の和菓子でひな祭り~
日 時
2018年2月28日(水) 13:30~16:00
場 所
東京都多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
新春の行事といえば“ひな祭り”です。“ひな祭り”パーティーの和菓子達は、華やかでしかも老若男女誰もが好む優しい味です。この機会に、地元の野菜やフルーツを使った“和菓子づくり”に挑戦して、春の訪れを楽しんでみませんか?
講 師
福岡ひとみ氏(コンシューマー技術教育研究会)
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選) 保育あり(6か月以上の未就学児)
申込締切
平成30年2月10日(土)消印有効
申込方法
往復はがき
参加費
無料
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL 042-522-5119
〒190-0023
東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No110
新宿区委託事業「消費者講座」
スーパー・コンビニの「買ってはいけない」「買ってもいい」食品
日 時
2018年2月21日(水) 13:30~15:30
場 所
新宿消費生活センター分館会議室
主 催
新宿区消費者団体連絡会
講 師
渡辺雄二氏(フリージャーナリスト)
申込締切
平成30年2月13日(火)必着*申込多数の場合は抽選
申込方法
往復はがき(住所、氏名、電話番号、FAX番号を明記)
参加費
無料
問い合せ先
新宿消費生活センター
TEL:03-5273-3834
〒169-0075 新宿区高田馬場1-32-10
新宿消費生活センター分館内 新宿区消費者団体連絡会
No97
東京都消費生活総合センター 消費生活講座
あなたにきっと役立つ知識
日 時
2018年2月21日(水) 14:00~16:00
場 所
東京都消費生活総合センター17階教室Ⅰ、Ⅱ
主 催
東京都消費生活総合センター
テーマ
「“想定外”にしない子供の事故 幼児から10代までの事故予防」
内 容
TVでおなじみの先生や、各分野で話題のスペシャリストの方々が秘伝を伝授。いくつでも参加OK。同じような思いを持つ方たちと話題を共有でき、新しい知識を得ることができれば、今日からくらしに活かせます。
リモコンが落ちた衝撃で蓋が開きボタン電池がはずれて飲み込むという事例、一緒にお風呂に入っていても溺れたり、10代では野球やサッカーをはじめ、体育でも事故が起きています。子供の事故予防について世界的ネットワークを持つ山中先生のお話は、事例やデータに基づいています。
講 師
山中龍宏氏(SafeKidsJapan理事長、小児科医)
定 員
100人
申込締切
平成30年1月22日(月) 消印、受信有効
*受講の可否については2月5日(月)までに申込者全員に通知します。
申込方法
FAX、ハガキ、電子申請
参加費
無料(都内在住・在勤・在学の方)
問い合せ先
東京都消費生活総合センター活動推進課
学習推進担当 TEL:03-3235-1157
       FAX:03-3268-1505
〒162-0823 新宿区神楽河岸1-1セントラルプラザ16階
No103
終活講座
エンディングノート書き方セミナー&グループワーク
日 時
2018年2月20日(火) 13:00~15:00
場 所
東京都消費生活総合センター 17階学習室C
主 催
東都生協
内 容
ワイワイ・ガヤガヤ楽しくワークを行いながらエンディングノートを書いてみましょう。
講 師
金田和子氏(ライフプランアドバイザー、FP技能士1級)
持ち物
鉛筆orシャープペン・消しゴム
募集人数
15名(先着順)
参加費
組合員100円 非組合員200円
問い合せ先
東都生協 共同購入事業部 共済グループ
TEL:03-5384-7861
FAX:03-5384-1641(10:00~16:00 祭日可、土日休み)
e-mail:kyousai@tohto.coop
No96
東京都消費生活総合センター 消費生活講座
あなたにきっと役立つ知識
日 時
2018年2月19日(月) 14:00~16:00
場 所
東京都消費生活総合センター17階教室Ⅰ、Ⅱ
主 催
東京都消費生活総合センター
テーマ
「ニセ電話にだまされる訳 人の心は理屈に勝る!?」
内 容
TVでおなじみの先生や、各分野で話題のスペシャリストの方々が秘伝を伝授。いくつでも参加OK。同じような思いを持つ方たちと話題を共有でき、新しい知識を得ることができれば、今日からくらしに活かせます。
なぜ、電話でだまされるのか?その訳を知りたいと思いませんか?若い人もニセ電話にだまされる、という研究をされた西田教授の講演会です。だまされないためには「気を付ける!」だけでなく、どうすれば良いのかを一緒に学びませんか?
講 師
西田公昭氏(立正大学心理学部教授、社会心理学博士)
定 員
100人
申込締切
平成30年1月22日(月) 消印、受信有効
*受講の可否については2月5日(月)までに申込者全員に通知します。
申込方法
FAX、ハガキ、電子申請
参加費
無料(都内在住・在勤・在学の方)
問い合せ先
東京都消費生活総合センター活動推進課
学習推進担当 TEL:03-3235-1157
       FAX:03-3268-1505
〒162-0823 新宿区神楽河岸1-1セントラルプラザ16階
No94
今日の安全 明日の安心
~自分で選ぶ力を持とう~ 第16回くらしフェスタ立川
日 時
2018年2月18日(日) 10:00~11:00
場 所
立川市女性総合センター アイム5階第2学習室
主 催
立川市・第16回くらしフェスタ立川実行委員会
テーマ
学習会「トラベルトラブル~押さえておきたい旅の手配~」
内 容
パッケージツアーの選び方とポイント、海外旅行保険のポイント、お金の持っていき方について学習します。
講 師
東理想氏(ファイナンシャルプランナー)
定 員
30人 手話通訳あり
参加費
無料
問い合せ先
立川市消費生活センター係
TEL:042-528-6801
No93
今日の安全 明日の安心
~自分で選ぶ力を持とう~ 第16回くらしフェスタ立川
日 時
2018年2月18日(日) 13:30~15:00
場 所
立川市女性総合センター アイム5階第2学習室
主 催
立川市・第16回くらしフェスタ立川実行委員会
テーマ
学習会「くらしの中でできる省エネ~あなたのちょっとした試みが~」
内 容
地球温暖化防止につながる賢い暮らし方を考えます。
講 師
一條美智子氏(NPO環境カウンセラー全国連合会常任理事、ESD環境教育長)
定 員
30人 手話通訳あり
参加費
無料
問い合せ先
立川市消費生活センター係
TEL:042-528-6801
No92
今日の安全 明日の安心
~自分で選ぶ力を持とう~ 第16回くらしフェスタ立川
日 時
2018年2月17日(土) 13:30~15:00
場 所
立川市女性総合センター アイムホール
主 催
立川市・第16回くらしフェスタ立川実行委員会
テーマ
メイン講演会「メディアリテラシー~ネット社会をどう生き抜くか~」
内 容
テレビや新聞、ネットニュースやSNSをそのまま受けとめますか?情報を見分ける確かな目をもつために、津田大介さんがお話しします。
講 師
津田大介氏(ジャーナリスト、メディア・アクティビスト)
定 員
180人 手話通訳、保育(1歳以上の未就学児)あり*要予約
参加費
無料
問い合せ先
立川市消費生活センター係
TEL:042-528-6801 申込受付開始1/25(木)8:30より
No91
今日の安全 明日の安心~自分で選ぶ力を持とう~
第16回くらしフェスタ立川
日 時
2018年2月17日(土)、18日(日) 10:00~16:00
場 所
立川市女性総合センター アイム
主 催
立川市・第16回くらしフェスタ立川実行委員会
内 容
講演会「メディアリテラシー~ネット社会をどう生き抜くか~」、コンサート「きらめくトランペットの響き~ピアノと共にクラシック、映画音楽をあなたに~」、学習会、防災食の配布・試食、ステンシルでカード作り、健康チェック、ストレッチほか
参加費
無料
問い合せ先
立川市消費生活センター係
TEL:042-528-6801
No108
東京地婦連第2回ブロック会議2017の
ご案内 「在宅介護・在宅医療のつながりについて」
~元気なうちに知ろう、考えよう~
日 時
2018年2月16日(金) 13:00~15:30
場 所
(一財)全国婦人会館2階会議室
主 催
特定非営利活動法人東京都地域婦人団体連盟、
一般財団法人全国婦人会館
内 容
東京地婦連では「世代を超えて地域の力」のテーマを掲げながら、消費者問題、高齢者問題、男女共同参画、平和、環境などさまざまな課題をテーマにブロック会議を開催しています。今回は、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らすために「在宅介護・医療」に焦点を当て、病院と東京都から講師をお迎えして学習しながら皆様と一緒に考えてみたいと思います。
テーマ・講師
「在宅介護・在宅医療のつながり」
秋谷滋氏(社会福祉法人 仁生社、江戸川病院高砂分院事務長)
「東京都医師会の在宅医療の現状・看取り」
久村信昌氏(東京都福祉保健局医療政策部 地域医療担当課長)
申込締切
平成30年2月6日(火)
申込方法
FAX
参加費
無料
問い合せ先
特定非営利活動法人東京都地域婦人団体連盟
TEL:03-3407-2370
FAX:03-3400-5131
E-mail:t-chifrn@ceres.ocn.ne.jp
No95
東京都消費生活総合センター 消費生活講座
あなたにきっと役立つ知識
日 時
2018年2月16日(金) 19:00~21:00
場 所
東京都消費生活総合センター17階教室Ⅰ、Ⅱ
主 催
東京都消費生活総合センター
テーマ
「フェアトレードを知る エシカル消費を学ぶ」
内 容
TVでおなじみの先生や、各分野で話題のスペシャリストの方々が秘伝を伝授。いくつでも参加OK。同じような思いを持つ方たちと話題を共有でき、新しい知識を得ることができれば、今日からくらしに活かせます。フェアトレード商品は価格が高いと感じたり、エシカル消費ってどんなことだろう、と疑問を持っている方におすすめの体験型ワークショップと講演です。
講 師
NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパン
定 員
60人
申込締切
平成30年1月22日(月) 消印、受信有効
*受講の可否については2月5日(月)までに申込者全員に通知します。
申込方法
FAX、ハガキ、電子申請
参加費
無料(都内在住・在勤・在学の方)
問い合せ先
東京都消費生活総合センター活動推進課
学習推進担当 TEL:03-3235-1157
       FAX:03-3268-1505
〒162-0823 新宿区神楽河岸1-1セントラルプラザ16階
No100
平成29年度東京都と東京都生協連との
協働事業in昭島市 高齢者の消費者被害を防ぐために
笑える話!笑えない話!
日 時
2018年2月15日(木) 13:30~15:40 (13:00開場)
場 所
昭島市役所 市民ホール
主 催
昭島市実行委員会、東京都生活協同組合連合会、東京都
共 催
昭島市
内 容
落語や、昭島市消費生活相談員の方たちのミニ劇場やクイズなどで、高齢者の消費者被害を防ぐコツを学びます。結成35年のお母さんコーラスグループ「コールつつじが丘」のコーラスもあります。
出 演
立川 平林さん(落語家)
演 目
「引っかかったわね~」「虎の子の年金は渡せない」
定 員
120名
参加費
無料
問い合せ先
東京都生協連(遠山、花本)
TEL:03-3383-7800
FAX:03-3383-7840
E-mail:toyama@coop-toren.or.jp
No70
第51回八王子市消費生活フェスティバル
「つなげよう!あなたの消費が未来を変える」
日 時
2018年2月3日(土) 10:00~16:00
場 所
クリエイトホール5階、9階
主 催
八王子市消費生活センター、八王子市消費生活啓発推進委員会、八王子市消費者団体連絡会
内 容
消費生活に関すること(食・環境・暮らし・安全安心・消費者被害対策等)で、およそ20の市民、関連市民団体、関連行政機関が、体験コーナー、相談コーナー、パネル展示などを通して、役に立つ経験や知恵を得る機会を提供します。
参加費
無料
問い合せ先
八王子市消費生活センター
TEL:042-631-5456
FAX:042-643-0025
No89
1月のらしさサロン
認知症予防のアロマケア&セルフヘッドトリートメント
日 時
2018年1月30日(火) 14:00~16:00
場 所
飯田橋セントラルプラザ10階 東京ボランティア・市民活動センター会議室A
主 催
NPO法人ら・し・さ
内 容
誰もが気になる認知症。2020年には65歳以上の5人に1人が罹患するといわれています。また、認知症は発症までに約20年かかるといわれています。今まさに、私たち一人一人が「予防」の重要性を見直す時期でもあります。香りは五感の中で、脳に直接働きかける唯一のものです。脳と香りの関係は?認知症予防に役立つアロマは?認知症予防のセルフヘッドトリートメントをご紹介いたします。
講 師
堀綾子氏(Ayairy Aroma主宰 日本アロマコーディネーター協会認定トップインストラクター、アロマフレグランス調律協会理事、アロマフレグランスデザイナー、スペースアロマフレグランスデザイナー、体内環境師®)
定 員
30名
申込締切
平成30年1月26日(金)
参加費
2000円(会員:1000円)お菓子付
問い合せ先
NPO 法人ら・し・さ
TEL:03-5201-3793(平日9時~17時)
FAX:03-5201-3712
mail : kanri@ra-shi-sa.jp
No54
第38回新宿区くらしを守る消費生活展
日 時
2018年1月19日(金) 11:00~17:00
2018年1月20日(土) 10:00~16:00
場 所
新宿駅西口広場イベントコーナー(新宿駅西口地下1階)
主 催
新宿区・新宿区消費生活展実行委員会
内 容
「エシカル消費」をテーマに、消費者団体や協賛団体によるパネル展示、消費生活相談コーナー、クイズラリーを行います。また、生鮮野菜や果物の販売、コンサートなどもあります。
参加費
入場無料
問い合せ先
新宿区立新宿消費生活センター
TEL:03-5273-3834
FAX:03-5273-3110
No85
東京都多摩消費生活センターの
啓発講座(食育講座・1月)
アブラを使わない ヘルシーなパンを焼いてみようPart“2”
~全粒粉を使ってヘルシー・アップ!~
日 時
2018年1月18日(木) 10:00~13:00
場 所
東京都多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
お待たせしました!昨年5月、大好評だった「ヘルシーなパンを焼いてみよう!」シリーズの第2弾です。今回も前回同様、国産の小麦粉にこだわり、アブラも使いません。“全粒粉入りのパン”にも、チャレンジしてみましょう!香ばしさも、ヘルシー度もますますアップ!アナタもきっと・・・焼きたてパンのトリコになります。
講 師
毎川益世氏(シトク・パートナーズシップ/パン教室「エイシ」講師)
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
申込締切
平成29年12月25日(月)消印有効
申込方法
往復はがき
参加費
無料(都内在住、在勤、在学の方)
保育あり(6か月以上、就学前の乳幼児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL 042-522-5119
〒190-0023
東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No84
東京都多摩消費生活センターの
啓発講座(食育講座・1月)
アブラを使わない ヘルシーなパンを焼いてみようPart“2”
~全粒粉を使ってヘルシー・アップ!~
日 時
2018年1月17日(水) 10:00~13:00
場 所
東京都多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
お待たせしました!昨年5月、大好評だった「ヘルシーなパンを焼いてみよう!」シリーズの第2弾です。今回も前回同様、国産の小麦粉にこだわり、アブラも使いません。“全粒粉入りのパン”にも、チャレンジしてみましょう!香ばしさも、ヘルシー度もますますアップ!アナタもきっと・・・焼きたてパンのトリコになります。
講 師
毎川益世氏(シトク・パートナーズシップ/パン教室「エイシ」講師)
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
申込締切
平成29年12月25日(月)消印有効
申込方法
往復はがき
参加費
無料(都内在住、在勤、在学の方)
保育あり(6か月以上、就学前の乳幼児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL 042-522-5119
〒190-0023
東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No79
平成29年度東京都広域食育推進民間活動
支援事業企画 第2講 かあちゃん達のお話と試食交流会
かあちゃんの味で伝えるふくしまの福幸(ふっこう)
~お野菜とお魚の安全・安心~
日 時
2017年12月14日(木) 13:30~16:00
場 所
東京都生協連会館 3階 会議室
主 催
東京都生協連
協 賛
東京消費者団体連絡センター
内 容
東日本大震災と原発事故で、生まれ育ったふるさとの農地や海や加工場は元の姿をなくしてしまいました。家族や仲間もてんでんばらばらで心細くもありました。でも、かあちゃんたちは負けませんでした。かあちゃんはかあちゃんたちのやり方で復興をめざしました。そんなかあちゃんたちのお話を聞いてみませんか?お話のあとはかあちゃんたちの味をみんなで味わいながら、楽しく交流しましょう。
申込締切
平成29年12月6日(水)
参加費
無料
募集人数
100名(先着順、定員になり次第締切)保育なし
問い合せ先
東京都生協連(遠山・飯塚)
TEL:03-3383-7800 (月~金曜日 9:00~17:00)
FAX:03-3383-7840
E-mail:toyama@coop-toren.or.jp
No80
平成29年度
東京都と東京都生活協同組合連合会との協働事業
in台東区 かっぱ橋笑劇場 高齢者の消費者被害を防ぐために
ウマい話はうまくない!!爆笑落語&講座
日 時
2017年12月11日(月) 13:30~15:50
場 所
台東区生涯学習センター
主 催
台東区実行委員会、東京都生協連、東京都
共 催
台東区
内 容
落語家の立川平林さんや、TOKYO消費者行政充実ねっと弁護士、釜井英法さん、台東区の消費生活サポーター、台東区社会福祉協議会のかたがたが、笑いの中にダマされないヒントをたくさんお届けします。
参加費
無料
募集人数
200名(先着順で定員になるまで受け付けます)
問い合せ先
東京都生協連(遠山・花本)
TEL:03-3383-7800 (月~金曜日 9:00~17:00)
FAX:03-3383-7840
E-mail:toyama@coop-toren.or.jp

台東区くらしの相談室(泉・小森)
TEL:03-5246-1144
No59
平成29年度第17回
西東京市消費生活展・関連行事 講演会
枝元なほみ「キッチンの窓を開けて、社会とつながろう」
日 時
2017年12月9日(土) 14:00~16:00
場 所
コール田無
主 催
西東京市
内 容
料理研究家の枝元なほみさんの講演会です。
講 師
枝元なほみ氏(料理研究家)
募集人数
165人(先着順)
申込方法
往復はがき、FAX、Eメール
参加費
無料 保育有(要申込)
問い合せ先
西東京市協働コミュニティ課
TEL:042-438-4046
FAX:042-438-4046
e-mail:kyoudou@city.nishitokyo.lg.jp
〒202-8555 西東京市役所保谷庁舎 協働コミュニティ課
No53
多摩消費生活センター
"知ってトクする暮らしの連続講座"
~老後を生き抜くための知恵~
「葬儀とお墓~安心して旅立つために~」
日 時
2017年12月5日(火) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
高齢社会の現在は、死を迎える社会環境が大きく変化しており、葬儀とお墓の考え方も多様化しています。こうした中で、自分らしい最期を迎えるための様々な選択肢について学びます。最近報道で取り上げられている「死後離婚」についても考えます。
講 師
小谷みどり氏(第一生命経済研究所 ライフデザイン研究本部 主席研究員)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No81
第4回 23区消費者団体活動情報交流会
ざっくばらんに交流しよう!
~居場所づくりと消費者団体の関わり~
日 時
2017年12月1日(金) 13:30~16:00
場 所
東京都消費生活総合センター 16階学習室A
主 催
「23区消費者団体活動情報交流会」実行委員会
内 容
地域の中で幅広い世代に向けた居場所づくりの活動と、活動を行っている団体を支援する仕組みについてお話をお聞きします。地域の消費者活動を、活性化し広げるために、消費者団体としてどのような関わり方ができるか一緒に考えてみましょう。
<活動発表>
①中野「みんなの食堂」『みんなの食堂は子どもやお年寄りにとってどんなところ?』
②東京南部生協『フードドライブの取り組みと居場所づくり』
<ワークショップ>
居場所づくりと消費者団体の関わり
申込締切
平成29年11月27日(月)
申込方法
FAX
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
東京消費者団体連絡センター(小浦、池田)
TEL:03-6304-8661
FAX:03-3383-7840
No75
消費者・事業者・行政による
食品ロス削減シンポジウム
日 時
2017年11月30日(木) 14:00~16:45
場 所
東京ウィメンズプラザホール
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
共 催
東京都、国民生活産業・消費者団体連合会(生団連)、日本生活協同組合連合会
後 援
国際連合食糧農業機関(FAO)
内 容
消費者、事業者、行政がそれぞれの立場から、食品ロスと環境問題をテーマに様々な取組を紹介し、持続可能な社会の実現に向けた消費行動について考えます。
【タイムテーブル】
<第1部>14:00~
基調講演:テーマ「食料ロス及び廃棄の現状とその環境への影響」
講師:ンブリ・チャールズ・ボリコ氏(国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所長)
講演:テーマ「食品ロス削減の推進に向けた東京都の取組」
講師:谷上裕氏(東京都環境局資源循環推進部長)
<第2部>15:15~
事例報告:中川大輔氏(国民生活産業・消費者団体連合会(生団連) 総務部マネジャー)
板谷伸彦氏(日本生活協同組合連合会 環境事業推進部長)
鬼沢良子氏(NPO法人 持続可能な社会をつくる元気ネット 事務局長)
質疑応答
対 象
都内在住・在勤・在学の方
定 員
250名
申込方法
FAX、電話、電子申請
申込締切
11月20日(月) 定員に満たない場合は締切日以降も受け付けます。
参加費
無料
問い合せ先
東京都消費生活総合センター活動推進課 協働連携事業担当
TEL:03-3235-4167
FAX:03-3235-1229
HP:http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/
manabitai/koza/info.html
No52
多摩消費生活センター
"知ってトクする暮らしの連続講座" ~老後を生き抜くための知恵~
「どうする?介護・入院 どうなる?おひとりさまの終の住みか」
日 時
2017年11月30日(木) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
介護や入院の費用、サポート制度、相談窓口について学び、介護が必要になった時、自宅と施設のどちらを選んだらよいかを考えます。更に自分がおひとりさまになった時、終の住みかをどのように決めたらよいのか事例を通じて学びます。
講 師
中澤まゆみ氏(ノンフィクションライター)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No86
平成29年度第3回食の安全都民講座
見て、知って、防ぐ!
寄生虫と食中毒の気になる話(食育講座・11月)
日 時
2017年11月29日(水) 13:30~16:30
場 所
東京都健康安全研究センター 本館6階
主 催
東京都健康安全研究センター
内 容
東京都では、リスクコミュニケーション事業の一環として、少人数でのグループワーク等を通して、都民の皆様と食の安全について考える「食の安全都民講座」を開催しています。今回は、「見て、知って、防ぐ!~寄生虫と食中毒の気になる話~」をテーマに、寄生虫に関する講義、寄生虫の観察、実験を行います。身近な食品にいるかもしれない寄生虫の世界、覗いてみませんか?
●講義:①「人間と寄生虫のムシできない関係」講師 小林正規氏(慶應義塾大学医学部 感染症学教室)
②「身近な魚の寄生虫による食中毒」講師 鈴木淳氏(健康安全研究センター微生物学部)
●観察・実験:顕微鏡を使って、様々な寄生虫を実際に観察します。また、アニサキスを酢などの調味料に漬けるとどうなるか、実験で確認します。
応募資格
都内在住・在勤・在学で、18歳以上の方。40名。
*応募者多数の場合は抽選
申込方法
往復はがき、またはホームページでの電子申請 *参加の可否は、11/22(水)までにお知らせします。
申込締切
平成29年11月15日(水)*当日消印有効
記入事項
①催し名「第3回都民講座」②住所③氏名(ふりがな)④年齢⑤職業⑥電話番号⑦手話通訳を希望される方、車いすでの参加を希望される方、介助者がいらっしゃる方はその旨を記入してください。
参加費
無料
問い合せ先
東京都健康安全研究センター食品医薬品情報担当
TEL:03-3363-3472(平日9:00~17:00)
HP:http://www.tokyo-eiken.go.jp/kj_shoku/
〒169-0073 新宿区百人町3-24-1
No65
東京都多摩消費生活センターの啓発講座
(食育講座・11月) ~食品ロスのこと,もっと知りたい!~
未来につなげよう,モッタイナイ・スピリット
日 時
2017年11月29日(水) 10:00~12:30
場 所
東京都多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
日本全体で出る食品ロスの半量は家庭から出ています。安い!お買い得!につられて買いすぎていませんか?おうちの「食財☆」を探し、いつもと違うお料理に仕上げます。家族の驚く声が聞こえます。できる自分を再発見。そしてそこから食品ロス削減へとつながります。魔法のレシピ、バッチリ教えます♪
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
講 師
行長万里氏(料理研究家)
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
申込方法
往復はがき
申込締切
平成29年11月2日(木)消印有効
参加費
無料 (都内在住、在勤、在学の方)保育あり
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023
東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
No64
東京都多摩消費生活センターの啓発講座
(食育講座・11月) ~食品ロスのこと,もっと知りたい!~
未来につなげよう,モッタイナイ・スピリット
日 時
2017年11月28日(火) 10:00~12:30
場 所
東京都多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
日本全体で出る食品ロスの半量は家庭から出ています。安い!お買い得!につられて買いすぎていませんか?おうちの「食財☆」を探し、いつもと違うお料理に仕上げます。家族の驚く声が聞こえます。できる自分を再発見。そしてそこから食品ロス削減へとつながります。魔法のレシピ、バッチリ教えます♪
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
講 師
行長万里氏(料理研究家)
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
申込方法
往復はがき
申込締切
平成29年11月2日(木)消印有効
参加費
無料 (都内在住、在勤、在学の方)保育あり
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023
東京都立川市柴崎町2-15-19
東京都北多摩北部建設事務所3階
No88
レジ袋辞退調査結果報告&意見交換会
日 時
2017年11月27日(月) 13:30~16:00
場 所
東京都消費生活総合センター16階 教室A
主 催
東京都地域消費者団体連絡会 レジ袋減量ネットワーク
内 容
レジ袋の辞退率は、ほぼ横ばいです。不要のプラスチックは出来る限り使わないのが世界的な傾向です。私たちはレジ袋の先進国になれるでしょうか。
申込方法
電話、e-mail
参加費
無料
問い合せ先
東京都地域消費者団体連絡会
TEL:090-9970-0291(奥田)
e-mail:totisyoren@castle.ocn.ne.jp
No66
消費生活フェア2017
(第45回 北区消費生活展) 私たちのくらしinきたく
日 時
2017年11月26日(日) 10:30~16:00
場 所
北とぴあ 13階 飛鳥ホール
主 催
消費生活フェア実行委員会、北区
内 容
消費者団体の日頃の活動の成果を発表する場として、作品の展示やクイズスタンプラリー、小物や牛乳パックの手すきハガキの実習などがあります。おもちゃや傘の修理コーナーもあります。
参加費
無料
問い合せ先
北区産業振興課消費生活センター
TEL:03-5390-1239
No90
平成29年度第17回 西東京市消費生活展
学習会 知っていますか?身近にある農薬や環境化学物質
~次世代の命と健康を守るために~
日 時
2017年11月25日(土) 13:30~15:30
場 所
ルピナス2階 研修室
主 催
西東京市
企画・運営
西東京市消費生活展実行委員会
内 容
農薬の規制は各国で議論されていますが、日本が使用しているもので他国では禁止されているものもあります。また、私たちにとって快適で便利な生活の影には、農薬の影響によるであろう、すずめや赤トンボなどの減少も叫ばれています。子供やさらにその先々の世代の健康を守るため、考えるきっかけにしていただければと思い企画しました。
講 師
水野玲子氏(NPO法人ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議理事・環境問題研究家)
募集人数
60人(先着順) *保育あり 4人(生後6か月以上、未就学児)
申込方法
FAX、Eメール
参加費
無料
問い合せ先
西東京市協働コミュニティ課
TEL:042-438-4046
FAX:042-438-2021
e-mail:kyoudou@city.nishitokyo.lg.jp
No83
消費者教育講座
大人の金融力セミナー(初心者コース)
経済に強い大人になろう~投資信託入門
日 時
2017年11月21日(火) 10:00~11:30
場 所
東京都多摩消費生活センター 3階教室
主 催
多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク
内 容
投資信託を初めて買う方のためのセミナーです。資産運用について、賢い買い方、投資信託を買った時からすることについて学びます。
講 師
永沢裕美子氏(フォスター・フォーラム(良質な金融商品を育てる会)事務局長)
申込方法
電話、FAX、メール
参加費
200円(資料代) 託児あり(1歳以上未就学児) 予約制・先着5名
問い合せ先
多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク
TEL:090-8720-0181(五十嵐)
FAX:042-534-0685
e-mail:chiko1756@hotmail.com
No87
立川市消費生活講座
これが最新情報!働き方と社会保険
年々変わる働き方と社会保険制度 女性は知識を持つことが大切です
日 時
2017年11月20日(月) 10:00~12:00
場 所
立川市女性総合センター・アイム5階 第3学習室
主 催
立川市、立川シティクラブ(立川市消費者団体連絡会参加団体)
内 容
社会保険制度の講演会です。社会保険の基礎知識、給与から天引きされる保険料と税金、扶養のしくみ、失業給付、労災保険など働く人のセーフティネット、年金についてです。
講 師
櫻井三樹子氏(特定社会保険労務士/年金アドバイザー、櫻井三樹子社会保険労務士事務所代表)
定 員
30名 申込順
参加費
無料 託児あり 8名(1歳以上未就学児・要申込)
問い合せ先
立川女性総合センター 消費生活センター係
TEL:042-528-6801
No51
多摩消費生活センター
"知ってトクする暮らしの連続講座" ~老後を生き抜くための知恵~
「地域で支える認知症~新オレンジプランと成年後見人制度~」
日 時
2017年11月20日(月) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
認知症の歴史や原因、中核症状、病院受診のタイミング、治療法、予防などについて学びます。あわせて「新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)」と認知症の高齢者を支える地域の取り組み事例を紹介します。
講 師
吉田輝美氏(新潟医療福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 教授)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No74
29年度 地域に根ざした食と農の講座2
江戸伝統野菜 大蔵大根を収穫しよう!
~よみがえってきた大蔵大根~
日 時
2017年11月18日(土) 10:00~12:00 小雨決行
場 所
大塚農園(世田谷区瀬田)
主 催
NPO法人フード・風土
内 容
世田谷の地場野菜「大蔵大根」。円筒形で先端が丸く詰まっているのが特徴で、昭和40年代頃までは世田谷のいたるところで栽培されていましたが、青首大根の普及に伴い姿を消していきました。それが、「世田谷ゆかりの伝統野菜を残そう!」という地元の農家の努力で復活し、いまでは世田谷を代表する人気野菜となりました。世田谷区瀬田の大塚信美さんの農園で、大蔵大根の収穫体験をするとともに、地元で農業に生きる農家の熱い思いもお聞きします。
講 師
大塚信美さん
持ち物
汚れてもよい服装、軍手、持ち帰り用袋
募集人数
30人(先着順)
申込方法
電話、FAX、メール
①住所②氏名(ふりがな)③連絡先の電話またはFAX番号 を記入する。
申込締切
11月10日(金)
参加費
1,100円(大根1本代金、農地見学料、講座運営費)
問い合せ先
NPO法人フード・風土
TEL・FAX:03-3308-4499(岩田)
e-mail:fwkz6264@mb.infoweb.ne.jp
No50
多摩消費生活センター
"知ってトクする暮らしの連続講座" ~老後を生き抜くための知恵~
「遺言書はこう書こう!~わかりやすい遺言書のポイントと書き方~」
日 時
2017年11月15日(水) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
遺言書はエンディングノートとは違います。作成者の思いが綴られていたとしても、有効なものでなければ意味がありません。有効な遺言書の書き方のポイントを学び、相続を"争族"にしないためにはどうするべきかを考えます。
講 師
大竹夏夫氏(一般社団法人 老活研究所 理事長 弁護士)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No78
国家資格FP3級技能士
めざせ!わが家のFP(ファイナンシャルプランナー)
日 時
2017年11月14日(火)、2017年11月21日(火)、2017年11月28日(火)
各日9:30~12:30 13:30~16:30
場 所
東京都消費生活総合センター 16階学習室A
主 催
東都生協
内 容
くらしの基礎知識を身につけ、生活設計力や家計力向上にも役立つ、FP3級技能士の資格。検定を受ける方や、家計に役立てたい方のための学習サポートの、6科目3日間の講座です。
11/14午前:ライフプランニングと資金計画
11/14午後:リスク管理
11/21午前:金融資産運用
11/21午後:タックスプランニング
11/28午前:不動産運用設計
11/28午後:相続・事業承継 *講義の順番は変更になる場合があります
講 師
清田裕理氏・金田和子氏(FP技能士1級、CFP®、ライフプランアドバイザー)
持ち物
筆記用具(付箋、マーカーなど)、電卓
申込締切
11月3日(金) *キャンセルも
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
3日で10,000円(テキスト・問題集代込)
募集人数
30名(先着順)
問い合せ先
東都生協 共同購入事業部 共済グループ
TEL:03-5384-7861
FAX:03-5384-1641
(10:00~16:00 祝日可、土日休み)
e-mail:kyousai@tohto.coop
No82
立川市消費生活講座
『秋の一期一笑(いちえ)』~古典話芸から学ぶ江戸の消費者生活~
江戸町民を支えた水の話とあれ?な話し
日 時
2017年11月11日(土) 10:00~12:00
場 所
立川市女性総合センター アイム5階和室(椅子用意有)
主 催
立川市、立川シティクラブ(立川市消費者団体連絡会参加団体)
プログラム
落語「時そば」三遊亭じゃんけん氏(前座)
講談「玉川上水の由来」山中紅香(やまなか こうこ)氏(社会人講談師)
立川市消費生活相談員の話「消費者被害に遭わないために」
参加費
無料 託児あり(1歳以上未就学児)
問い合せ先
立川市消費生活センター係
TEL:042-528-6801
No62
目黒区消費生活展
「消費者宣言2017」見ぬく力を身につける!
日 時
2017年11月11日(土) 10:00~15:30
場 所
目黒区民センター
主 催
目黒区消費生活展実行委員会
後 援
目黒区
内 容
消費者団体の研究発表・展示、ワークショップ、骨密度測定、クイズラリー、とん汁・有機栽培コーヒー・ローズポーク焼き肉・産直野菜などの販売などがあります。
参加費
無料
問い合せ先
目黒区消費生活展実行委員会事務局
TEL:03-3711-1133
No76
東都生協 ライフプラン講演会
働き方で変わる!!私の今と未来
日 時
2017年11月10日(金) 10:30~12:30
場 所
東京都消費生活総合センター17階 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東都生協
内 容
女性の働き方に正解はありません。自分らしく働くために税や社会保険の知識があると近道になります。損得よりも全体を見て物事を考えるのは、女性の方が得意です。自分にとっても、家族にとっても心地よい人生を送るためのヒントをお話します。
講 師
八ツ井慶子氏
定 員
100名(先着順)
参加費
300円 東都生協組合員200円
問い合せ先
東都生協 共同購入事業部 共済グループ
TEL:03-5384-7861
FAX:03-5384-1641(10:00~16:00祝日可、土日休業)
e-mail:kyousai@tohto.coop
No49
多摩消費生活センター
"知ってトクする暮らしの連続講座"~老後を生き抜くための知恵~
「生前整理でスッキリ生きる!~プロから学ぶやさしい生前整理術~」
日 時
2017年11月8日(水) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
ついため込んでしまう本・写真・物など、いざ整理しようと思ってもなかなか出来ないもの。家族のため、自分がこれからより良くスッキリした人生を前向きに生きていくために、プロから生前整理術を学んでみませんか。
講 師
徳山弘美氏(一般社団法人 生前整理普及協会 生前整理アドバイザー 認定指導員)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No77
東都生協 ライフプラン連続講座
日 時
2017年
第1回:10月30日(月) 10:00~12:30、13:30~16:00
第2回:11月6日(月) 10:00~12:30、13:30~16:00
第3回:11月13日(月) 10:00~12:00、13:00~15:00
場 所
東京都消費生活総合センター 17階学習室C(11/13のみ15階学習室G)
主 催
東都生協
内 容
10/30午前:社会保険と公的年金の基礎知識
10/30午後:生命保険と損害保険の基礎知識
11/6午前:資金計画と住宅ローンの基礎知識
11/6午後:くらしにかかわる税金の基礎知識
11/13午前:子育て世代のライフプランの作り方
11/13午後:セカンドライフプランの作り方
講 師
清田裕理氏・金田和子氏(ライフプランアドバイザー、FP技能士1級)
持ち物
筆記用具、電卓
応募締切
10月23日(月) 教材発注のため、キャンセルも10/23まで
参加費
テキスト代1,000円(全5冊)単発参加各250円
募集人数
各20名(先着順)
問い合せ先
東都生協 共同購入事業部 共済グループ
TEL:03-5384-7861
FAX:03-5384-1641(10:00~16:00祝日可、土日休み)
e-mail:kyousai@tohto.coop
No48
多摩消費生活センター
"知ってトクする暮らしの連続講座"~老後を生き抜くための知恵~
「シニアのための生活設計②≪守る≫~社会保険・年金と税制度
の話~」
日 時
2017年10月30日(月) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
老後の預貯金や年金は大切な"虎の子"です。相続税や贈与税などの税制度、社会保険や年金のしくみを知っておくのとおかないのでは、節約という点で大違いです。自分のため、家族のために1円でも多くお金を増やしましょう!
講 師
井戸美枝氏(ファイナンシャル・プランナー/社会保険労務士)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No71
第182期 消費者大学 公開シンポジウム
【テーマ】世界有数の長寿社会日本から『寝たきり』を減らすために
-私はこう考える-
日 時
2017年10月30日(月) 13:30~16:00
場 所
糖業会館2階ホール
主 催
一般財団法人 消費科学センター
内 容
世界に誇れる日本の介護保険、医療保険を次世代に引き継いでいくために、私たちに出来ることはあるでしょうか?また、平均寿命と健康寿命との差が大きいことも問題で、高齢期をつつがなく過ごすために、私たちは食や運動に様々な思いを抱きつつ暮らしています。今回はサプリメントに寄せる当センターの調査結果も踏まえつつ、老化に及ぼす「食」の影響と補助食品のあり方について専門家のご意見を伺い、学んでいきます。
基調講演・パネリスト:石神昭人氏(東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム部長)、丹羽正幸氏(丹羽クリニック院長)
コーディネーター:宮田満氏(日経BP社 特命編集委員)
応募締切
平成29年10月10日(火)16時まで
応募方法
電話、FAX、メール
参加費
一般 1,000円、賛助企業1名ご招待、個人会員ご招待
募集人数
80名
記入事項
①第182期消費者大学「公開シンポジウム」(10/30)に参加します②氏名(ふりがな)③申込人数④一般・賛助企業・個人会員・取材から選択⑤住所⑥電話番号、FAX番号
問い合せ先
一般財団法人 消費科学センター
TEL:03-3461-8728
FAX:03-3461-1517
e-mail:bds03531@nifty.com
No60
くらしフェスタADACHI
「知るって安心・知るって楽しい」
日 時
2017年10月28日(土)、29(日) 10:00~15:00
場 所
足立区梅田地域学習センター(エルソフィア)
主 催
足立区、足立区消費者友の会
内 容
4つのゾーン:「発見しようくらしのヒント」ゾーン、「イラナイモノをイルモノに」ゾーン、「くらしのヒント体験」ゾーン、「くらしの相談」ゾーン
消費者講座:「スキンケア~年代別メイク実習」、料理教室、フリーマーケット、クイズラリー、お菓子と交換できる子供向けクイズラリー
参加費
無料
問い合せ先
足立区消費者センター
足立区梅田7-33-1エルソフィア内
TEL:03-3880-5385
No58
平成29年度第17回 西東京市消費生活展
「あしたのために考えよう~かしこい消費者をめざして~」
日 時
2017年10月28日(土) 10:00~16:30
2017年10月29日(日) 10:00~16:00
場 所
西東京市消費者センター分館
主 催
西東京市
内 容
参加団体のパネル展示とクイズラリー、地粉で作る団子汁、お茶碗リサイクル、地産地育とれたて地場野菜の販売などがあります。
参加費
無料
問い合せ先
西東京市協働コミュニティ課
TEL:042-438-4046
No26
江戸川区消費生活展
「くらしフェスタ2017」 手をつなごう、消費者の輪(わ)
日 時
2017年10月27日(金) 10:00~15:00
場 所
グリーンパレス5階
主 催
江戸川区消費生活展「くらしフェスタ2017」
後 援
江戸川区
内 容
リサイクルファッションショーや小松菜の手作りおやつの試食など、くらしに役立つ情報や楽しい催し物がいっぱいの展示・体験イベントです。
参加費
無料
問い合せ先
江戸川区消費者センター
TEL:03-5662-7635
No63
第36回 いのちとくらしをまもる
中野区消費生活展 未来を変えるあなたの考動
日 時
2017年10月26日(木)、27日(金) 10:00~17:00
場 所
中野区役所 1階ロビー
主 催
中野区消費生活展実行委員会
後 援
中野区
内 容
食、環境、くらしに関して、各参加団体の展示やミニ講座、クイズラリーや、実行委員が持参した品物と来場者の持参した「もの」「言葉」を交換する“物々・ブツブツ交換”などを行います。
参加費
無料
問い合せ先
中野区消費生活センター
TEL:03-3389-1196
No73
平成29年度第2回食の安全都民講座
打倒!ノロウイルス!!~実験でわかる対策法~
日 時
2017年10月24日(火) 13:30~16:45
場 所
東京都健康安全研究センター
主 催
東京都健康安全研究センター
内 容
東京都では、リスクコミュニケーション事業の一環として、少人数での活動等を通して、都民の皆様と食の安全について考える「食の安全都民講座」を開催しています。今回は、「打倒!ノロウイルス!!~実験でわかる対策法~」をテーマに都民参加型の活動をおこないます。
●講義:「最新!ノロウイルス対策」 ノロウイルスの特徴や予防法について解説します。 講師 野田衛氏(国立医薬品食品衛生研究所 食品衛生管理部 第四室 室長)
●実験:「防ごう!ノロウイルス感染」 おう吐物飛散実験や模擬汚染実験等を行い、具体的な予防法を実演します。
申込締切
平成29年10月13日(金)*当日受信・消印有効
申込方法
往復はがき、またはホームページでの電子申請 *参加の可否は、10/18(水)までにお知らせします。
参加費
無料
募集資格
都内在住・在勤・在学で、18歳以上の方。
募集人数
40名
記入事項
①催し名「食の安全都民講座」②住所③氏名(ふりがな)④年齢⑤職業⑥電話番号⑦手話通訳を希望される方、車いすでの参加を希望される方、介助者がいらっしゃる方はその旨を記入してください。
問い合せ先
東京都健康安全研究センター食品医薬品情報担当
TEL:03-3363-3472(直通)
HP:http://www.fukushioken.metoro.tokyo.jp/shokuhin/forum/
tominkoza/tominkoza29-2.html

〒169-0073 新宿区百人町3-24-1
No68
29年度 地球に根ざした食と農の講座1
世田谷の放し飼いの鶏を見学しよう!
~東京の環境にやさしい循環型畜産~
日 時
2017年10月23日(月) 10:00~12:00(小雨決行)
主 催
NPO法人フード・風土
内 容
住宅が密集する世田谷。その一角に放し飼いの鶏が飼われています。なんとその数500羽!もともとは造園屋さんで、出たおがくずが敷き詰められた土地で鶏を飼い、ふわふわのおがくずをたい肥に利用して野菜を作るという、自然循環型の畜産を実践されている世田谷の吉実園を見学します。養鶏ビジネスについてのレクチャーもあります。お持ち帰り用の卵付きです。
場所・工程
10:00~11:00 座学「養鶏ビジネスの今」
        講師:早川治氏(フード・風土理事長、元日本大学教授)
        場所:烏山区民センター 第2会議室
11:15~12:00 吉実園見学(園主:吉岡栄氏)
申込期間
平成29年10月14日(土)
申込方法
電話、FAX、メール
参加費
1000円
募集人数
30名(先着順)
問い合せ先
NPO法人フード・風土
TEL・FAX:03-3308-4499(岩田)
e-mail:fwkz6264@mb.infoweb.ne.jp
No47
多摩消費生活センター
"知ってトクする暮らしの連続講座"~老後を生き抜くための知恵~
「シニアのための生活設計①≪攻める≫~シニアのセカンド
キャリア~簡単なグループワークがあります」
日 時
2017年10月23日(月) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
貯蓄や資産が老後の備えとして足りないと考える高齢者の割合が57%で、就労を希望する高齢者の割合が72%となっている中(平成28年度高齢社会白書より)、自分らしくシニアライフを過ごすために、どんな働き方や暮らし方があるのかをを考えてみます。
講 師
神谷敏康氏((人材コンサルティング事業)株式会社ディアロゴス代表取締役)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No28
すみだ消費生活展2017
「くらしのヒント見つかるよ」
日 時
2017年10月21日(土) 13:00~16:00
2017年10月22日(日) 10:00~15:00
場 所
すみだリバーサイドホール・2階イベントホールほか
主 催
すみだ消費生活展実行委員会/墨田区
内 容
墨田区消費者団体活動成果発表、実行委員会運営イベントなど
参加費
無料
問い合せ先
墨田区産業観光部産業振興課産業振興担当
TEL:03-5608-6186
e-mail:fujii-syouta@city.sumida.lg.jp
No25
くらしフェスタいたばし2017
第49回板橋区消費生活展
日 時
2017年10月21日(土) 12:00~15:00
2017年10月22日(日) 10:00~15:00
場 所
板橋都税事務所前広場
主 催
板橋区消費生活展実行委員会、板橋区
内 容
板橋区内の消費者団体等が日ごろの活動や研究の成果を発表し、区民の消費者意識と消費生活の向上を図ります。
参加費
無料(販売・体験コーナー以外)
問い合せ先
板橋区産業経済部くらしと観光課消費者センター
TEL:03-3579-2266
FAX:03-3962-3955
e-mail: kb-shohi@city.itabashi.tokyo.jp
No17
~安全なくらしのためにあなたは
どうしていますか?~ 第47回みんなの生活展
日 時
2017年10月20日(金)・21日(土) 両日10:00~15:00
場 所
三鷹市消費者活動センター
主 催
三鷹市消費生活展実行委員会・三鷹市
内 容
三鷹市と消費者団体が、消費生活についての活動を発表します。10月20日(金)には「心理カウンセラーがおかあさんの悩みにお答えします!!」と題して、講座や座談会があります。
参加費
無料
問い合せ先
三鷹市生活経済課消費生活係(三鷹市消費者活動センター)
TEL:0422-43-7874
No72
都民のための「おくすり講座」
薬剤師が伝えたい「役立つおくすりの話」
~1人ひとりが薬を安全に効果的に使うためのポイント~
日 時
2017年10月20日(金) 14:00~15:30
場 所
東京都庁 都議会議事堂1階 都民ホール
主 催
東京都健康安全研究センター企画調整部
健康危機管理情報課食品医薬品情報担当
内 容
おくすりをもらう前に薬剤師に伝えてほしいことや、特にシニア世代に知ってほしいおくすりの量や使い方、意外と知らない間違ったおくすりの使い方の事例紹介、身近にいるかかりつけ薬剤師・薬局の活用法についてわかりやすく解説します。
講 師
高松登氏(公益社団法人東京都薬剤師会 常務理事)
定 員
200名 *申込不要。当日会場にお越しください。
*車いすでの参加を希望される方、介助者がいらっしゃる方、手話通訳が必要な方、保育を希望される方は、10月13日(金)までに問合せ先までご連絡ください。
参加費
無料
問い合せ先
東京都健康安全研究センター企画調整部
健康危機管理情報課食品医薬品情報担当
TEL:03-3363-3472
No46
多摩消費生活センター
"知ってトクする暮らしの連続講座"~老後を生き抜くための知恵~
悪質商法、最近の手口 ~"ダマされない!"と思っているあなたこそ、危ない!!~ 出前寄席 出前講座
日 時
2017年10月17日(火) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
依然として多い高齢者の消費者被害。悪質事業者は消費者の不安や心のスキを巧妙に狙っています。出前講座と出前寄席(落語)で悪質商法の事例を楽しく♪学習し、被害を未然に防止しましょう!
講 師
立川がじら氏(落語家)、鈴木伸子氏(東京都消費者啓発員)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No45
多摩消費生活センター
"知ってトクする暮らしの連続講座"~老後を生き抜くための知恵~
「高齢期にかけての食生活と健康~食事と健康食品、サプリメント
の関係~」
日 時
2017年10月10日(火) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
食事は健康の基本です!高齢期の食事の望ましい摂り方について学びます。最近、トクホや機能性表示食品の話題が多いですね。あれも足りない、これも摂らなきゃと不安になっていませんか?高齢期の食事の基本的なポイントと、健康食品やサプリメントの効果的な摂り方について考えます。
講 師
篠田粧子氏(首都大学東京大学院、人間健康科学研究科教授)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No44
多摩消費生活センター
"知ってトクする暮らしの連続講座"~老後を生き抜くための知恵~
「時代が変わる。社会が変わる。~私らしく生きるために、
エンディングノート!~」
日 時
2017年10月4日(水) 14:00~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
今、なぜ終活が注目されるのでしょうか。社会が変わり、選択肢が増えるばかりで何を考えたらいいか難しい時代。私らしく生きるために、エンディングノートを使ってこれからのことを考えてみましょう。
講 師
石崎公子氏(終活カウンセラー/セカンドライフアドバイザー)
申込締切
平成29年9月22日(金) 消印・受信有効
申込方法
FAX、はがき、電子申請
参加費
無料
募集人数
100名(申込み多数の場合は抽選)
※募集人数に満たない場合、締切日以降も受付ます
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
FAX:042-527-0764
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/manabitai/koza/info.html
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No69
平成29年度 食の安全都民フォーラム
~もっと知りたい。災害時の食と衛生~
日 時
2017年9月29日(金) 13:30~16:30
場 所
都庁 都議会議事堂1階 都民ホール
主 催
東京都健康安全研究センター
内 容
東京都では、都民、事業者及び行政担当者が、食の安全に関する情報を共有し、考える場として、毎年、「食の安全都民フォーラム」を開催しています。今回は、災害時の食や衛生の実態について知り、今、何ができるかを考えていただくことを目的に、基調講演とパネルディスカッションを行います。
講 師
第1部 基調講演
①「災害時の食の実態~何がどのくらいあったの?なかったの?~」
講師:辛嶋友香里氏(一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター)
②「避難所における衛生実態と対策~過去の例から~」
講師:遠藤史郎氏(国際医療福祉大学 塩谷病院 教授)

第2部 パネルディスカッション
コーディネーター:
森田満樹氏(消費生活コンサルタント)
パネリスト:
遠藤史郎氏(国際医療福祉大学 塩谷病院 教授)
辛嶋友香里氏(一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター)
国崎信江氏(株式会社危機管理教育研究所 代表)
申込締切
平成29年9月15日(金) 当日消印有効
申込方法
往復はがき
記入事項
①催し名「食の安全都民フォーラム」②住所③氏名④年齢⑤職業⑥電話番号⑦災害時の食や衛生に関する質問(100文字以内)⑧当日、車いすでの参加を希望される方、介助者がいらっしゃる方、手話通訳の支援が必要な方はその旨、保育を希望される方はその旨及び保育を希望する子供の年齢と人数を記入してください。
参加費
無料
募集人数
200名(応募者多数の場合抽選)
※参加の可否については、9月22日までにお知らせします。
問い合せ先
東京都健康安全研究センター食品医薬品情報担当
TEL:03-3363-3472(平日9時から17時まで)
〒169-0073 新宿区百人町3-24-1
No42
東京都多摩消費生活センターの啓発講座
(食育講座9月)
トライ!時短簡単!災害食 ~トイレの備えも忘れずに~
日 時
2017年9月28日(木) 10:00~12:30
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
避難所での食事と家庭での食事の違いを学びます。火を使わずあっという間にできあがる調理は、普段の食卓にも取り入れられます。携帯トイレのお話もあります。
講 師
今泉マユ子氏(管理栄養士、防災士、災害食専門員)
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、手拭きタオル
申込締切
平成29年9月1日(金) 消印有効
申込方法
往復はがき
参加費
無料
※保育あり(6か月以上の未就学の乳幼児)
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No41
東京都多摩消費生活センターの啓発講座
(食育講座9月)
トライ!時短簡単!災害食 ~トイレの備えも忘れずに~
日 時
2017年9月27日(水) 10:00~12:30
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
避難所での食事と家庭での食事の違いを学びます。火を使わずあっという間にできあがる調理は、普段の食卓にも取り入れられます。携帯トイレのお話もあります。
講 師
今泉マユ子氏(管理栄養士、防災士、災害食専門員)
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、手拭きタオル
申込締切
平成29年9月1日(金) 消印有効
申込方法
往復はがき
参加費
無料
※保育あり(6か月以上の未就学の乳幼児)
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No43
借地問題セミナー
「借地(契約満了と更新)について」
「借地の住まいの(修繕・増改築)について」
日 時
2017年9月24日(日) 13:30~15:30
場 所
東京都生協連会館 3階会議室
主 催
生活協同組合・消費者住宅センター
内 容
借地問題について、多くの方が地主との借地契約上心配している「契約満了と更新」と、借地の住まいの「修繕・増改築」です。
講 師
「借地(契約満了と更新)について」
東京多摩借地借家人組合 事務局長 細谷紫朗氏
「借地の住まいの(修繕・増改築)について」
アルタイル法律事務所 弁護士 宮地理子氏
募集人数
40名(定員になり次第締切)
申込締切
9月16日(土)
申込方法
電話、FAX
参加費
無料
問い合せ先
生活協同組合・消費者住宅センター
TEL:0120-670-620 FAX:03-5340-0621
No39
川崎エコ暮らし未来館と
キリンビール横浜工場見学会
日 時
2017年9月14日(木) 8:40集合(立川駅南口JA東京前) 8:50出発
16:30帰着予定(立川駅南口JA東京前)
主 催
多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク
内 容
川崎エコ暮らし未来館で、地球温暖化、太陽光発電などの再生可能エネルギーや資源循環について、見て聞いて触って、楽しく学びます。またキリンビール横浜工場で、昼食、工場内を見学します。(エコ暮らし未来館は、雨天時・荒天時は見学場所が変わることがあります。歩きやすい服装と靴でおいでください。)
行 程
8:40 立川駅南口JA東京前 集合
10:10 川崎エコ暮らし未来館 到着、見学
12:40 キリン横浜ビール工場 到着、昼食、見学
15:10 出発
16:30 立川駅南口JA東京前 帰着予定
申込締切
9月6日(水)
申込方法
FAXまたはメール
参加費
2,400円(バス代の一部、保険料、昼食代1,380円含む)
問い合せ先
多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク
TEL:090-8720-0181(五十嵐)
FAX:042-534-0685
e-mail:chiko1756@hotmail.com
No61
NPO法人ら・し・さ主催
終活アドバイザー協会講演会 地域を支えるしくみ
「地域包括ケアシステムを知ろう」
~超高齢社会の医療・介護はこうなる~
日 時
2017年9月7日(木) 14:00~16:30
場 所
東京ウィメンズプラザ ホール(地下1階)
主 催
NPO法人ら・し・さ(終活アドバイザー協会)
内 容
NPO法人ら・し・さは、12年間の活動で培った知識と経験、ノウハウを多くの方に広めるため、2016年に「終活アドバイザー協会」を発足させ、終活アドバイザーの資格認定と育成を行っています。協会発足1年を記念した、講演会とイベント報告、参加者の交流会を開催します。
講 師
前一樹氏(一般社団法人 地域包括ケア支援事業連合会・事務局長)
参加費
講演会:1000円(ただし交流会参加者は無料)/正会員終活アドバイザー会員無料
交流会:5000円 un cafe(アンカフェ)にて(17:00から)
申込締切
交流会:8月31日(木)
問い合せ先
NPO 法人ら・し・さ
TEL:03-5201-3793(平日9時~17時)
FAX:03-5201-3712
e-mail : kanri@ra-shi-sa.jp
No56
消費者から見た情報展2017
「誰もがしていること~その先が見えますか~」
講演会「海を汚すマイクロプラスチック」
日 時
2017年9月7日(木) 13:30~15:30
場 所
東京都消費生活総合センター17階 教室Ⅰ、Ⅱ
主 催
東京都地域消費者団体連絡会
内 容
「海を汚すマイクロプラスチック」の講演会
講 師
高田秀重氏(東京農工大学 農学部 教授)
参加費
無料
募集人数
30名
申込方法
メール、電話
問い合せ先
東京都地域消費者団体連絡会 
TEL:090-9970-0291(奥田)
e-mail:totisyoren@castle.ocn.ne.jp
No55
消費者から見た情報展2017
「誰もがしていること~その先が見えますか~」
日 時
2017年9月7日(木) 10:00~16:30
2017年9月8日(金) 10:00~16:00
場 所
東京都消費生活総合センター17階 教室Ⅰ、Ⅱ
主 催
東京都地域消費者団体連絡会
内 容
パネル展示と「海を汚すマイクロプラスチック」についての講演会、レジ袋辞退調査をもとにした意見交換会開催
パネル展示 ・食肉の「抗生物質」
・福祉と介護「地域に移る介護保険は?」
・レジ袋辞退調査
・海を汚すマイクロプラスチック
・風呂敷で遊ぼう!!
参加費
無料
問い合せ先
東京都地域消費者団体連絡会 
TEL:090-9970-0291(奥田)
e-mail:totisyoren@castle.ocn.ne.jp
No67
東京都との協働による学習会
・河川から海へ流れ込むごみ
・河川にもMPマイクロプラスチック
・東京湾の海ごみになっている
日 時
2017年9月4日(月) 10:00~12:00
場 所
東京都消費生活総合センター17階教室C
主 催
東京都地域消費者団体連絡会
内 容
海を汚すごみは、私たちの様々な経済活動や消費生活に関連しています。海ごみになる前に取り除く方法はあるのか。河川の汚染の現状を知って、私たちにできることを、具体的に考えてみましょう。「河川水中のマイクロプラスチック汚染の現状」をテーマにした学習会です。
講 師
二瓶泰雄氏(東京理科大学工学部土木工学科 教授)
募集人数
30名
申込方法
メール、電話
参加費
無料(先着順)
問い合せ先
東京都地域消費者団体連絡会 
TEL:090-9970-0291(奥田)
e-mail:totisyoren@castle.ocn.ne.jp
No6
消費者大学講座
(新宿区委託講座6回シリーズ)
日 時
2017年9月1日(金) 13:30~15:30
場 所
新宿消費生活センター分館会議室
主 催
新宿区、新宿区消費者団体連絡会
内 容
地域における消費者教育の担い手となる人材育成を目的とし、「栄養と健康」をテーマに快適な暮らしに役立つ講座を6回シリーズで開催します。
第6回「消費者トラブル」講師:消費生活相談員/修了者と大学OB会、主催者の懇談会
※5回以上参加の方に区長から修了証を授与
参加費
無料
問い合せ先
新宿区立消費生活センター
TEL:03-5273-3834
No57
夏休み親子講座
「マイ箸作りとお箸ゲーム」~マイ箸を作って、お箸の文化と
伝統を学びます~
日 時
2017年8月20日(日) 13:30~15:30
場 所
新宿消費生活センター分館会議室
主 催
新宿区、新宿消費者団体連絡会
内 容
東京の森で育った木(多摩産材)を使って自分の箸を作成します。東京の森の学習と日本の箸の歴史・文化の学習もします。作成したマイ箸でお箸ゲームとお箸を使うルールも学びます。
対 象
新宿区内在住・在勤の方 12組
申込締切
8月10日(木)
申込方法
往復はがき
※8/20親子講座、住所、氏名、電話番号、FAX番号を明記
参加費
無料
問い合せ先
新宿区立新宿消費生活センター
TEL:03-5273-3834
〒169-0075
新宿区高田馬場1-32-10
新宿区消費生活センター分館内 新宿区消費者団体連絡会
No38
親子夏休み講座~みんなで楽しく学ぼう!!
~「身近な商品を買う・使う立場で考えてみよう!」
日 時
2017年8月10日(木) 10:00~12:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
夏休みの自由研究のヒントにもなる講座。実際の商品の改善アイディアをみんなでまとめ、企業のお客様相談室に提案する疑似体験を行います。消費者の声が企業でどのように活かされているかを学びます。
講 師
ACAP消費者啓発委員会
募集対象学年
小学5~6年
持ち物
筆記用具、水分補給用飲み物
申込締切
6月30日(金)消印有効。応募者多数の場合抽選。返信用はがきで応募者全員に受講可否を通知。
申込方法
往復はがき
参加費
無料
募集人数
20組40名(都内在住・在学の小学生とその保護者)
※保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No37
親子夏休み講座~みんなで楽しく学ぼう!!
~「『まさか』に備えて、今できることは?」
日 時
2017年8月9日(水) 9:30~12:00
場 所
立川防災館 ※現地集合、現地解散
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
夏休みの自由研究のヒントにもなる講座。地震体験や身の回りの危険(ヒヤリハット)についてのクイズを通して、いざという時の行動や心構え、日常生活での注意点を学びましょう。
講 師
東京消防庁 立川防災館、東京都生活文化局消費生活部生活安全課
募集対象学年
小学4~6年
持ち物
筆記用具、水分補給用飲み物
申込締切
6月30日(金)消印有効。応募者多数の場合抽選。返信用はがきで応募者全員に受講可否を通知。
申込方法
往復はがき
参加費
無料
募集人数
20組40名(都内在住・在学の小学生とその保護者)
※保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No36
親子夏休み講座~みんなで楽しく学ぼう!!
~「おいしいチョコレートの真実~
作る人も食べる人も幸せになる方法を考えよう~」
日 時
2017年8月8日(火) 10:00~12:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
夏休みの自由研究のヒントにもなる講座。チョコレートは好きですか?チョコレートの原料「カカオ」の農園では、学校に行けず一日中働かされている子供がいます。チョコレートを通じて、カカオ産業の児童労働の現状と私たちの生活のつながりを知り、自分にできることを考えましょう。
講 師
杉山綾香氏(特定非営利活動法人ACE)
募集対象学年
小学5~6年
持ち物
筆記用具、水分補給用飲み物
申込締切
6月30日(金)消印有効。応募者多数の場合抽選。返信用はがきで応募者全員に受講可否を通知。
申込方法
往復はがき
参加費
無料
募集人数
20組40名(都内在住・在学の小学生とその保護者)
※保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No35
親子夏休み講座~みんなで楽しく学ぼう!!
~「楽しくチャレンジ!おつかいゲームで学ぶお金の大切さ」
日 時
2017年8月7日(月) 10:00~12:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
夏休みの自由研究のヒントにもなる講座。遠足に持っていく弁当の材料とおやつを買う、すごろくゲームをしながら、お金の大切さを学びましょう。
講 師
NACS消費者教育委員会、経済市民教育推進グループ
募集対象学年
小学1~3年
持ち物
筆記用具、水分補給用飲み物
申込締切
6月30日(金)消印有効。応募者多数の場合抽選。返信用はがきで応募者全員に受講可否を通知。
申込方法
往復はがき
参加費
無料
募集人数
20組40名(都内在住・在学の小学生とその保護者)
※保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No34
親子夏休み講座~みんなで楽しく学ぼう!!
~「玉ねぎの皮で染める!ランチョンマット」
日 時
2017年8月4日(金) 10:00~12:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
夏休みの自由研究のヒントにもなる講座。普段は"ごみ"として捨てている玉ねぎの皮で染色を楽しみます。また、食べられるのに捨てられている「食品ロス」と、"ごみ"を減らす工夫も考えます。
講 師
福岡ひとみ氏(コンシューマー技術教育研究会)
募集対象学年
小学3~6年
持ち物
筆記用具、水分補給用飲み物、エプロン、手拭き用タオル
申込締切
6月30日(金)消印有効。応募者多数の場合抽選。返信用はがきで応募者全員に受講可否を通知。
申込方法
往復はがき
参加費
無料
募集人数
10組20名(都内在住・在学の小学生とその保護者)
※保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No33
親子夏休み講座~みんなで楽しく学ぼう!!
~「みんなで考える情報モラルとコミュニケーション」
日 時
2017年8月3日(木)10:00~12:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
夏休みの自由研究のヒントにもなる講座。インターネットに起因したコミュニケーショントラブルが起こらないように、自ら考え想像力を働かせる機会を提供し、上手な使い方を考えます。
講 師
高橋誠氏(LINE株式会社)
募集対象学年
小学5~6年
持ち物
筆記用具、水分補給用飲み物
申込締切
6月30日(金)消印有効。応募者多数の場合抽選。返信用はがきで応募者全員に受講可否を通知。
申込方法
往復はがき
参加費
無料
募集人数
25組50名(都内在住・在学の小学生とその保護者)
※保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No32
親子夏休み講座~みんなで楽しく学ぼう!!
~ 「あま~いジュース、そんなに飲んでいいのかな?」
日 時
2017年8月2日(水) 10:00~12:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
夏休みの自由研究のヒントにもなる講座。暑くなるとつい手がのびるジュース。糖度計で砂糖の量を調べましょう!
講 師
澤木佐重子氏(コンシューマー技術教育研究会)
募集対象学年
小学3~6年
持ち物
筆記用具、水分補給用飲み物、エプロン、手拭き用タオル
申込締切
6月30日(金)消印有効。応募者多数の場合抽選。返信用はがきで応募者全員に受講可否を通知。
申込方法
往復はがき
参加費
無料
募集人数
10組20名(都内在住・在学の小学生とその保護者)
※保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No31
親子夏休み講座~みんなで楽しく学ぼう!!
~ 「食べものをムダなく大切に~できることからはじめよう!~」
日 時
2017年8月1日(火) 10:00~12:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
夏休みの自由研究のヒントにもなる講座。「もったいないな」と思いながらも食べものを捨ててしまうことはありませんか?みんなで家庭でのムダ(食品ロス)をどうやってなくすか探り、残り物で簡単な調理をします。
講 師
渡辺純子氏(日本調理アカデミー)
募集対象学年
小学4~6年
持ち物
筆記用具、水分補給用飲み物、エプロン、三角巾、手拭き用タオル
申込締切
6月30日(金)消印有効。応募者多数の場合抽選。返信用はがきで応募者全員に受講可否を通知。
申込方法
往復はがき
参加費
無料
募集人数
10組20名(都内在住・在学の小学生とその保護者)
※保育あり(6か月以上の未就学児)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No40
あぐりフレンズ・東京 親子で学ぶ東京の
農業 ~ブルーベリー狩り・青梅の夏野菜収穫体験と
やさいのおはなし~ 親子企画 15組・45名募集
日 時
2017年8月1日(火) 8:45集合(新宿駅西口周辺)9:00出発
16:00帰着予定(新宿駅)
主 催
JA東京中央会、東京都生協連
内 容
都会の農業の役割や伝統を学び、収穫体験を通して東京の農業について親子で理解を深めましょう。
訪問先
JA西東京、青梅市の圃場や直売所
申込締切
7月20日(木)必着。応募者多数の場合抽選。当選者のみに7月26日頃までに郵送で詳細ご案内。
申込方法
参加申込書、FAX、電話、メールのいずれか。
参加費
大人1,500円、子ども500円
親子一組で1,500円相当の収穫体験が出来ます。昼食弁当・お茶付き。
募集人数
親子企画 15組・45名募集
問い合せ先
東京都生協連(遠山) 
TEL:03-3383-7800  (月~金曜日 9:00~17:00)
FAX:03-3383-7840
E-mail:toyama@coop-toren.or.jp
No6
消費者大学講座
(新宿区委託講座6回シリーズ)
日 時
2017年5月24日(水)、6月16日(金)、6月28日(水)、7月12日(水)、8月2日(水)
場 所
新宿消費生活センター分館会議室
主 催
新宿区、新宿区消費者団体連絡会
内 容
地域における消費者教育の担い手となる人材育成を目的とし、「栄養と健康」をテーマに快適な暮らしに役立つ講座を6回シリーズで開催します。
第1回「これだけは知っておきたい食品表示のポイントー日付表示や原産地表示を中心に」講師:板倉ゆか子氏(消費生活アナリスト)
第2回「栄養・介護食~食べる喜びを伝える食事のヒント~」講師:川口美喜子氏(大妻女子大学家政学部教授)
第3回「水産物消費の現状とプライドフィッシュプロジェクト」講師:全国漁業協同組合連合会
第4回「薬膳料理」講師:植木もも子(管理栄養士・国際中医薬膳管理師・一般社団法人中医未病協会理事)
第5回「水・飲料」講師:全国清涼飲料工業会
※5回以上参加の方に区長から修了証を授与
参加費
無料
問い合せ先
新宿区立消費生活センター
TEL:03-5273-3834
No27
平成29年度「食の安全調査隊」募集!!
テーマ「家庭での食中毒予防について考える」
日 時
2017年6月26日(月) 13:15~16:45
2017年7月11日(火) 13:00~17:00
2017年7月25日(火) 13:15~16:45
2017年8月8日(火) 13:15~16:45
場 所
東京都健康安全研究センター
主 催
東京都健康安全研究センター
内 容
私たちの生活に欠かせない「食」。都民が参加する「食の安全調査隊」が、講義や施設見学、グループワークなど、全4回の活動を通じて食の安全について理解を深めます。
第1回 6/26(月) 「こうして起こった食中毒」
第2回 7/11(火) 「ノロウイルス食中毒を防げ!」
第3回 7/25(火) 「家庭でできる!食中毒予防のポイント①器具編」
第4回 8/8(火) 「家庭でできる!食中毒予防のポイント②調理編」
申込締切
平成29年6月14日(水) 当日受信・消印有効
申込方法
往復はがき、またはホームページでの電子申請 *参加の可否、第1回活動内容は、6/21(水)までにお知らせ
記入事項
①「調査隊参加希望」②住所③氏名④年齢⑤職業⑥電話番号⑦何をご覧になって応募したか
参加費
無料
募集人数
40人(都内在住、在勤、在学の18歳以上の方)
※応募多数の場合は初めて参加の方優先の上、抽選
問い合せ先
東京都健康安全研究センター
企画調整部健康危機管理情報課食品医薬品情報担当
TEL:03-3363-3472(直通)
HP:http://www.tokyo-eiken.go.jp/kj_shoku/chousatai10/
〒169-0073 新宿区百人町3-24-1
No30
親子夏休み講座~みんなで楽しく学ぼう!!
~「楽しくおいしいお箸生活!」
日 時
2017年7月28日(金) 9:30~12:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
夏休みの自由研究のヒントにもなる講座。日本の箸や食事の作法は、食材を作ってくれた人への感謝の気持ちが込められています。見た目にも美しい、本来の箸の魅力と使い方を学びます。
講 師
梅田やすこ氏(ヘルシーフードラボ)
募集対象学年
小学3~6年
持ち物
筆記用具、水分補給用飲み物、エプロン、三角巾、手拭き用タオル、日頃使っている箸
申込締切
6月30日(金)消印有効。応募者多数の場合抽選。返信用はがきで応募者全員に受講可否を通知。
申込方法
往復はがき
参加費
無料
※保育あり(6か月以上の未就学児)
募集人数
10組20名(都内在住・在学の小学生とその保護者)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No29
親子夏休み講座~みんなで楽しく学ぼう!!
~「米粉deマフィン」
日 時
2017年7月26日(水) 10:00~12:00
場 所
東京都多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
東京都多摩消費生活センター
内 容
夏休みの自由研究のヒントにもなる講座。日本の食料自給率は39%。その中で唯一自給率100%の米が原材料の米粉で、マフィンを作り、日本の自給率を上げるためにできることを考えます。
講 師
福岡ひとみ氏(コンシューマー技術教育研究会)
募集対象学年
小学1~3年
持ち物
筆記用具、水分補給用飲み物、エプロン、三角巾、手拭き用タオル
申込締切
6月30日(金)消印有効。応募者多数の場合抽選。返信用はがきで応募者全員に受講可否を通知。
申込方法
往復はがき
参加費
無料
※保育あり(6か月以上の未就学児)
募集人数
10組20名(都内在住・在学の小学生とその保護者)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No11
食育講座・7月
~おいしくムダ無く食材使い切り!~夏のお酢すめレシピ大公開♪
日 時
2017年7月14日(金) 10:00~12:30
場 所
東京都多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
食欲増進や疲労回復、減塩や防腐効果も期待できる「お酢」。酸っぱいだけじゃない美味しさで、食材を無駄なく活かせるお酢のレシピを大公開。お日様をいっぱい浴びた夏野菜を美味しく食べられます。
講 師
田内しょうこ氏(料理研究家・ライター)
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
申込締切
平成29年6月16日(金)消印有効
申込方法
往復はがき
参加費
無料
※保育あり(1才以上の未就学児)
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No10
食育講座・7月
~おいしくムダ無く食材使い切り!~夏のお酢すめレシピ大公開♪
日 時
2017年7月13日(木) 10:00~12:30
場 所
東京都多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
食欲増進や疲労回復、減塩や防腐効果も期待できる「お酢」。酸っぱいだけじゃない美味しさで、食材を無駄なく活かせるお酢のレシピを大公開。お日様をいっぱい浴びた夏野菜を美味しく食べられます。
講 師
田内しょうこ氏(料理研究家・ライター)
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
申込締切
平成29年6月16日(金)消印有効
申込方法
往復はがき
参加費
無料
※保育あり(1才以上の未就学児)
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No24
「消費者団体と東京都の協働による学習会」
多摩地域の市民活動交流会~つながりをひろげよう~
日 時
2017年7月7日(金) 10:30~15:30
場 所
多摩消費生活センター 教室Ⅰ・Ⅱ
主 催
多摩地域の消費者団体交流会実行委員会
内 容
多摩地域の中で、くらしや福祉、子育てなどをテーマに活動している団体やグループが集まり、交流します。
午前は団体やグループからのリレー報告。午後は基調講演とワークショップ。
基調講演講師
室田 信一氏(首都大学東京 都市教養学部 准教授)
申込締切
7月3日(月)
参加費
無料
弁当代600円(必要な方のみ、要事前申込)
問い合せ先
東京消費者団体連絡センター(小浦、池田)
TEL:03-6304-8661 FAX:03-3383-7840
No21
国家資格FP3級技能士
めざせ!わが家のFP(ファイナンシャルプランナー)
日 時
2017年7月7日(金)・2017年7月14日(金)・2017年7月21日(金)
各日 9:30~12:30/13:30~16:30
場 所
東京都消費生活総合センター 17階学習室C
主 催
東都生協
内 容
くらしの基礎知識を身につけ、生活設計力や家計力向上にも役立つ、FP3級技能士の資格。検定を受ける方や、家計に役立てたい方のための学習サポートの、6科目3日間の講座です。
7/7 リスク管理/ライフプランニングと資金計画
7/14 タックスプランニング/金融資産運用
7/21 不動産運用設計/相続・事業承継
講 師
清田裕理氏・金田和子氏(FP技能士1級、CFP®、ライフプランアドバイザー)
募集人数
20名(先着順)
申込締切
6月30日(金) ※キャンセルも
持ち物
筆記用具(付箋、マーカーなど)、電卓
参加費
3日で10,000円(テキスト・問題集代込)
問い合せ先
東都生協 共同購入事業部 共済グループ
TEL:03-5384-7861 FAX:03-5384-1641
(10:00~16:00 祭日可、土日休み)
e-mail:kyousai@tohto.coop
No13
消費生活講座
第1部「通販トラブル完全攻略大辞典」
第2部 講演「人生を楽しむ秘訣~豊かな暮らしは家計も元気~」
日 時
2017年7月6日(木) 13:30~15:20
第1部13:40~14:00 第2部14:10~15:20
場 所
東京ウイメンズプラザホール
主 催
東京都・東京都金融広報委員会共催
後 援
東京都・東京都金融広報委員会共催
内 容
講演と落語を通じて、暮らしに身近な金融や消費生活に関する知識を学びます。
第1部 漫才「通販トラブル完全攻略大辞典」
出演:出前寄席OB会
第2部 講演「人生を楽しむ秘訣」~豊かな暮らしは家計も元気~
講 師
第2部 生島ヒロシ氏(フリーアナウンサー)
申込方法
ハガキ、FAX、電子申請
申込締切
6月22日(木)消印・受信有効
※受講の可否は、6月29日(木)までに申込者全員に通知
参加費
無料
募集人数
250名
※保育あり(1才以上の未就学児)
問い合せ先
東京都消費生活総合センター活動推進課
TEL:03-3235-1157 FAX:03-3268-1505
電子申請:
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/
manabitai/koza/center/den_koza.html
No15
ら・し・さサロン
海洋葬(散骨)体験クルーズのご案内
日 時
2017年6月25日(日)
12:30 受付開始 13:00 出航(1時間~1時間半)
場 所
東京パレットタウン乗船場
主 催
NPO法人ら・し・さ
内 容
自分らしく自分の最期を終えたい!と考える人の選択肢のひとつとして海洋葬(海洋散骨)が注目されています。海洋散骨の流れや散骨の場所が分かる体験クルーズです。
定 員
20名
募集人数
20名
申込締切
6月19日(月)
参加費
3,500円
問い合せ先
NPO 法人ら・し・さ
TEL:03-5201-3793(平日9時~17時)
FAX:03-5201-3712
mail:kanri@ra-shi-sa.jp
No16
第45回 港区消費生活展2017
日 時
2017年6月24日(土) 10:00~16:00
2017年6月25日(日) 10:00~15:30
場 所
港区立消費者センター
主 催
港区立消費者センター
内 容
つくば市の農産物販売、リメイク工房、偽ブランド・海賊版ほんものニセモノ比較展示、フード・ドライブ、ごみの分別、バルーンアート、パンなどの販売、展示、相談(ガスや電気)、消費者団体の発表等
参加費
無料
問い合せ先
港区立消費者センター
TEL:03-3456-4159 FAX:03-3453-0458
No4
安全な住まい~
超高齢社会に知っておきたいこと~   
①「家庭内事故」と「住まいの安全性(メンテナンス)」
②「住宅内での熱中症対策」
日 時
2017年6月24日(土) 13:30~15:30
場 所
新中野ビル2階会議室
主 催
生協・消費者住宅センター
内 容
超高齢社会で避けて通れない問題、「家庭内事故」。組合員の暮らしに役立つ「住宅内の安全性(メンテナンス)」と「住宅内での熱中症対策」についてのセミナーを開催する。
講 師
小野清氏(生協・消費者住宅センター 建築事業部)
参加費
無料
問い合せ先
生活協同組合・消費者住宅センター
TEL:0120-670-620 FAX:03-5340-0621
No23
認知症サポーター養成のための研修講座
日 時
2017年6月21日(水) 19:00~21:00
場 所
全国婦人会館 2階会議室
主 催
(公益社団法人)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 東日本支部研修委員会
内 容
高齢化社会の進展で、今後ますます認知症患者、軽度認知障害者が増加傾向にあります。認知症への理解を深め、認知症の症状や対応の仕方、家族の気持ちやサポーターの役割、地域包括の役割や、予防法などを学びます。
講 師
松田 裕孝氏(NPO法人「認知症を考える会」元理事長)
参加費
NACS会員・賛助会員 500円+100円(テキスト代)
一般 1,500円+100円(テキスト代)
募集人数
50名
申込方法
NACS東日本支部のホームページから
問い合せ先
NACS東日本支部
TEL&FAX:03-6450-5411
e-mail:ej-nacs@io.ocn.ne.jp HP:http://www.nacs-east.jp/
No20
東都生協 ライフプラン連続講座
日 時
2017年6月20日(火) 10:00~12:00/13:00~15:00
場 所
東京都消費生活総合センター 15階学習室G
主 催
東都生協
内 容
子育て世代のライフプランの作り方/セカンドライフプランの作り方
講 師
清田裕理氏・金田和子氏(ライフプランアドバイザー、FP技能士1級)
持ち物
筆記用具、電卓
参加費
テキスト代1,000円(全5冊)単発参加各250円
募集人数
20名(先着順)
問い合せ先
東都生協 共同購入事業部 共済グループ
TEL:03-5384-7861 FAX:03-5384-1641
(10:00~16:00 祭日可、土日休み)
e-mail:kyousai@tohto.coop
No19
東都生協 ライフプラン連続講座
日 時
2017年6月13日(火) 10:00~12:30/13:30~16:00
場 所
東京都消費生活総合センター 17階学習室C
主 催
東都生協
内 容
税金の基礎知識/資金計画と住宅ローンの基礎知識
講 師
清田裕理氏・金田和子氏(ライフプランアドバイザー、FP技能士1級)
持ち物
筆記用具、電卓
参加費
テキスト代1,000円(全5冊)単発参加各250円
募集人数
20名(先着順)
問い合せ先
東都生協 共同購入事業部 共済グループ
TEL:03-5384-7861 FAX:03-5384-1641
(10:00~16:00 祭日可、土日休み)
e-mail:kyousai@tohto.coop
No9
第46回 昭島市消費生活展
「今、本当に知りたいこと~くらしの安全・安心~」
DVD上映「バレンタイン一揆」~
日 時
2017年6月10日(土) 10:30~11:35
場 所
昭島市役所1階市民ホール
主 催
昭島市
内 容
身近に売られているチョコレートの原料のカカオ豆は、どこでだれが作っているのでしょうか?日本の普通の女の子3人は、アフリカのガーナでたくさんの子供たちがカカオ農園で学校にも行けず働かされていることを知りました。児童労働の問題に出会い、悩み、闘った日本の女の子たちの物語。
定 員
100名
申 込
不要
参加費
無料
※保育あり(2才以上の未就学児、6名まで)
問い合せ先
昭島市 市民部市民生活コミュニティ課暮らしの安全係
TEL:042-544-5111
No8
第46回 昭島市消費生活展
「今、本当に知りたいこと~くらしの安全・安心~」
講演会「もったいないばあさんのおはなし会~
『もったいない』は世界の愛ことば」
日 時
2017年6月10日(土) 13:30~15:30
場 所
昭島市役所1階市民ホール
主 催
昭島市
内 容
ベストセラー絵本「もったいないばあさん」シリーズの作者、真珠まりこさんの講演。真珠さんが絵本を通じて伝えたいこと、また地上で起きている問題と私たちの暮らしとのつながりを伝えるワールドレポート展などの活動についてのお話。
講 師
真珠まりこ氏(絵本作家)
参加費
無料
※保育あり(2才以上の未就学児、6名まで)
募集人数
100名
申込方法
電話申込、申し込み順
問い合せ先
昭島市 市民部市民生活コミュニティ課暮らしの安全係
TEL:042-544-5111
No12
“ら・し・さ”の終活講座
第19回「自宅の終活のすすめ方
~管理や売却で慌てない、困らないために~」
日 時
2017年6月9日(金) 13:30~16:30
場 所
TKP東京駅前会議室 カンファレンスルーム2
主 催
NPO法人ら・し・さ(終活アドバイザー協会)
内 容
もしも住む予定のない実家を相続したら?もしも施設などに入所して自宅や実家が空き家になったら?空き家の維持管理や売却は思った以上に大変。不動産と相続に詳しい講師が、空き家管理と売却のポイントをお話しします。Q&Aの時間もあります。
講 師
橋本秋人氏(CFP®/終活アドバイザー・不動産コンサルティングマスター・FPオフィスノーサイド代表)
山田静江氏(CFP®/終活アドバイザー・宅地建物取引士)
申込締切
6月7日(水)
参加費
参加費 5,000円 会員 3,000円(ら・し・さノートを持参)
問い合せ先
NPO 法人ら・し・さ
TEL:03-5201-3793(平日9時~17時)
FAX:03-5201-3712
mail:kanri@ra-shi-sa.jp
No18
東都生協 ライフプラン連続講座
日 時
2017年6月6日(火) 10:00~12:30/13:30~16:00
場 所
東京都消費生活総合センター 17階学習室C
主 催
東都生協
内 容
生命保険と損害保険の基礎知識/社会保険と公的年金の基礎知識
講 師
清田裕理氏・金田和子氏(ライフプランアドバイザー、FP技能士1級)
持ち物
筆記用具、電卓
参加費
テキスト代1,000円(全5冊)単発参加各250円
募集人数
20名(先着順)
問い合せ先
東都生協 共同購入事業部 共済グループ
TEL:03-5384-7861 FAX:03-5384-1641
(10:00~16:00 祭日可、土日休み)
e-mail:kyousai@tohto.coop
No7
第46回 昭島市消費生活展
「今、本当に知りたいこと~くらしの安全・安心~」
日 時
2017年6月5日(月)~10日(土)
場 所
昭島市役所1階市民ロビー
主 催
昭島市
内 容
暮らしに役立つ情報のパネル展示、講演会、映画上映、リサイクル図書の配布など。最終日の10日(土)は、イベント盛りだくさん!
参加費
無料
問い合せ先
昭島市 市民部市民生活コミュニティ課暮らしの安全係
TEL:042-544-5111
No22
NPO法人
生ごみリサイクル全国ネットワーク学習会
ごみ減量・資源化先進地域
“多摩地域における生ごみ資源化の取り組み”
日 時
2017年5月31日(水) 13:50~16:20
場 所
東京都消費生活総合センター 学習室C
主 催
NPO法人生ごみリサイクル全国ネットワーク
内 容
多摩地域市町村は、ごみの減量と資源化を市民とともに進め、ごみの減量・資源化では全国でもトップレベルの先進地域です。多摩地域の取り組みを学ぶ学習会です。
講 師
小野寺 勲氏(ごみ環境ビジョン21運営委員、日野市廃棄物減量等推進審議会委員)
参加費
無料
問い合せ先
生ごみリサイクル全国ネットワーク
TEL&FAX:03-3483-3761
No14
東京都地域消費者団体連絡会総会記念講演
消費者被害未然防止 出前寄席
日 時
2017年5月29日(月) 13:00~14:00
場 所
東京都消費生活総合センター17階教室Ⅰ、Ⅱ
主 催
東京都地域消費者団体連絡会
演 目
1.わが町のマイナンバー騒動
1.消費者問題の小噺アラカルト
講 師
立川 がじら(落語家)
問い合せ先
東京都地域消費者団体連絡会 
TEL:042-455-2621(奥田 19時以降)
mail:totisyoren@castle.ocn.ne.jp
No2
東京都多摩消費生活センターの啓発講座
(食育講座5月)
米粉ロールケーキに茶(チャ)レンジ!~食料自給率UP作戦~
日 時
2017年5月18日(木) 13:30~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
国産の米粉と東京狭山茶を使ってロールケーキを作り、試食します。日本の食料自給率アップを支える地産地消と東京近郊の農業、美味しいお茶の入れ方や効能、自給率向上のために私たちができることは何か、学んで考える、おいしい講座です。
講 師
市川由紀子氏(コンシューマー技術教育研究会)
申込方法
往復はがき
申込締切
平成29年4月21日(金) 消印有効
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
参加費
無料 ※保育あり
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No1
東京都多摩消費生活センターの啓発講座
(食育講座5月)
米粉ロールケーキに茶(チャ)レンジ!~食料自給率UP作戦~
日 時
2017年5月17日(水) 13:30~16:00
場 所
多摩消費生活センター
主 催
東京都消費生活総合センター活動推進課
内 容
国産の米粉と東京狭山茶を使ってロールケーキを作り、試食します。日本の食料自給率アップを支える地産地消と東京近郊の農業、美味しいお茶の入れ方や効能、自給率向上のために私たちができることは何か、学んで考える、おいしい講座です。
講 師
市川由紀子氏(コンシューマー技術教育研究会)
申込方法
往復はがき
申込締切
平成29年4月21日(金) 消印有効
持ち物
筆記用具、エプロン、三角巾、タオル
参加費
無料 ※保育あり
募集人数
18名(申込み多数の場合は抽選)
問い合せ先
多摩消費生活センター
TEL:042-522-5119
〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19 東京都北多摩北部建設事務所3階
No5
総会記念講座「食品ロスの現状」
~食べ物を無駄にしていませんか?~
日 時
2017年5月11日(木) 14:15~16:15
場 所
新宿消費生活センター分館会議室
主 催
新宿区消費者団体連絡会
内 容
世界の食品ロスは13万トン!世界の食品ロス問題の専門家が、解決方法をわかりやすくお話しする暮らしに役立つ講座です。
講 師
井出留美氏(栄養学博士)
参加費
無料 申し込み不要、直接会場へ
問い合せ先
新宿区立消費生活センター
TEL:03-5273-3834
No3
東都生協 ライフプラン講演会
自立した生を全うする人生のしまい方
~豊かで安心した老後を送るために~
日 時
2017年4月17日(月) 13:30~15:30
場 所
東京都消費生活総合センター16階 学習室A
主 催
東都生協
内 容
老後を健やかに過ごすために、人生の最後に向けて自分で出来ること。知らなかった事や知っておくべき事など、講演会では色々なヒントが一杯です。
講 師
小谷みどり氏(第一生命経済研究所主席研究員)
参加費
参加費 300円 組合員 200円
問い合せ先
東都生協 共同購入事業部 共済グループ
TEL:03-5384-7861 FAX:03-5384-1641
Email:kyousai@tohto.coop


PAGETOP