もっと広げようコミュニケーションの輪~未来を拓く消費活動~10月は東京都消費者月間です くらしフェスタ東京2016
トップページ 東京都消費者月間事業とは?
【メインシンポジウム】 講師は8月に発表 ! 日本の良さを再発見

東京都では、10月を消費者月間と定め、消費者の啓発、消費者団体相互の連携強化、消費者と事業者及び行政の協働の推進を目的として、事業を行っています。東京都と消費者団体が協働し、消費者問題の解決のために調査・研究を行い、交流フェスタ、メインシンポジウムを中心に都民に向けて様々な活動をするのが東京都消費者月間です。

事業の始まりは、1978年、東京都消費生活条例制定3年、及び消費者センター開設10年を記念して、東京都消費者週間としたことによります。

その後、20年目を迎えた1997年(平成9年)からは、「月間事業」とし、東京都と消費者団体の共催による事業実施に改めました。20周年記念で公募した愛称「くらしフェスタ東京」はその後決定したロゴと共に使用し、広く都民に参加を呼び掛けています。

平成14年度からは、東京都と消費者団体による協働事業として改めて位置づけるとともに、「事業者との協働の推進」を目的に加え、事業を実施しています。

この事業は、東京都に在住在勤在学の方であればどなたにも、無料で参加していただけます。 お問い合わせなどございましたら、事務局までお気軽にご連絡ください。

役員名簿

事業予算

実行委員会規約

参加団体紹介

おすすめリンク集