もっと広げようコミュニケーションの輪 くらしフェスタ2014 10月は東京都消費者月間です。 未来につなげる消費行動 東京都と消費者団体が協働し、10月を中心に消費者問題に関する様々な事業を行います。
見て、聞いて、話そう!交流フェスタ
メインシンポジウム
特別企画
地域会場
東京の農業応援企画
グループ企画
エコプログラム
イベントスケジュール

 【メインシンポジウム】 講演会&ミニコンサート

 今年度の講演は、今日の消費生活を“コミュニケーション”という面から斬りこんでいくという内容でお届けします。ぜひご来場ください。

講演会:平田オリザが語る コミュニケーションデザイン(参加費無料)ミニコンサート:想いをつむぐ歌 by グループ♪あい

日時平成26年10月29日(水)13:30~16:00
場所新宿明治安田生命ホール

MAP

 ◎メインシンポジウムは盛況のうちに終了いたしました。
  イベントレポートをご覧ください。
  ⇒ イベントレポート

 こちらより配布用メインシンポジウムチラシをご覧いただけます。

平田オリザが語る コミュニケーションデザイン

講演会 13:30~15:05

 くらしフェスタ東京は”もっと広げようコミュニケーションの輪”をテーマに”未来につなげる消費行動”を推進しています。平田オリザさんはコミュニケーションの問題について、コミュニケーションをデザインする視点を持つことを提唱しています。コミュニケーションとは何か、コミュニケーションデザインとは何かをお話しいただきます。

講師:平田オリザ(ひらたおりざ)さん

PHOTO「撮影:青木司」
《プロフィール》
劇作家・演出家・東京藝術大学特任教授。
こまばアゴラ劇場芸術監督、劇団「青年団」主宰。
東京藝術大学アートイノベーションセンター特任教授、
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター客員教授、
四国学院大学客員教授・学長特別補佐、京都文教大学客員教授。1995年「東京ノート」で第39回岸田國士戯曲賞受賞。
2003年「その河をこえて、五月」(2002年日韓国民交流記念事業)で、第2回朝日舞台芸術賞グランプリ受賞。
2011年フランス国文化省よりレジオンドヌール勲章シュヴァリエ受勲。その戯曲はフランスを中心に世界各国語に翻訳・出版されている。
2002年度以降、中学校の国語教科書で、2011年以降は小学校の国語教科書にも平田のワークショップの方法論に基づいた教材が採用され、多くの子供たちが教室で演劇を創作する体験を行っている。

想いをつむぐ歌 by グループ♪あい

ミニコンサート 15:15~16:00

 市川恵美さん(ソプラノ)、佐藤美佳さん(ピアノ)のお二人が結成した『グループ♪あい』による演奏をお楽しみください。皆さんがよく知っている季節感あふれる曲をお届けします。
《曲目》
「赤とんぼ」…三木露風/詩 山田耕作/曲
「メッセージ」…小田百合子/詩・曲
「愛の夢」…リスト/曲(ピアノ・ソロ)
「こうもり」より“侯爵様、貴方というお方は”
      …J. シュトラウス(軽快なオペレッタのアリア) 
「花は咲く」…岩井俊二/詩 菅野よう子/曲 他

出演者:市川 恵美(いちかわ えみ)さん(ソプラノ)

PHOTO《プロフィール》
国立音楽大学声楽学科卒業。同大学院オペラ科修了。故内田るり子、上村聖子、小渡恵利子の各氏に師事。在学中、ソロ・室内楽定期演奏会、及び卒業演奏会に出演。「フィガロの結婚」のスザンナ役をはじめ、「霊媒」「修道女アンジェリカ」「魔笛」等のオペラに出演。その他、青少年のためのコンサート、サロンコンサート、ファミリーコンサート等、数多くのコンサートに出演している。2004年リサイタル開催。2010年より、毎年4月に栃木県にて開催されている自閉症啓発コンサートに出演している。2011年11月には、名曲コンサートと歌のレクチャーの2部構成から成る「カント・アマービレ」をはじめる。ライフワークとして半年に1度、企画・開催し好評を得ている。また東日本大震災の直後に作られた、小田百合子氏作詞作曲の「メッセージ」と出会い、2012年より機会ある毎に演奏し注目を集めている。今年6月には、「気仙地方応援コンサート」に出演し、初めて被災地に「メッセージ」を届け好評を得た。
2009年日本歌曲コンクール(日本歌曲振興会)奨励賞受賞。2010年「小倉百人一首うたくらべ」作曲者特別賞、2011年同最優秀賞受賞。2010年まで18年間、東京都市大学等々力中学高等学校非常勤講師を務める。
現在、鷹番ミュージカルシアター歌唱指導者、グループあい主宰。二期会、波の会日本歌曲振興会、各会員。

出演者:佐藤 美佳(さとう みか)さん(ピアノ)

PHOTO《プロフィール》
武蔵野音楽大学器楽学科(ピアノ)卒業。佐久間雅子、岡野寿子、奥平八重子、丸山徹薫、マックス・マルティン・シュタインの各氏に師事。在学中より主にサクソフォンとのアンサンブルに積極的に取り組み、力強いサポートには定評がある。ソリストとしても学内選抜の推薦コンサートに出演、同大学卒業後は家永音楽事務所主催の「新進ピアニストの夕べ」などに出演した。ソロリサイタルは1996年、2000年に津田ホールにて、2004年、2006年にサントリー小ホール(現ブルーローズ)にて開催。また東京や名古屋でシューベルト「冬の旅」や「白鳥の歌」全曲演奏会をバリトンと共演するなど声楽とのアンサンブルにも取り組み、2001年には作曲家・小橋稔氏の依頼により、銀座王子ホールで開催された「ひとりミュージカル」にて同氏の新作「きくざくら(菊桜)」をソプラノと初演発表した。2006年には、作曲家・別宮貞雄氏のCD「別宮貞雄管楽作品コレクション」のレコーディングに参加し「街の歌~アルト・サクソフォンとピアノのための組曲」「プティ・パストラル~フルートとピアノのための」の2曲を収録した。現在スリーシェルズより発売中。2008年より続けている東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者たちとの「みかさんと仲間たちの室内楽シリーズ」は毎回好評を博す。

※当日は、込み合うことが予想されますので、会場へはお早めにお越しください。
全席自由席で、開場は13:00を予定しています。

ページの先頭へ