トップページ > 協賛事業

協賛事業

※2013年度の協賛事業はホームページがリニューアルするまでの期間は携帯サイトでご案内します。
※協賛事業名の番号は申請順に振られています。

協賛事業スケジュール

2012年度の協賛事業はすべて終了いたしました。

・No82 クイズで学ぶ消費者力

日時

いつでもできます。

場所

インターネット上 クイズで学ぶ消費者力

主催

東京都・東京都生活協同組合連合会

内容

「契約」「悪質商法」「衣生活」「食生活」「住生活」の5つの各ジャンルに5問の問題が用意されています。どなたでも、いつでも、何度でもチャレンジできますので、ぜひ、お試しください。

参加費

無料

問合せ先

東京都生協連 TEL:03-3383-7800

No126 食の本当の豊かさとは

日時

2013年3月26日(火)13:30~

場所

東京都消費生活総合センター教室I,II

主催

新日本婦人の会東京都本部

内容

私たちの社会は戦後、驚くほど豊かになり便利・快適になってきました。しかしこの便利で快適な生活の「裏側」には多くの化学物質があることを忘れてはいけません。食品の世界においても同様です。楽に簡単に食事をすることができるのは「食品添加物」のおかげです。今日の豊かな生活の裏で私たちは何を得て、何を失ってきたのか。また失いつつあるのか。「食の危機」が叫ばれている現代、あらためて考えてみたいと思います。講師は「食の裏側」の著者、安部司さんです。

参加費

無料

問合せ先

新日本婦人の会東京都本部 豊島区南大塚2-33-10東京労働会館3F
TEL:03-5981-8675 FAX:03-5981-8676

・No125 包装技術のいま
~商品を手にする前に知っておきたい その3~アクセシブルデザインを中心に

日時

2013年3月25日(月)13:30~15:30

場所

東京都消費生活総合センター17F学習室C

主催

港区消費者の会、東京都地域消費者団体連絡会

内容

消費者が何気なく手にするひとつひとつの商品のパッケージには細部にわたって工夫がされています。高齢者や障害者にも扱いやすくすることは即ち、多くの人にとって扱いやすいということにつながります。アクセシブルデザイン等、今日の傾向と今後の課題をうかがいます。

参加費

無料

問合せ先

港区消費者の会 内藤(03-6807-1138)

・No124 借地問題セミナー&個別相談会

日時

2013年3月23日(土)13:00~16:00

場所

東京都生協連会館3F

主催

生活協同組合・消費者住宅センター

内容

<1部> 講演「更新料問題と借地の増改築について」細谷紫朗さん(東京都借地借家人組合連合会事務局長、生活協同組合・消費者住宅センター理事)
<2部>報告「住宅生協の実例紹介」高坂浩之さん(生活協同組合・消費者住宅センター建築事業部係長)

参加費

無料

問合せ先

生活協同組合・消費者住宅センター
TEL:0120-670-620、03-5340-0620 FAX:03-5340-0621 E-mail:info@iecoop.jp

・No123 包装技術のいま
~商品を手にする前に知っておきたい その2~紙

日時

2013年3月18日(月)13:30~15:30

場所

東京都消費生活総合センター15F学習室G

主催

西東京市消費者の会、東京都地域消費者団体連絡会

内容

贈り物の伝統的な紙技術に包まれた商品はいかにも高級そうです。また、果物売場の紙トレーは一見厚紙の様で高級ダンボールだったりします。包装の意図を理解すれば、さらに商品をより上手に選び利用することにつながります。日本包装管理士会の専門家に現場の報告を兼ねて、お話を伺います。講師は、日本包装管理士会の五十嵐誠さんです。

参加費

無料

問合せ先

西東京市消費者の会 奥田(042-421-7950)

・No108、109、110
脱原発!!人と未来の環境セミナー

日時

2013年1月26日(土)、2月11日(月・祭日)、3月16日(土)13:00~16:00

場所

東京都生協連会館

主催

生活協同組合・消費者住宅センター

内容

私たちの住んでいる地球は今、存続の危機に直面しています。私たち一人ひとりが地球温暖化の原因になっています。私たち一人ひとりが出来る解決策もあります。それは「知ること」「行動すること」「伝え広げること」
「脱原発へ 知らないと損をする!!」2013環境問題と太陽光発電の真常識
~ハチドリのひとしずく 今わたしにできること~
【講演内容】
・地球環境悪化の原因と対策
・原発推進派の大儀とは そしてエネルギー事情
・省エネから創エネへ 消費から投資へ
・太陽光発電の可能性 国内主要メーカーの長所と短所
・施工トラブル急増中! 優良施工と欠陥工事例
・全ての人が対象の全量買取制度とは?
・地球を救い、あなたも受けられる太陽の恵みを!!
講師は、内閣府認証特定非営利活動法人日本住宅性能検査協会公認(030220号)太陽光発電アドバイザーの森田秋彦さんです。
3回とも基本的には同じ内容ですが、3月16日の回には、設置者体験報告会を予定しています。

参加費

無料ですが、下記までお申込ください。

問合せ先

生活協同組合・消費者住宅センター
TEL:0120-670-620、03-5340-0620 FAX:03-5340-0621
E-mail:info@iecoop.jp 担当:小野

・No117、118 野菜の本当の美味しさを知ろう!

日時

No117→2013年3月13日(水)、No118→3月14日(木)10:00~12:30

場所

東京都多摩消費生活センター 調理実習室

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

「地産池消」と言われていますが、私たち消費者はどのように関わっていけばいいでしょうか?今回は多摩地域の生産農家の取り組みを紹介しながら、採れたての野菜の持ち味を活かした食べ方を紹介します。講師は多摩立川地域栄養士会の渡辺純子さんです。

参加費

無料ですが、申込が必要です。下記問い合わせ先に往復はがきに「必要事項(1)講座名(2)希望日(3)〒住所(4)氏名(ふりがな)(5)電話番号(6)託児を希望する場合は幼児の年齢・人数」を記入の上、ご郵送ください。

問合せ先

(申込先)〒190-0023東京都立川市柴崎町2-15-19東京都北多摩北部建設事務所3F
東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119

・No121 生命保険信託の活用例

日時

2013年3月11日(月)13:00~14:30

場所

東京都消費生活総合センター 学習室A

主催

NPO法人ら・し・さ

内容

自分亡き後に残された人に、安心できるかたちで財産を残したい。そんな願いに応える方法の一つが信託です。信託とは、財産を信頼できる人(信託銀行など)に預けて、預かった人がその財産を管理・処分して、その利益をあらかじめ決めた受益者(子など)に渡すしくみです。生命保険信託は、生命保険の死亡保険金を、信託のしくみを使って受益者となる人に渡すというものです。生命保険信託を導入している保険会社のご担当者に生命保険信託のしくみや実際に利用されている方の活用例をお話いただきます。

参加費

一般500円、らしさクラブ会員無料。お申込は3月6日(水)までに、下記問合せ先までお願いします。

問合せ先

NPO法人ら・し・さ TEL:03-5201-3793 ら・し・さのホームページからもお申込できます。

・No104 東京都多摩消費生活センター 消費者団体等連携講座
~遺伝子組換え食品から考える~ 自由に食品選択ができるために

日時

2013年3月8日(金)13:30~16:00

場所

東京都多摩消費生活センター 教室I,II

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

遺伝子組換え作物に約7割の方が不安を抱かれています。そのうち約90%が「健康への不安」を、約65%が「環境(生態系)への不安」を挙げています。(農林水産省が平成19年に行った意識調査より)東京都では国に先駆け消費者が遺伝子組換え食品を適切に選択できるよう、独自のマーク(ガイドライン)を定めています。遺伝子組換え食品を例に、適正な表示を行わせる権利を確保するため、消費者が自由に選択できるための食品表示について一緒に考えましょう。
第一部【貴重講演】遺伝子組換え食品について(生産状況、販売・流通状況、安全性、表示等)
講師:(株)日経BP社 特命編集委員 宮田満さん
第二部【パネルディスカッション】食品表示について
パネリスト:宮田満さん、天笠啓祐さん(市民バイオテクノロジー情報室代表)、神田敏子さん(元全国消費者団体連絡会事務局長)
コーディネーター:鈴木深雪さん(NPO法人子どものいのちを守る会副理事長)

参加費

無料ですが、お申込が必要です。
詳細は、東京くらしWEBまで。

問合せ先

東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764

・No105 失敗しない「不動産相続」

日時

2013年3月7日(木)10:30~12:00

場所

東京都多摩消費生活センター 教室I

主催

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会

内容

「仲の悪い兄弟が、家一軒をめぐって壮絶なバトル!その究極の分割対策とは?」「資産家なのに、収入はフリーター並み・・・それでも相続税はやって来る!その究極の資産防衛対策と、節税対策とは?」などの疑問にFPの下窪信一さんがお答えします。

参加費

1,500円

問合せ先

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会
TEL:042-660-0460(平日10:00~16:00) FAX:042-660-0463
E-MAIL:tamafp@lavan.jp

・No114 東京都生協連・地域生活研究所 協同組合を考える基礎講座1
協同組合への期待-市民活動の代表選手

日時

2013年3月6日(水)13:30~16:00

場所

東京都生協連会館3F会議室

主催

東京都生活協同組合連合会・財団法人地域生活研究所

内容

2012年は国連が定めた国際協同組合年でした。この国際協同組合年を機に、協同組合について改めて考えてみませんか?近年、営利企業でもなければ政府でもない第三の分野ともいえるNPOなどの市民活動分野への期待が高まっています。協同組合はその市民活動分野の代表選手とも言える存在です。明治大学大学院教授青山やすしさんをお招きし、様々な市民活動などを実践的に研究されている立場から協同組合への期待をお話していただきます。

参加費

無料

問合せ先

(財)地域生活研究所 三浦、秋山
TEL:03-3383-8292, FAX:03-3383-7840 E-Mail:office@chiikiseikatsu.org

・No122 包装技術のいま
~商品を手にする前に知っておきたい その1~ペットボトル

日時

2013年3月4日(月)13:30~15:30

場所

東京都消費生活総合センター17F学習室C

主催

杉並消費者の会、東京都地域消費者団体連絡会

内容

スーパーの陳列棚には様々な商品が並んでいます。消費者が何気なく手にする一つ一つの商品のパッケージには細部にわたって工夫がされています。包装の意図を理解すれば、さらに商品をより上手に選び利用することにつながります。日本包装管理士会の方に現場の報告を兼ねて、お話をうかがいます。今回はペットボトルのお話が中心です。講師は包装コンサルタントで日本包装管理士会の大濱健司さんです。

参加費

無料

問合せ先

杉並消費者の会、寺田(03-3399-3242)

・No115 ざっくばらんとーく2013
働く場を広げる!働き方を変える!~働き方・暮らし方のワークバランスを本音でトークしよう!~

日時

2013年3月2日(土)13:30~16:30

場所

東京都生協連会館3F

主催

中野区男女共同参画センター、東京都生協連男女平等参画推進連絡会

内容

第1部【基調講演】“ユニバーサル就労”・・・働く場を広げる!働き方を変える!
 講師:池田徹さん(生活クラブ風の村(社会福祉法人生活クラブ)理事長)
第2部【ワークショップ】
いくつかのグループに分かれて、参加者自身の現状の分析や評価をしながら、ワーク・ライフ・バランスに向けて、これからどのような行動をしていけばよいのか考えます。

参加費

無料

問合せ先

東京都生活協同組合連合会 那須・高橋
TEL:03-3383-7800 FAX:03-3383-7840 E-Mail:nasu@coop-toren.or.jp

・No113 平成24年度第3回消費者団体情報交流集会
高齢者と金融商品~高額な金融トラブルにあわないために~

日時

2013年3月1日(金)14:00~16:30

場所

東京都消費生活総合センター 教室I・II

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

高齢者にとっての金融商品との付き合い方、トラブルにあわないための消費者啓発のポイントなどを学びます。
第1部講演「複雑化する金融商品と高齢者」 前田俊之さん(ニッセイ基礎研究所金融研究部門取締役理事)
第2部パネルディスカッション
「金融トラブルにあわないための消費者啓発について」
コーディネーター:丹野美絵子さん(公益社団法人全国消費生活相談員協会理事長)
コメンテーター:前田俊之さん、伊藤隆さん(一般社団法人全国銀行協会相談室次長)、樋山昌子さん(東京都消費生活総合センター相談員)、金田和子さん(東都生活協同組合)

参加費

無料ですが、下記までお申込ください。

問合せ先

東京都消費生活総合センター活動推進課協働事業係
TEL:03-3235-4167、FAX:03-3235-1229

・No101 シンポジウム「消費者団体訴訟制度のこれまでと、これから」

日時

2013年2月27日(水)13:30~16:00

場所

主婦会館プラザエフ7F「カトレア」

主催

消費者庁

内容

消費者団体訴訟制度は、事業者の不当な勧誘や、不当な契約条項等について、国に認定された適格消費者団体が差止請求を行い、消費者被害の発生や拡大を防止する制度です。
「消費者笑劇場」「適格消費者団体活動報告」「パネルディスカッション」のプログラムで、みなさんといっしょに考えます。

参加費

無料

問合せ先

TEL:03-5212-3066 E-MAIL:webmaster@coj.gr.jp
お申込郵送先は
〒102-0085 東京都千代田区六番町15プラザエフ6F消費者機構日本内シンポジウム事務局
FAX:03-5216-6077

・No89 2012年度食の連続講座
私たちのくらしと食の情報 第2講「食品表示に求めるもの」

日時

2013年2月27日(水)10:00~12:30

場所

東京都生協連会館3F

主催

東京都生活協同組合連合会

内容

消費者庁が来年3月に向けて策定準備を進めている「食品表示の一元化法案」。これにより何が変わり、私たちのくらしにどう関わるのか。食品表示に求められるものは何かを考えます。講師は鬼武一夫さん(日本生協連安全政策推進室長)、コーディネーターは関澤純さん(NPO法人食品保健科学情報交流協議会理事長)です。

参加費

無料ですが、下記までお申し込みください。

問合せ先

東京都生活協同組合連合会
TEL:03-3383-7800 FAX:03-3383-7840

・No119 第21回食の安全都民フォーラム
あなたはどう考える?食品添加物とのつきあい方


日時

2013年2月26日(火)14:00~16:30

場所

東京都庁第一本庁舎 5F大会議場

主催

東京都研究安全研究センター

内容

食品添加物は食品の製造や加工に必要であったり、食品を長持ちさせる、色や香りを付ける等の目的で、様々な食品に使用されています。その一方で、食品添加物が健康に影響を及ぼすのでは、といった不安をお持ちの方もおいでかと思います。
今回のフォーラムでは、食品添加物の役割や安全性等について、様々な視点から考え、理解を深めます。
第1部 基調講演 「食肉製品の製造と食品添加物について」
 講師 坂田 亮一さん(麻布大学獣医学部動物応用科学科 教授)
第2部 食の安全調査隊活動報告
 食の安全に関心のある公募都民がグループ活動を通してテーマを選び、食の安全への認識を深めました。
第3部 パネルディスカッション「あなたはどう考える?食品添加物とのつきあい方」
 コーディネーター 峰 ひろみさん(首都大学東京法科大学院 教授)
 パネリスト 坂田 亮一さん(麻布大学獣医学部動物応用科学科 教授)、食の安全調査隊代表者 大石 太郎さん (東京大学 大学院農学生命科学研究科 特任研究員)、川崎 一平さん (味の素株式会社品質保証部 部長)、内閣府食品安全委員会(予定)

参加費

無料ですが、申込が必要です。詳細は、東京都健康安全研究センターのホームページで。

問合せ先

〒169-0073 新宿区百人町3-24-1
東京都健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報係
TEL:03-3363-3472(直通) FAX:03-5386-7427

・No112 平成24年度消費者啓発「出前寄席」新作発表会

日時

2013年2月26日(火)13:30~16:30

場所

東京都消費生活総合センター 教室I・II

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

東京都消費生活総合センターでは、消費者被害の未然防止を図るため、都内大学の落語研究会及び社会人ボランティアが、悪質商法の手口とその対応策を落語、漫才、コントで分かりやすく伝える「出前寄席」を実施しています。今年度の出前寄席のための落語、漫才の新作ができましたので、下記プログラムで発表会を開催します。
1.講演「最近の消費者問題」 弁護士 瀬戸和宏さん
2.新作の発表
・漫才「リフォーム詐欺の匠の企み」 出前寄席OB会
・漫才「投資詐欺!とうしよう?」 出前寄席ユニット アクトリー
・落語「子供だって騙される」 出前寄席OB会
・落語「あなたはどっち?騙す?騙される?」 凡じゅう亭・落語振興協会
・落語「身に覚えない請求書」 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会
3.プロの噺家による落語
落語家 瀧川鯉八(たきがわこいはち) 公益社団法人落語芸術協会所属

参加費

無料ですが、下記までお申込ください。

問合せ先

東京都消費生活総合センター活動推進課協働事業係
TEL:03-3235-4167、FAX:03-3235-1229

・No91 みんなで考えよう家族の食事

日時

2013年2月23日(土)14:00~16:00

場所

多摩市立永山公民館ベルブホール

主催

八王子市・町田市・日野市・多摩市・稲城市

内容

便利で手軽なレトルトや冷凍食品、早い・安い・うまいファストフード、様々な種類のサプリメント・・・近年、日本人の食生活は大きく変化しています。食と私たちのからだ、健康は密接につながっているもの。大切な人たちといつまでも健康にくらすために、食生活について今一度、考えてみませんか?講師は上岡美保さん(東京農業大学国際食料情報学部准教授)です。

参加費

無料

問合せ先

多摩市消費生活センター TEL:042-337-6610

・No120 「世界がもし100人の村だったら」池田香代子さんに学ぶ
消費行動が社会を変える

日時

2013年2月23日(土)14:00~15:30

場所

タワーホール船堀 大ホール

主催

江戸川区消費者センター

内容

「世界がもし100人の村だったら」の著者、池田香代子さんにご講演いただきます。地球環境・教育などについてグローバルな視点で活動している経験をもとに、身近な消費行動が社会を変えることについてお話しいただきます。ひとりひとりが認識を持って行動すれば、大きな力が生まれ、世の中が変わっていくことを家族や地域のみんなで学びましょう。

参加費

無料ですが、お申込が必要です。詳細は江戸川区のホームページでご確認ください。

問合せ先

江戸川区消費者センター TEL:03-5662-7635

・No99、100 中高年のための消費生活講座
第3回 終活のすすめ ~上手な遺言とエンディングノートの活用~

日時

No99→2013年2月19日(火)、No100→20日(水)14:00~16:00

場所

No99→東京都多摩消費生活センター No100→東京都消費生活総合センター

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

“終活”とは、自分らしいエンディングを考え、それを実現するために自分で行動すること。この講座では死後のトラブルを防ぐための遺言のほか、家族へのメッセージであるエンディングノート、そしてお墓の継承問題などについて考えます。講師は第一生命経済研究所研究開発室主任研究員の小谷みどりさんです。

参加費

無料

問合せ先

東京都消費生活総合センター TEL:03-3235-1157
東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119

・No97、98 中高年のための消費生活講座
第2回 老後はどこに住む?~高齢者向け住まいの上手な選び方~

日時

No97→2013年2月13日(水)、No98→18日(月)14:00~16:00

場所

No97→東京都消費生活総合センター No98→東京都多摩消費生活センター

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

介護が必要になったら、自分は今の住まいのままで良いのか。高齢期にも自分らしく生活していくためにライフスタイルに合った住まいを探す人が増えています。この講座では高齢期の生活に有効な各種住宅の知識と入居の際の注意点について学びます。講師は(財)高齢者住宅財団開発調査部次長の落合明美さんです。

参加費

無料

問合せ先

東京都消費生活総合センター TEL:03-3235-1157
東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119

・No87 第11回くらしフェスタ立川
今日の安全 明日の安心 ~あなたも私も責任者~

日時

2013年2月16日(土)、17日(日)10:00~16:00

場所

立川市女性総合センター・アイム

主催

くらしフェスタ立川実行委員会・立川市

内容

くらしに関連した講演会や体験コーナー、展示などを行います。

参加費

無料

問合せ先

立川市生活安全課消費生活センター係 TEL:042-528-6801

・No86 第11回くらしフェスタ立川
今日の安全 明日の安心 ~あなたも私も責任者~ 中村敦夫さん講演会「環境の時代」

日時

2013年2月16日(土)13:30~15:30

場所

立川市女性総合センター・アイム

主催

くらしフェスタ立川実行委員会・立川市

内容

大震災を体験した今、ますます「環境」がくらしのキーワードとなっています。再生可能、持続可能な環境をどう作り上げるか、俳優で作家の中村敦夫さんにうかがいます。

参加費

無料

問合せ先

立川市生活安全課消費生活センター係 TEL:042-528-6801

・No106、107 東京都多摩消費生活センターの啓発講座(食育講座)
地産地消で自給率の向上をめざす 国産大豆で豆腐を作ろう!

日時

2013年2月14日(木)、15日(金)13:30~16:00

場所

東京都多摩消費生活センター 調理実習室

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

豆腐の表示で「遺伝子組換え大豆は使っていません」というのを良く見かけますが、「遺伝子組換え大豆使用」というのはあまり目にしません。遺伝子組換え食品に関する表示のルールを知り“遺伝子組換えでない”国産大豆と“にがり”を使って豆腐を作ってみましょう。副産物として出る“おから”の利用方法もご紹介します。

参加費

無料ですが、両日とも、18名が定員ですので、お早めにお申込ください。
詳細は、東京くらしWEBまで

問合せ先

東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764

・No95、96 中高年のための消費生活講座
第1回 健康補助食品は必要か ~長く健康でいるために~

日時

No95→2013年2月12日(火)、No96→14日(木)14:00~16:00

場所

No95→東京都多摩消費生活センター No96→東京都消費生活総合センター

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

一定の年齢を超えると不足した栄養分を補うため“健康補助食品”を摂取する人が増加してきます。健康補助食品は本当に必要なのでしょうか。この講座では健康補助食品の基本的な役割とその知識などを学びます。講師は(公財)日本健康・栄養食品協会健康食品部長の今田修さんです。

参加費

無料

問合せ先

東京都消費生活総合センター TEL:03-3235-1157
東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119

・No116 東京地婦連ブロック会議2012 in きた

日時

2013年2月13日(水)13:00~15:30

場所

北とぴあ 7F 701会議室

主催

特定非営利活動法人東京都地域婦人団体連盟、
一般財団法人 全国婦人会館

内容

東京都地婦連では「地域の力で地球の未来を拓く」のテーマを掲げながら、消費者問題、高齢者問題、男女共同参画、平和、環境などさまざまな課題をテーマにブロック会議を開催しています。東日本大震災後、防災に備える意識は高まっています。地域の中での防災には消防団の活躍があります。今回は消防団で活躍する講師をお迎えし、お話を伺います。
(1)13:00~13:30 抗菌加工製品の現状 抗菌製品技術協議会専務理事
(2)13:30~15:30 女性と防災~身近にある女性消防団から~ 小澤浩子さん(北区赤羽消防団副団長)

参加費

無料

問合せ先

東京都地域婦人団体連盟
TEL:03-3407-2370 FAX:03-3400-5131 E-Mail:t-chifrn@ceres.ocn.ne.jp

・No94 これでスッキリ!!保険選びのポイント

日時

2013年2月7日(木)10:30~12:00

場所

東京都多摩消費生活センター 学習室

主催

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会

内容

入れば安心と思って加入したけれど、本当にこれでいいの?という方も、これから検討するにあたり、最初に注意すべきことは何?という方も、一緒にポイントチェックをしてみましょう。講師はCFPで1級ファイナンシャルプランニング技能士の岩崎史子さんです。

参加費

1,500円

問合せ先

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会
TEL:042-660-0460(平日10:00~16:00) FAX:042-660-0463
E-MAIL:tamafp@lavan.jp

・No62 八王子市消費生活フェスティバル

日時

2013年2月2日(土)10:30~17:00

場所

クリエイトホール5F(八王子市東町5-6)

主催

八王子市消費生活フェスティバル実行委員会、八王子市消費生活センター、八王子市消費生活啓発推進委員会

内容

壊れたおもちゃを直すおもちゃの病院、昔懐かしい今新しいお手玉遊び、図書館書籍のリサイクルなど楽しいイベント・展示がいっぱいです。

参加費

無料

問合せ先

八王子市消費生活センター TEL:042-631-5456

・No111 こうすればできる食品表示 ~消費者が期待する表示にするために~

日時

2013年2月1日(金)10:30~12:30

場所

東京都消費生活総合センター 教室I・II

主催

アクティ、東京都地域消費者団体連絡会

内容

消費者庁は食品表示一元化検討会を開催し、「食品表示一元化検討会報告書」をまとめました。その後パブリックコメント及び意見交換会も実施しましたが、今と内容的にはほとんどかわらないどころか、後退するかもしれません。どうすれば消費者が一目でわかりやすい表示に変えられるのか、お話を伺います。講師は、鈴鹿医療科学大学薬学部客員教授で、元食品表示一元化検討会委員の中村幹雄さんです。

参加費

無料

問合せ先

アクティ TEL:03-6671-2058(江木)、東京都地域消費者団体連絡会 E-mail:totisyoren@castle.ocn.ne.jp

・No75 へらさなきゃ消費者トラブル!アンケート調査

日時

1月31日(木)まで

場所

東京都生活協同組合連合会ホームページにて

主催

東京都生協連消費者行政連絡会

内容

2009年に消費者庁が発足しましたが、消費生活センター等への相談件数は年に100万件と横ばいであり、消費者被害額は年間3兆円にも上ると思われます。また、消費者相談窓口への相談は消費者トラブル全体の氷山の一角とも言われております。東京都生協連消費者行政連絡会では皆様にご協力をいただき、消費者トラブルの実態調査を進めることといたしました。
アンケート参加に際して、トラブル件数を集計しますので、複数のトラブルを経験されている場合は、お手数ですがそれぞれについて回答をお願いいたします。ご不明な点は下記問合せ先までご連絡ください。
アンケートフォームには、東京都生活協同組合連合会ホームページからアクセスできますので、ぜひ、ご協力ください。

参加費

無料

問合せ先

東京都生協連
TEL:03-3383-7800

・No88 2012年度食の連続講座
私たちのくらしと食の情報 第1講「食の広告に惑わされたことはありませんか?」

日時

2013年1月31日(木)10:00~12:30

場所

東京都生協連会館3F

主催

東京都生活協同組合連合会

内容

健康でありたいがために求めることが、逆に食の情報に惑わされている現実はないでしょうか。日々流れる広告や過剰宣伝の中の食の情報から何を得て、何に気をつけなければならないか。食品の安全と効果について考えます。講師は高橋久仁子さん(群馬大学教育学部家政専攻教授)、コーディネーターは、関澤純さん(NPO法人食品保健科学情報交流協議会理事長)です。

参加費

無料ですが、下記までお申し込みください。

問合せ先

東京都生活協同組合連合会 TEL:03-3383-7800 FAX:03-3383-7840

・No43 「食の安全調査隊」グループ活動 ~みんなで考えよう 食の安全~

日時

第1回2012年8月下旬、第2回10月下旬、第3回12月下旬、第4回2013年1月中旬

場所

新宿近辺、多摩地区(予定)

主催

東京都健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課

内容

「食の安全調査隊」は、食の安全について都民の皆様が行政担当者等とともに意見交換を行う場のひとつです。少人数のグループに分かれて行うため、打ち解けた雰囲気の中、各自が納得しながら活動を進められます。見学会や意見交換等を通じて、様々な立場からの意見に触れることで、食の安全に関する認識が深まります。
第1回 ガイダンス、ゲームを活用した意見交換 講師:堀口逸子さん(順天堂大学医学部公衆衛生学教室)
第2回 参加者によるテーマ選定と意見交換、ミニ講義
第3回 施設見学
第4回 参加者が決めたテーマで意見交換、まとめ
詳細は、東京都健康安全研究センターをご参照ください。

参加費

無料 ※すでに募集は終了しています。

問合せ先

〒169-0073 新宿区百人町3-24-1
東京都健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報係
電話 03-3363-3472(直通)ファクシミリ 03-5386-7427

・No92、93 地産地消で自給率の向上をめざす
~塩麹で地元の食材を知ろう!~

日時

2013年1月23日(水)、28日(月)13:30~16:00

場所

東京都多摩消費生活センター 実習室

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

身近で生産されている食材をご存知ですか?新鮮な地産食材の魅力を知り、もっと活用するための方法を一緒に学びましょう。お話・調理の講師は田口浩子さん(グループ・ベターライフ)です。

参加費

無料

問合せ先

東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119

・No36 学ぼう・みがこう消費者力 消費者力検定講座

日時

《第1回》2012年9月12日(水)
《第2回》9月26日(水)
《第3回》10月24日(水)
《消費者力検定》11月7日(水)、10日(土)10:00~12:00
《第4回》2013年1月23日(水)いずれも10:00~12:30

場所

東京都生協連会館 3F

主催

東京都生協連消費者行政連絡会

内容

多様化した消費者問題やトラブルなどに対処するためにも、正しい知識を学び、身につけ、自立した消費者となれるよう消費者力をみがきましょう。日本消費者協会の方を講師に悪質商法、契約、衣食住等くらしに結びついたテーマを学び、「消費者力検定」を受検することを目指します。

参加費

組合員は無料(非組合員は1,000円)テキスト代(2,000円)、検定料(希望者のみ2,800円)申込は下記問合せ先まで(申込締め切り8月31日(金))

問合せ先

東京都生協連 担当 那須・川延TEL:03-3383-7800、FAX:03-3383-7840

・No102 耐震セミナー

日時

2013年1月19日(土)13:00~16:00

場所

東京都生協連会館3F

主催

生活協同組合・消費者住宅センター

内容

1部 特別報告「東日本大震災」宮城県南三陸町東京災害ボランティアネットワーク参加 小野清(生活協同組合・消費者住宅センター総務部 総合推進マネージャー)
2部 講演「木造住宅の耐震について」 高坂浩之(生活協同組合・消費者住宅センター建築事業部係長)

参加費

無料

問合せ先

生活協同組合・消費者住宅センター
TEL:0120-670-620、03-5340-0620 FAX:03-5340-0621

・No103 新宿区委託消費者講座 マンション管理の問題点
~建物の維持、修繕等について~

日時

2013年1月16日(水)13:30~15:30

場所

新宿消費生活センター分館

主催

新宿区消費者団体連絡会・新宿区

内容

マンション管理アドバイザーから、マンションの修繕・管理・トラブルに関する知識を学びます。

参加費

無料

問合せ先

新宿区消費生活センター TEL:03-5273-3834

・No79 介護で困らない為介護の基礎知識

日時

2013年1月10日(木)10:30~12:00

場所

東京都多摩消費生活センター 学習室

主催

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会

内容

「もしも家族の誰かが介護状態になったらどうすればいいの?」、「誰に相談すればいいの?」などの疑問に、ケアマネージャーでファイナンシャル・プランナーの井上希三志さんがお答えします。

参加費

1,500円

問合せ先

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会
TEL:042-660-0460(平日10:00~16:00) FAX:042-660-0463
E-MAIL:tamafp@lavan.jp

・No74 脱原発と地球温暖化対策

日時

2012年12月15日(土)13:00~16:00

場所

東京都生協連会館3F

主催

生活協同組合・消費者住宅センター

内容

講演テーマは「脱原発と地球温暖化対策」で、原発のリスクと日本のエネルギー事情、地球環境悪化と温暖化の現実などについてお話します。講師は森田秋彦さん(㈱インターナショナル・エコ・フレンドリー顧問)です。

参加費

無料

問合せ先

生活協同組合・消費者住宅センター
TEL:0120-670-620、03-5340-0620 FAX:03-5340-0621

・No84 借地問題セミナー

日時

2012年12月12日(水)18:30~20:30

場所

東京都生協連会館3F

主催

生活協同組合・消費者住宅センター

内容

第1部 講演「更新料問題と借地の増改築について」
講師: 細谷紫朗さん(東京借地借家人組合連合会事務局長 生活協同組合・消費者住宅センター理事)
第2部 報告「住宅生協の実例紹介」
講師: 高坂浩之さん(生活協同組合・消費者住宅センター建築事業部係長)

参加費

無料

問合せ先

生活協同組合・消費者住宅センター
TEL:0120-670-620, 03-5340-0620 FAX:03-5340-0621

・No81 消費生活講座 買い物のカタチは変わったのか?!
~インターネット通販のかしこい利用術~

日時

2012年12月12日(水)14:00~15:30

場所

東京ウィメンズプラザホール

主催

東京都消費生活総合センター活動推進課

内容

インターネットはもはや、全国・老若男女、すべての人々の生活ツールとなっています。インターネット通販も一部の世代の洋服や雑貨といったものにとどまらず、生鮮食品から日用雑貨、車に至るまでさまざまなものが買えるようになりました。きちんと使えば、生活にゆとりも生まれる便利なインターネット通販。トラブルなく使えるようにするには、何に気をつけたらよいのか、事例をもとにお話しいただきます。講師は公益社団法人日本通信販売協会消費者相談室長の八代修一さんです。

参加費

無料

問合せ先

東京都消費生活総合センター活動推進課 TEL:03-3235-1157

・No80 消費者問題連続口座【PART2】~消費者運動の可能性~

日時

2012年12月5日(水)、12月10日(月)14:00~16:00

場所

東京都多摩消費生活センター

主催

東京都消費生活総合センター活動推進課

内容

消費者の権利を侵害するような状況は最近になって、顕著に見られるようになってきています。こうした状況に対して、消費者の側からも積極的に自らの権利を確保する動きが必要となっています。そこで消費者運動の可能性について考えます。講師は早稲田大学法学学術院教授の土田和博さんです。

参加費

無料

問合せ先

東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119 FAX:042-527-0764

・No60 新宿区消費生活シンポジウム 魚介類汚染!!~安全な選択と食べ方~

日時

2012年12月7日(金)13:00~16:00

場所

新宿区立産業会館(BIZ新宿)

主催

新宿区、新宿区消費生活展準備会

内容

第1部 基調講演
「魚介類汚染の実態~微量有害物質、放射性物質~」
講師:小野塚春吉さん(日本科学者会議公害環境問題研究委員会委員、
日本環境学会前副会長、元東京都健康安全研究センター主任研究員)
第2部 パネルディスカッション
コーディネーター:蓮尾隆子さん(家庭栄養研究会・月刊「食べもの通信」副会長・編集委員)
パネリスト:小野塚春吉さん、宮村光重さん(日本科学者会議食糧問題研究委員会、日本女子大学名誉教授)、
森田貴己さん(農林水産省水産庁増殖推進部研究指導課水産研究専門官)、
鍋島照子さん(新宿区消費者団体連絡会会長)

参加費

無料

問合せ先

新宿区立新宿消費生活センター TEL:03-5273-3834 FAX:03-5273-3110

・No65 ~「知らなかった!!」で損しないために!?~ 定年準備のabc

日時

2012年12月6日(木)10:30~12:00

場所

東京都多摩消費生活センター 教室I

主催

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会

内容

定年退職を予定されている方に、退職前後に必要となる諸手続きや、定年退職後の生きがい、健康保険、年金、資産運用などの心配ごとをわかりやすく解説し、不安のない、生き生きとしたセカンドライフがおくれるようなお手伝いを致します。

参加費

1,500円

問合せ先

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会
TEL:042-660-0460(平日10:00~16:00) FAX:042-660-0463
E-MAIL:tamafp@lavan.jp

・No90 東京地婦連ブロック会議2012 in かつしか

日時

2012年12月4日(火)13:00~15:00

場所

葛飾区ウイメンズパル 1Fホール

主催

特定非営利活動法人東京都地域婦人団体連盟

内容

東京地婦連では「地域の力で人と地球の未来を拓く」のテーマを掲げながら、消費者問題、高齢者問題、男女共同参画、平和、環境などさまざまな課題をテーマにブロック会議を開催しています。今回は日本貸金業界から講師をお招きし、最近のお金にまつわる貸金業界の様子を理解しながら、消費者被害に遭わないための知識を学習したいと思います。「消費者被害に遭わないために~カードの危ない話」をテーマに日本貸金業協会貸金業相談紛争解決センター部長の島貫正人さんにお話をうかがいます。

参加費

無料ですが、下記までお申し込みください。

問合せ先

特定非営利活動法人東京都地域婦人団体連盟
TEL:03-3407-2370 FAX:03-3400-5131
t-chifrn@ceres.ocn.ne.jp

・No70 トクホと健康食品を考える~「体に良い」っていわれるけれど?~

日時

2012年12月3日(月)14:00~16:30

場所

東京都消費生活総合センター 教室I,II

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

第1部 講演 「健康食品」等の宣伝広告の問題性
講師:高橋久仁子さん(群馬大学教育学部教授)
第2部 パネルディスカッション 「健康食品」等を考える
コーディネーター:蓮尾隆子さん(家庭栄養研究会顧問)
コメンテーター:高橋久仁子さん、西尾由美子さん(東京都生活文化局消費生活部取引指導課表示指導係長)、菊地範昭さん(公益財団法人日本健康・栄養食品協会)、高須光代さん(NPO法人東京都地域婦人団体連盟)

参加費

無料

問合せ先

東京都消費生活総合センター活動推進課協働事業係
TEL:03-3235-4167 FAX:03-3235-1229

・No72 サッサと解決!財産・生活上のトラブル

日時

2012年12月3日(月)13:30~16:30

場所

東京都消費生活総合センター16F 学習室A

主催

NPO法人関東シニアライフアドバイザー(SLA)協会

内容

賃貸、リフォーム、交通事故、多重債務、過払い金返還などの民事調停の説明と模擬調停。
終了後、個別相談会(無料)も行います。
個別相談をご希望される方は、往復はがき又はFAXに住所・氏名・TELを記載の上、相談の概要を記入し、下記問合せ先までお送りください。

参加費

無料

問合せ先

NPO法人関東SLA協会
TEL:03-3495-4283 FAX:03-3495-4342
目黒区目黒2-10-5 ライオンズマンション目黒第2-101

・No78 2012東京母親大会

日時

2012年12月2日(日)10:10~16:30

場所

サンパール荒川(荒川区民会館)

主催

東京母親大会実行委員会

内容

《全体会》記念講演 10:10~12:05 大ホール
輝け!いのち 生かそう憲法 講師:小森陽一さん(東京大学大学院教授)
■特別分科会(分科会の時間は13:45~16:30)
原発ゼロ、自然エネルギー社会へ 私たち主権者にできること
■第1分科会
かくもおかしき日本のメディア
■第2分科会
消費税増税・社会保障一体改革で私たちの暮らしはどうなるの?
■第3分科会
海南友子さんと人生をトーク
■第4分科会
今こそ“いのち”を見つめよう!-人権の視点から-
■第5分科会
“いじめ”を考える
■第6分科会
「平和って何?」「平和を実感してますか?」-空襲の実相を知って、平和を語ろう!-

参加費

参加協力会員券 1日2,000円、午後のみ1,500円

問合せ先

東京母親大会実行委員会
TEL:03-3230-1734 FAX:03-3230-1653

・No83 レジ袋辞退調査結果報告と意見交換会

日時

2012年11月26日14:00~16:30

場所

東京都消費生活総合センター 16F学習室A

主催

東京都地域消費者団体連絡会、レジ袋減量ネットワーク

内容

レジ袋辞退調査結果報告と意見報告会

参加費

無料

問合せ先

totisyoren@castle.ocn.ne.jp

・No46 多摩消費生活センター消費者問題連続講座

日時

第1回2012年9月24日(月)、第2回10月1日(月)、第3回10月10日(水)、第4回10月15日(月)、第5回10月22日(月)、第6回10月31日(水)、第7回11月5日(月)、第8回11月12日(月)、第9回11月19日(月)、第10回11月26日(月)すべて、14:00~16:00です。

場所

東京都多摩消費生活センター 教室I・II

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

講師は全て立教大学法学部名誉教授舟田正之さんです。正田彬著「消費者の権利」を題材に、消費者が安心して生活するための土台に関することや、身近に転がっている消費者の利益侵害事例を解き明かします。テーマは、第1回「消費者の地位・権利は、いま その1消費者の地位を考える」第2回「消費者の地位・権利は、いま その2『消費者の権利』という考え方」第3回「消費生活の安心・安全・自由の権利-市民社会の基本原則と消費者の権利-」第4回「商品・サービスを正確に表示させる権利」第5回「市場と消費者-価格決定をめぐって-」 第6回「市場と消費者 その1市場支配力の形成を阻止する」第7回「市場と消費者 その2公正な競争を阻害しないために」第8回「市場と消費者 その3公共事業への規制をどう考えるか」第9回「情報化社会の中の消費者-情報の提供を受ける権利をどう確立するか-」第10回「消費者に何ができるか 訴訟による権利の具体化-団体訴権と集団的損害賠償請求訴訟」

参加費

無料ですが、お申し込みが必要です。FAX、はがきでお申し込みの場合は、以下の内容を記載してください。(1)講座名(2)住所(3)氏名(ふりがな)(4)年代(5)電話番号(6)職業(7)団体名(団体に所属されている場合)(8)託児(1歳以上就学前)を希望する場合は幼児の名前・年齢(9)応募の動機 
詳細は、東京くらしWEBをご覧ください。

問合せ先

〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19東京都北多摩北部建設事務所3F
東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119

・No69 第41回目黒区消費生活展

日時

2012年11月23日(金)10:00~16:00、24日(土)10:00~15:30

場所

目黒区民センター

主催

目黒区消費生活展実行委員会・目黒区

内容

テーマは「『命』を守ろう 真の安全安心をもとめて」です。区内消費者グループのパネル展示発表コーナーをはじめ、消費生活について楽しみながら、安全な暮らしを送るための知識を学んでいただきます。詳細は第41回消費生活展ホームページで

参加費

無料

問合せ先

目黒区消費生活センター
TEL:03-3711-1133 FAX:03-3711-5297

・No77 シンポジウム「消費者行政の機能強化と国民生活センターのこれから」

日時

2012年11月19日(月)14:00~16:30

場所

主婦会館プラザエフ 5F

主催

全国消費者団体連絡会、東京消費者団体連絡センター

内容

内閣府に置かれた「国民生活センターの国への移行を踏まえた消費者行政の体制の在り方に関する検討会」では、消費者行政全体の機能強化を目指した検討が進められ、8月に報告書が取りまとめられました。国民生活センターについては「特別な機関」として消費者庁に移行することを有力な考え方としています。
今回のシンポジウムでは、検討会報告の内容について理解を深め、消費者行政の機能強化と国民生活センターのこれからについて大いに意見交換し、消費者行政の充実・強化につなげていきます。

参加費

無料

問合せ先

全国消費者団体連絡会 TEL:03-5616-6024(依光)
東京消費者団体連絡センター TEL:03-3383-7991(橋本)

・No73 太陽光発電シンポジウム

日時

2012年11月18日(日)13:00~16:00

場所

東京都生協連会館3F

主催

生活協同組合・消費者住宅センター

内容

講演「脱原発!なぜ、今太陽光発電なのか!?」講師は森田秋彦さん(㈱インターナショナル・エコ・フレンドリー顧問)です。太陽光発電設置者による体験報告会もあります。

参加費

無料

問合せ先

生活協同組合・消費者住宅センター
TEL:0120-670-620、03-5340-0620 FAX:03-5340-0621

・No67 第11回食の安全・安心懇談会 家族を襲う食中毒

日時

2012年11月16日(金)14:30~16:30

場所

勤労福祉会館3F大会議室

主催

中野区食品衛生推進員会議、中野区保健所(事務局)

内容

「家族を襲う食中毒」をテーマに国立医薬品食品衛生研究所食品衛生管理部第一室長の五十君靜信(いぎみしずのぶ)さんにご講演いただきます。

参加費

無料

問合せ先

TEL:03-3382-6664
seikatukankyo@city.tokyo-nekano.lg.jp

・No71 江戸川区消費生活展 eくらしフェスタ

日時

2012年11月12日(月)10:30~15:30

場所

グリーンパレス5F

主催

江戸川区消費者センター、江戸川区登録消費者団体

内容

eくらしフェスタは、区内の消費者団体などが、日ごろの活動やくらしに役立つ情報を広く発信するイベントです。ファッションショーや体験コーナー、セミナーや相談会など楽しいイベントがいっぱい!詳細は、江戸川区eくらしフェスタをご覧ください。

参加費

無料

問合せ先

江戸川区消費者センター TEL:03-5662-7635

・No76 学習会「集団的消費者被害回復に係る訴訟制度」の創設をめざして

日時

2012年11月9日(金)13:20~14:20

場所

東京都消費生活総合センター教室I,II

主催

東京消費者団体連絡センター

内容

消費者被害が後を絶たず、悪質・多様化してきていますが、同種被害も多発しています。個人が訴訟等で被害回復することが困難な中、国の認定を受けた消費者団体が、個人に代わって被害回復の訴えが出来る新たな訴訟制度の準備が行われています。「集団的消費者被害回復に係る訴訟制度に関する法律案(仮称)」です。新たな訴訟制度の内容と必要性について理解を進め、課題を克服して早期創設が実るよう、応援の学習会を開催します。
消費者庁消費者制度課係長の宗宮英恵さんに「集団的消費者被害回復に係る訴訟制度」についてお話を伺います。質疑応答・意見交換の時間も設けますので、ぜひ、ご参加ください。

参加費

無料

問合せ先

東京消費者団体連絡センター
TEL:03-3383-7991(橋本)

・No51 バス見学会 私たちのゴミの行き着く先は?~燃やしてもなくなりません!

日時

2012年11月8日(木)8:50集合、16:00頃解散

場所

立川駅南口JA東京あぐり前集合(出発は9:00、時間厳守)

主催

多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク

内容

東京都日の出町に二ツ塚処分場があります。ここが多摩のほとんどの市町のゴミの最終処分場です。日頃なにげなく出しているゴミはどうなるのか?また放射性物質の影響はどうなのか?現場で聞いて、確かめてみませんか?行き先は東京たま広域資源循環組合・二ツ塚処分場です。

参加費

2,000円(昼食代1,000円含む。当日受付時に徴収します。)
申込受付は9/28(金)が締め切りですが、定員(45名)に達し次第、終了します。

問合せ先

多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク
TEL:090-8720-0181(五十嵐)
E-Mail:chiko1756@hotmail.com

・No55 手前味噌を作ろう!

日時

2012年11月7日(水)9:30~12:30

場所

東京都多摩消費生活センター調理実習室

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

発酵食品として日本人に一番なじみ深いお味噌。自分で作るとまた格別です。今話題の塩麹を使って漬けた鶏肉と漬物をいただきながら、今の食生活について考えてみませんか?
大豆と麹と塩を使ってお味噌を作ります。お味噌はお持ち帰りいただき、お家で熟成させます。日本の発酵食品の良さを見直しましょう。講師は田巻佑視衣さん(冬虫夏草代表)です。
※筆記用具、エプロン、三角巾、タオル、味噌持ち帰り用袋(ジッパー付のもの)

参加費

無料

問合せ先

〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19東京都北多摩北部建設事務所3F
東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119 、FAX:042-527-0764
お申込は、往復はがきに(1)手前味噌を作ろう!(2)11/7(水)(3)〒住所(4)氏名(ふりがな)(5)電話番号を記入の上郵送してください。(10/17(水)消印有効)

・No61 第8回食べて遊んで 得!とく!センターまつり

日時

2012年11月3日(土)11:00~14:00

場所

東都生協城西センター(板橋区坂下1-33-8)

主催

東都生活協同組合 城西センター

内容

産直野菜の販売、手作りコーナー、防災コーナー、ゲームコーナーなど、家族みんなで楽しめるイベントがいっぱいです。

参加費

無料

問合せ先

東都生協城西センター TEL:03-5994-2715 (月~金9:00~17:00)

・No21 連続講座 あぐりフレンズ東京《東京の農業を知る》~都市農業と食とくらし~ 第3回東京都農業祭見学

日時

第1回2012年11月2日(金) 午後(詳細は後日)

場所

明治神宮(詳細は後日)

主催

JA東京中央会・東京都生活協同組合連合会

内容

東京にも多くの畑があり、都市住民に新鮮で安全な農産物を供給しています。生産者の高齢化、後継者難、相続、近隣との関係等大きな課題を抱えつつも東京で農業を続けている生産者の方にお話を伺い、食と農の関わりと食の大切さを考えます。
第3回《東京都農業祭見学》東京都内(島しょも含む)の農産物が一堂に会します。展示・販売のほか、ステージでパフォーマンスもあります。出品された農産物の説明を聞きながら見学します。

参加費

無料

問合せ先

東京都生活協同組合連合会(那須、川延)TEL:03-3383-7800

・No49 中野区消費生活展2012

日時

2012年10月31日(水)10:00~17:00、11月1日(木)9:00~16:00

場所

中野区役所1Fロビー

主催

中野区消費生活展実行委員会

内容

参加団体が「食」と「環境」のグループに別れ、展示を行います。メインテーマは「いのちとくらしをまもる」、サブテーマは「聞こう!話そう!生活の知恵」で、区民とともに考える機会とします。

問合せ先

中野区消費生活センター 長屋
TEL:03-3389-1191 FAX:03-3389-1199
E-MAIL:shohiseikatusenta@city.tokyo-nakano.lg.jp

・No59 豊かなシニアライフを迎えるために!!~今から知っておきたい5つのキーワード!?~

日時

2012年11月1日(木)10:30~12:00

場所

東京都多摩消費生活センター教室I

主催

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会

内容

介護、住まい、資産運用(管理)、相続、贈与について、これらの各々のポイントを抑えつつも、バラバラではなく相互に関連付けながら体系的に説明します。また、遺言書だけでは不足しがちな課題についての対応策(家族信託)についてもお話しします。講師は、価値生活研究所代表でファイナンシャルプランナーの井上信一さんです。

参加費

1,500円

問合せ先

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会
TEL:042-660-0460(平日10:00~16:00) FAX:042-660-0463
E-MAIL:tamafp@lavan.jp

・No54 “男”の食育講座 手前味噌を作ろう!

日時

2012年10月31日(水)9:30~12:30

場所

東京都多摩消費生活センター調理実習室

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

発酵食品として日本人に一番なじみ深いお味噌。自分で作るとまた格別です。今話題の塩麹を使って漬けた鶏肉と漬物をいただきながら、今の食生活について考えてみませんか?
大豆と麹と塩を使ってお味噌を作ります。お味噌はお持ち帰りいただき、お家で熟成させます。日本の発酵食品の良さを見直しましょう。講師は田巻佑視衣さん(冬虫夏草代表)です。
※筆記用具、エプロン、三角巾、タオル、味噌持ち帰り用袋(ジッパー付のもの)

参加費

無料(男性の方を優先します)

問合せ先

〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19東京都北多摩北部建設事務所3F
東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119 、FAX:042-527-0764
お申込は、往復はがきに(1)手前味噌を作ろう!(2)10/31(水)(3)〒住所(4)氏名(ふりがな)(5)電話番号を記入の上郵送してください。
(10/17(水)消印有効)

・No85 消費者月間記念講演会「新世代リサイクルエネルギーへの挑戦」

日時

2012年10月30日(火)13:30~15:30

場所

三鷹市消費者活動センター3F

主催

くらしフェスタinみたか、第42回みんなの生活展実行委員会・三鷹市

内容

三鷹光器は、天文機器、宇宙開発、医療機器などで世界的技術を持つ三鷹の会社です。NASAのスペースシャトルに搭載されたカメラでも有名な町工場の巨人が、太陽光発電の数倍のエネルギーを産出する「太陽熱発電」に取り組んでいます。
今、自然エネルギーの活用が見直され、世界が注目する「三鷹発の技術」をわかりやすく説明いただきます。講師には中村勝重さん(三鷹光器(株)代表取締役社長)をお迎えします。

参加費

無料

問合せ先

三鷹市消費者活動センター TEL:0422-43-7874

・No44 第40回北区消費生活展

日時

2012年10月27日(土)10:00~16:00、28日(日)10:00~15:30

場所

北とぴあ地下1F展示ホール

主催

北区消費生活展実行委員会・北区

内容

作品の展示やコンサート等で、北区消費者団体の日頃の成果を発表します。
消費生活展40周年記念コンサート(10月27日13:30~14:30)も行います。

参加費

無料

問合せ先

北区消費生活センター TEL:03-5390-1239 担当:北村、印南

・No26 すみだ消費生活展2012

日時

2012年10月27日(土)13:00~16:00、28日(日)10:00~15:00

場所

すみだリバーサイドホール2Fイベントホール

主催

「すみだ消費生活展2012」実行委員会・墨田区

内容

一般区民を対象とし、消費生活の向上や安全で豊かな暮らしの実現を図ることを目的に、消費者団体の成果発表や官公署等の事業PRを行います。

参加費

無料

問合せ先

墨田区産業観光部生活経済課消費者勤労福祉担当内 担当:高橋
TEL:03-5608-6184 FAX:03-5608-6934

・No52 平成24年度 足立区消費生活展

日時

2012年10月27日(土)10:00~16:00、28日(日)10:00~15:00

場所

エルソフィア(足立区梅田7-33-1)

主催

足立区、足立区消費者友の会

内容

区内消費者団体、生活関連企業、官公庁等による消費生活に役立つパネル展示やグッズの配布など。足立区産野菜の販売や講座、料理教室なども開催し、区民に消費者センターの存在を広め、賢い区民になるための情報を発信します。

参加費

無料

問合せ先

足立区消費者センター濱田
TEL:03-3880-5385 FAX:03-3880-0133
E-mail:sho-cen@city.adachi.tokyo.jp

・No64 消費者のための賢い住宅リフォーム講座 さあー、やってみよう!リフォームで始めるエンジョイ・ライフ

日時

2012年10月26日(金)13:30~16:00

場所

東京都消費生活総合センター学習室A

主催

NPO消費者住宅フォーラム、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会、公益財団法人東京都防災・建築まちづくりセンター

内容

「賢いリフォームの進め方と業者の選定方法について」「公的支援策による安心・快適・節約リフォームの実現」「太陽光発電や地震対策の有効な取り組み法など」講師には、国土交通省住宅局住宅生産課係長の竹之内秀一さん、NPO消費者住宅フォーラムの矢野方雄さん(理事長)、安部守さん(理事・一級建築士)です。

参加費

参加希望者は、氏名・住所・電話番号、10/26開催のセミナー参加希望の旨をお書きの上、下記問合せ先のFAX(03-3324-5020)、電話(03-5466-2474→受付:[公財]東京都防災・建築まちづくりセンター)、URL(http://www.npo-sjf.com)からお申し込みください。

問合せ先

消費者住宅フォーラム
TEL:03-3324-5020 FAX:03-6315-6944
http://www.npo-sjf.com

・No68 都民のための「おくすり講座」知っておきたい薬の知識-市販薬と上手に付き合うために-

日時

2012年10月23日(火)14:30~15:30

場所

東京都庁 都議会議事堂1F 都民ホール

主催

東京都健康安全研究センター

内容

市販薬の種類や販売制度など薬に関する基礎知識のほか、市販薬を使用するときの注意点など市販薬と上手に付き合うためのポイントを解説します。講師は社団法人東京都薬剤師会常務理事の一瀬信介さんです。

参加費

無料。申込は不要ですので、当日会場にお越しください。

問合せ先

東京都健康安全研究センター
企画調整部健康危機管理情報課食品医薬品情報係
TEL:03-3363-3472

・No30 第40回港区消費生活展

日時

2012年10月20日(土)11:00~17:00、21日(日)10:00~15:30

場所

港区立消費者センター

主催

港区、港区消費生活展実行委員会

内容

暮らしのポスターコンクール応募作品、参加団体のパネル展示などでみなさまのお越しをお待ちしています。

参加費

無料

問合せ先

港区立消費者センター
TEL:03-3456-4159 FAX:03-3453-0458
担当:高佐

・No31 第40回港区消費生活展 記念講演

日時

2012年10月21日(日)10:00~12:00

場所

港区立消費者センター

主催

港区、港区消費生活展実行委員会

内容

鎌仲ひとみさん(映画監督)による講演と映画の上映

参加費

無料

問合せ先

港区立消費者センター
TEL:03-3456-4159 FAX:03-3453-0458
担当:高佐

・No29 大田区生活展 希望 生きる力を育てよう

日時

2012年10月20日(土)、21日(日) 10:00~15:30

場所

大田区立消費者生活センター

主催

第40回大田区生活展実行委員会・大田区

内容

消費者団体による展示・講座、消費者クイズ、おもちゃ病院、ごみ減量リサイクルポスター展、こどもフリーマーケットなど、楽しい催し物を用意していますので、ご家族みなさまでお出かけください。

参加費

無料

問合せ先

大田区立消費者生活センター
TEL:03-3736-7711 FAX:03-3737-2936

・No57 西東京市消費生活展 あしたのために考えよう・・・私たちの暮らし

日時

2012年10月19日(金)10:00~16:30、20日(土)10:00~16:00

場所

西東京市消費者センター

主催

西東京市

内容

共同発表「電気を考える」、参加12団体の活動内容の発表・展示、地産地育のとれたて地場野菜の販売、郷土の味「団子汁」試食会、講習会「鍋帽子をつくろう」、おちゃわんリサイクル(不要食器回収)など。

参加費

無料

問合せ先

西東京市消費者センター TEL:042-425-4141

・No66 食の未来づくりフェスタ2012

日時

2012年10月13日(土)10:00~15:30

場所

五反田TOCビル13F

主催

東都生活協同組合

内容

食の未来づくり運動に取り組む東都生協が開催する、年に1度のお祭りです。今年は国際協同組合年を記念しての企画です。産地・メーカーとの交流や楽しく学べる食育などを通して「食の未来」を考えるきっかけにしませんか?
120を超える産地・メーカーが出店。復興応援企画として岩手・宮城・福島の物産展。楽しみながら子どもと学べる食育企画。新鮮な産直野菜やこだわりの商品がいっぱいです。その他大抽選会などお楽しみ企画も盛りだくさんです。

参加費

無料

問合せ先

東都生協組織運営部
TEL:03-5374-4756 URL:http://www.tohto-coop.or.jp

・No56 西東京市消費生活展 あしたのために考えよう・・・私たちの暮らし
講演と映画上映会

日時

2012年10月11日(木)13:30~16:00

場所

コール田無

主催

西東京市

内容

講演と映画上映会で、映画は「内部被ばくを生き抜く」、講演会講師は鎌仲ひとみさん(映画監督)です。

参加費

無料

問合せ先

西東京市消費者センター TEL:042-425-4141

・No47 介護保険の話~介護は他人事ではありません!?~

日時

2012年10月4日(木)10:30~12:00

場所

東京都多摩消費生活センター 教室I

主催

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会

内容

65歳以上の約6人に1人は要介護者と言われる今日、介護は「する側」「される側」双方にさまざまな負担が生じます。セミナーでは公的介護保険の仕組みについてわかりやすくお話します。先ほど施行された平成24年介護保険法改正についてもお話します。

参加費

1,500円

問合せ先

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会
TEL:042-660-0460(平日10:00~16:00) FAX:042-660-0463
E-MAIL:tamafp@lavan.jp

・No63 都民クラブ防災学習会2012年「そなエリア東京」防災体験学習施設見学と防災学習会

日時

2012年10月2日(火) 11:00~15:00(集合10:45)

場所

「そなエリア東京」(江東区有明3-8-35)正面入り口に集合(10:45)

主催

都民クラブ

内容

1.施設見学 1F防災体験ゾーン(約30分)→ 2F防災学習ゾーン(約30分)→映画鑑賞など
2.講演 講師は社団法人エルピーガス協会の事務局長 木股一さん、技術委員会 清水洋一さん

参加費

無料

問合せ先

渋谷区渋谷1-17-7
全国婦人会館内特定非営利活動法人東京都地域婦人団体連盟気付 都民クラブ
TEL:03-3407-2370 FAX:03-3400-5131

・No58 放射性物質と水産物の安全性について~消費者との意見交換会~

日時

2012年9月25日(火)13:30~16:20

場所

大手町合同庁舎第3号館 2F共用会議室

主催

東京消費者団体連絡センター、関東農政局東京地域センター

内容

基調講演「放射性物質と水産物の安全性について」森田貴己さん(水産庁増殖推進部研究指導課 研究管理官)
JF全漁連の取組 「福島県の水産物の実状と課題・取組み」大森敏弘さん(全国漁業協同組合連合会 参事役)
JF全農福島の取組 「福島県の農産物の実状と課題・取組み」東瀬英治さん(全国農業協同組合連合会福島県本部園芸部 東日本園芸販売事務所長)
意見交換 参加者の皆さんと意見交換します。

参加費

無料

問合せ先

東京消費者団体連絡センター 矢野、橋本
TEL:03-3383-7991 FAX:03-3383-7840
E-mail:hashimoto@coop-toren.or.jp

農林水産省関東農政局東京地域センター(湯島庁舎)吉岡、熊崎
TEL:03-5804-5391 FAX:03-5804-5390
E-mail:masanobu_kumazaki@kanto.maff.go.jp

・No48 第20回食の安全都民フォーラム
あなたも感染源に?~ポイントをおさえて予防しよう!ノロウイルス食中毒~

日時

2012年9月19日(水)14:00~16:30

場所

東京都庁 都議会議事堂1F 都民ホール

主催

東京都健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課

内容

第1部 基調講演「ノロウイルスってどんなもの?」(仮題)
講師 林志直(東京都健康安全研究センター 微生物部ウイルス研究科長)
 
第2部 パネルディスカッション「ノロウイルスから身を守るには~実際の事例から~」
コーディネーター 中野栄子さん(株式会社日経BPコンサルティング企画出版本部開発部プロデューサー)
パネリスト 食品関係事業者、消費者代表、東京都職員等

参加費

無料

問合せ先

東京都健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報係
TEL:03-3363-3472 FAX:03-5386-7427
詳細は東京都福祉保健局ホームページをご覧ください。

・No53 だんぼーるこんぽすとのすすめ

日時

2012年9月14日(金)14:00~15:30

場所

野方区民活動センター3F

主催

中野・コンポスト連絡会

内容

コンポストとは「たい肥」のこと。ダンボール箱を使って、生ごみからたい肥を作ります。マンションのベランダでできて省スペース!初心者でも手軽に良質なたい肥が作れます。ダンボールコンポストのたい肥を使ってリーフレタスのプランター栽培の育て方も学びます。種とたい肥を配布します。
《ダンボールコンポスト》講師 はす紀美子さん
《ベランダ菜園づくり》講師 たなかやすこさん(ガーデンクリエーター/イラストレーター)

参加費

無料ですが、問合せ先までお申込ください。(先着20名)

問合せ先

中野・コンポスト連絡会 TEL:03-3386-7086

・No35 区市町村の消費者行政担当者との懇談 キックオフ集会
~区市町村の消費者行政の充実を目指して~

日時

2012年9月10日(月) 13:30~16:00

場所

東京都生協連会館 3F

主催

東京消費者団体連絡センター、東京都生協連消費者行政連絡会

内容

1)基調講演「住民と行政で取組む消費者行政活性化!~千葉県での取組み」拝師徳彦さん(消費者行政充実ネットちば事務局長、弁護士)
2)「多摩地域の消費者団体交流会7/6」報告 五十嵐ちづ子さん(多摩のくらしを考えるコンシューマーズネットワーク事務局長)
3)区市町村との懇談に向けて①アンケート調査結果報告②懇談に向けての行動提起
4)質疑と意見交換

参加費

無料ですが、8/31(金)までに問合せ先までお申込みください。

問合せ先

東京消費者団体連絡センターTEL:03-3383-7991
東京都生協連消費者行政連絡会TEL:03-3383-7800

・No34 悪質商品や詐欺の手口 ~ あなたが狙われているかも知れません!? ~

日時

2012年9月6日(木) 10:30~12:00

場所

東京都多摩消費生活センター 教室I

主催

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会

内容

悪質商法等で一度騙されてしまうと再度騙される可能性大です。相手の大まかな手口、いかに業者とかかわらないようにするか、かかわってしまったときどう対応するかなど、対策を知っておくことが必要です。講師は、CFP、消費生活アドバイザー、葬祭アドバイザーの明石久美さんです。

参加費

1,000円

問合せ先

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会
TEL:042-660-0460(平日10:00~16:00) FAX:042-660-0463
E-MAIL:tamafp@lavan.jp

・No7 第5回新宿区委託連続講座 消費者大学講座6回シリーズ テーマ「住まい」

日時

第6回 2012年9月3日(月) 13:30~15:30
◆終了◆第1回 2012年4月21日(土) 第2回 2012年6月9日(土) 第3回 2012年6月30日(土) 13:30~15:30 第4回 2012年7月19日(木) 13:30~15:30 第5回 2012年8月2日(木) 13:30~15:30

場所

新宿消費生活センター分館 JR高田馬場

主催

新宿区消費者団体連絡会 (新宿区委託講座)

内容

第1回すぐに役立つ「住まい」に関する法律  講師:小山勲さん(弁護士) 第2回新宿区の高齢者施設の状況、有料老人ホームの種類と選び方 第3回マンション所有か賃貸か 第4回建築Gメンに学ぶ「地震と住まい」-欠陥住宅の見分け方- 第5回住宅ローン・保険 第6回消費者相談の事例から  中山区長から終了証書授与

参加費

無料

問合せ先

新宿消費生活センター TEL:03-5273-3834

・No45 東京都多摩消費生活センター 消費者団体等連携講座
つながろう!世界はひとつ~ 未来に豊かな食生活を引き継ぐために ~

日時

2012年8月30日(木) 13:30~15:30

場所

東京都農林水産振興財団(東京都農林総合研究センター)

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

第一部《基調報告》世界の食料事情とFAOの役割~飢餓人口の増加・食料価格の高騰~ 松田祐吾さん(国際連合食糧農業機関(FAO)日本事務所副代表)
第二部《パネルディスカッション》私たちが考える食料自給率39%から50%へのアプローチ<パネリスト>国際連合食糧農業機関(FAO)日本事務所副代表、多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク事務局長、パルシステム生活協同組合連合会産直推進部部長、JA東京みなみ野菜部会連絡協議会顧問、農林水産省関東農政局東京地域センター職員、東京都産業労働局農林水産部職員<コーディネーター>東京消費者団体連絡センター事務局長

※終了後、希望者のみ財団内の施設見学(15:40~30分程度)

参加費

無料ですが、はがき又はFAXで下記内容を記載の上、お申込みください。都内在住、または在勤・在学の方が対象です。
(1)8/30シンポジウムIN多摩参加希望、(2)住所、(3)氏名(ふりがな)、(4)電話番号、(5)施設見学希望の有無、(6)自給率向上に向けた提案(簡潔に)

問合せ先

〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19東京都北多摩北部建設事務所3F
東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119 、FAX:042-527-0764
詳細は、東京くらしWEBをご覧ください。

・No50 緊急企画 エネルギー政策を考える学習会

日時

2012年8月24日(金)14:45~17:15

場所

東京都生協連会館会議室(JR中野駅南口より、徒歩6分)

主催

東京都生活協同組合連合会

内容

1.「エネルギー・環境の選択肢」の概要についての説明
2.それぞれの選択肢に関するパネルディスカッション
【論点1】原子力の依存度について
【論点2】化石燃料の依存度と温室効果ガスの排出について
【論点3】再生可能エネルギーの拡大について
【論点4】省エネと目標値について
※それぞれの論点ごとに、会場から参加者の意見・質問を交えて議論する予定です。
《講師、パネリスト》
環境・エネルギー会議事務局 経済産業省資源エネルギー庁より
伴英幸さん(原子力情報資料室共同代表)
橘川武郎さん(一橋大学大学院商学研究科教授)

参加費

無料(定員120名を超えた場合はお断りする場合があります)

問合せ先

東京都生協連(担当:秋山)TEL:03-3383-7800 FAX:03-3383-7840
詳細は、東京都生協連ホームページをご参照ください。

・No42 東京都多摩消費生活センター親子夏休み講座
~ 暮らしをKAGAKU(科学)してみよう! 6 ~

日時

2012年8月9日(木)、10日(金) 10:00~12:00

場所

東京都多摩消費生活センター

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

買い物をするとき、計画を立てたり、必要な物の価格や品質を調べたり、比べたりすることの必要性を学びます。とうふ白玉だんご(ずんだ餡&みたらし)をつくり、食品の表示について学習します。
《お話》賢い消費者を目指そう!~契約や取引の注意~
《実験》おやつづくりから、食品表示を知ろう!

参加費

無料ですが、問合せ先まで、往復はがきで、下記事項をご記入の上、お申込みください。7月11日締切(消印有効)。締切後でも、定員に満たない場合は、受け付けますので、東京都多摩消費生活センターにお問い合わせください。
(1)希望日(希望順にいくつでも可)、(2)住所、(3)氏名(保護者も含む)、(4)小学生の年齢、(5)電話番号、(6)返信面の住所・宛名
※全テーマの申込も可能です。

問合せ先

〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19東京都北多摩北部建設事務所3F
東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119

・No41 東京都多摩消費生活センター親子夏休み講座
~ 暮らしをKAGAKU(科学)してみよう! 5 ~

日時

2012年8月7日(火)、8日(水) 10:00~12:00

場所

東京都農林水産振興財団(東京都農林総合研究センター)
立川市富士見町3-8-1(TEL:042-528-0505)
※この回のみ会場が違いますので、ご注意ください。

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

《第1部》東京都の農業~地元の農産物を見てみよう~
近隣施設(東京都農林総合研究センター)の畑や果樹園などを見学します。

《第2部》紫外線ってなんだろう?~紫外線硬化樹脂でコースターを作ろう~
太陽から降り注ぐ紫外線についてのやさしい解説と、意外な利用法を学びます。

参加費

無料ですが、問合せ先まで、往復はがきで、下記事項をご記入の上、お申込みください。7月11日締切(消印有効)。締切後でも、定員に満たない場合は、受け付けますので、東京都多摩消費生活センターにお問い合わせください。
(1)希望日(希望順にいくつでも可)、(2)住所、(3)氏名(保護者も含む)、(4)小学生の年齢、(5)電話番号、(6)返信面の住所・宛名
※全テーマの申込も可能です。

問合せ先

〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19東京都北多摩北部建設事務所3F
東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119

・No40 東京都多摩消費生活センター親子夏休み講座
~ 暮らしをKAGAKU(科学)してみよう! 4 ~

日時

2012年8月3日(金)、6日(月) 10:00~12:00

場所

東京都多摩消費生活センター

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

身のまわりに潜む危険を知り、危険から身を守る方法を学習します。安全をつくる科学も体験します。

参加費

無料ですが、下記まで、往復はがきで、下記事項をご記入の上、お申込みください。7月11日締切(消印有効)。締切後でも、定員に満たない場合は、受け付けますので、東京都多摩消費生活センターにお問い合わせください。
(1)希望日(希望順にいくつでも可)、(2)住所、(3)氏名(保護者も含む)、(4)小学生の年齢、(5)電話番号、(6)返信面の住所・宛名
※全テーマの申込も可能です。

問合せ先

〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19東京都北多摩北部建設事務所3F
東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119

・No33 高齢者を消費者被害から守るために ~ 制度を活用して高齢者を守る ~

日時

2012年8月2日(木) 14:00~16:30

場所

東京都消費生活総合センター 17F 教室I,II

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

高齢者の消費者被害が増加し、今では高齢者の相談が都内の消費生活センターに寄せられる相談件数全体の3割近くを占めています。高齢者の消費者被害防止について、一緒に考えてみませんか?

◆第1部 報告
・「都における成年後見制度の現状」川田勝也さん(東京都福祉保健局生活福祉部地域福祉推進課)
・「見守りの現場から」
~新宿区悪質商法被害防止ネットワークを動かす~ 柳平英昭さん(新宿消費生活センター)
~千代田区悪質商法バスターズの一員として~ 廣木朋子さん(ちよだ成年後見センター)

◆第2部 パネルディスカッション
「高齢者の消費者被害防止について考える」 コーディネーター 村千鶴子さん(弁護士・東京経済大学教授) コメンテーター 第1部報告者、消費者団体(NPO法人ら・し・さ)

参加費

無料

問合せ先

東京都消費生活総合センター活動推進課協働事業係
TEL:03-3235-4167 FAX:03-3235-1229

・No25 被災地での弔い・東京での弔い ~ 僧侶が語るお葬式事情 ~

日時

2012年8月2日(木) 10:30~12:00

場所

東京都多摩消費生活センター 教室I,II

主催

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会

内容

東日本大震災から1年が過ぎました。講師の中下大樹さん(超宗派寺院ネットワーク「寺ネット・サンガ」代表)は、震災直後から現地に駆けつけ、遺体の搬送から葬儀、供養までを行ってきました。今でも被災地では、経済的理由や遺体がまだ発見されていない等の理由で「葬儀をしたくても出来ない」、一方、東京を中心とした都市部では「葬儀を出来るのにしない」人が多数います。その違いについてお話します。

参加費

1,000円

問合せ先

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会
TEL:042-660-0460(平日10:00~16:00) FAX:042-660-0463
E-MAIL:tamafp@lavan.jp

・No37 東京都多摩消費生活センター親子夏休み講座
~ 暮らしをKAGAKU(科学)してみよう! 1 ~

日時

2012年7月23日(月)、30日(月) 10:00~12:00

場所

東京都多摩消費生活センター

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

地産地消、フードマイレージ、食料自給率等について学びます。遺伝子組替え食品について、学習します。
《お話》毎日の食卓に出る食品について、考えてみよう!
《実験》ブロッコリーから、遺伝子を取り出そう!

参加費

無料ですが、問合せ先まで、往復はがきで、下記事項をご記入の上、お申込みください。7月11日締切(消印有効)。締切後でも、定員に満たない場合は、受け付けますので、東京都多摩消費生活センターにお問い合わせください。
(1)希望日(希望順にいくつでも可)、(2)住所、(3)氏名(保護者も含む)、(4)小学生の年齢、(5)電話番号、(6)返信面の住所・宛名
※全テーマの申込も可能です。

問合せ先

〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19東京都北多摩北部建設事務所3F 東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119

・No38 東京都多摩消費生活センター親子夏休み講座
~ 暮らしをKAGAKU(科学)してみよう! 2 ~

日時

2012年7月24日(火)、27日(金) 10:00~12:00

場所

東京都多摩消費生活センター

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

「東京都消費生活条例」について学びます。マーブルチョコを使って染色した糸で、しおりを作ります。
《お話》6つの権利~東京都消費生活条例~
《実験》着色料(食品添加物のひとつ)で、しおりをつくろう!

参加費

無料ですが、問合せ先まで、往復はがきで、下記事項をご記入の上、お申込みください。7月11日締切(消印有効)。締切後でも、定員に満たない場合は、受け付けますので、東京都多摩消費生活センターにお問い合わせください。
(1)希望日(希望順にいくつでも可)、(2)住所、(3)氏名(保護者も含む)、(4)小学生の年齢、(5)電話番号、(6)返信面の住所・宛名
※全テーマの申込も可能です。

問合せ先

〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19東京都北多摩北部建設事務所3F
東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119

・No39 東京都多摩消費生活センター親子夏休み講座
~ 暮らしをKAGAKU(科学)してみよう! 3 ~

日時

2012年7月25日(水)、26日(木) 10:00~12:00

場所

東京都多摩消費生活センター

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

インターネットを使うにあたって、知っておきたいことを学びます。地元の野菜でピザやおやつを作ります。
《お話》インターネットの光と影
《実験》“地産地消”って、どういうこと?

参加費

無料ですが、問合せ先まで、往復はがきで、下記事項をご記入の上、お申込みください。7月11日締切(消印有効)。締切後でも、定員に満たない場合は、受け付けますので、東京都多摩消費生活センターにお問い合わせください。
(1)希望日(希望順にいくつでも可)、(2)住所、(3)氏名(保護者も含む)、(4)小学生の年齢、(5)電話番号、(6)返信面の住所・宛名
※全テーマの申込も可能です。

問合せ先

〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-19東京都北多摩北部建設事務所3F
東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119

・No22 総会セミナー 「障がいのある人もない人も楽しい社会に」

日時

2012年7月24日(火) 14:30~16:30

場所

東京ボランティア・市民活動センター 会議室A・B

主催

NPO法人ら・し・さ

内容

「親亡きあとの支援ハンドブック~知的障がいの子を持つ親のために~」(NPO法人ら・し・さ編集・制作・発行)の完成を記念して、ハンドブックのご紹介及びセミナーを開催します。障がいのある人とない人が共に楽しく暮らすためにはどうしたらいいか、いじめやひきこもり、障がい者虐待などの問題に取り組んでいらっしゃる野澤和弘さんにお話していただきます。

参加費

1,000円(「親亡きあとの支援ハンドブック」付き

問合せ先

NPO法人ら・し・さ TEL:03-5201-3793

・No20 連続講座 あぐりフレンズ東京《東京の農業を知る》~都市農業と食とくらし~ 
第1回学習会、第2回生産者との交流

日時

第1回2012年7月11日(水) 10:00~12:30 第2回7月18日(水)

場所

東京都生協連会館3Fホール

主催

JA東京中央会・東京都生活協同組合連合会

内容

東京にも多くの畑があり、都市住民に新鮮で安全な農産物を供給しています。生産者の高齢化、後継者難、相続、近隣との関係等大きな課題を抱えつつも東京で農業を続けている生産者の方にお話を伺い、食と農の関わりと食の大切さを考えます。

・第1回《学習会》
(1)「都市農業の現状と課題」講師:JA東京中央会 営農農政部 (2)「東京の農業と江戸東京野菜」講師:小金井市で江戸東京野菜を栽培する井上誠一さんと高橋金一さん

・第2回《生産者との交流》
第1回講師の畑を見学し、生産者との交流から、農への理解を含めます。ほ場視察、生産者との意見交換、JA直売所視察。※第1回参加者のみ参加できます。詳細は、第1回参加時にお知らせします。

参加費

第1回は無料、第2回はバス見学会でのバス代、昼食代と保険料として1000円がかかります。

問合せ先

東京都生活協同組合連合会(那須、川延)TEL:03-3383-7800

・No23 くらしフェスタinみたか 第42回みんなの生活展~安全なくらしのために 
これでいいの・・・?私たちの生活~

日時

2012年7月14日(土)、15日(日) 11:00~16:00

場所

三鷹市暫定管理地(東京多摩青果跡地)三鷹市新川6丁目37番地5号

主催

みんなの生活展実行委員会・三鷹市

内容

参加団体がそれぞれにテーマを掲げて、暮らしに役立つ情報や楽しい企画を準備して、皆様のご来場をお待ちしています。《参加団体》三鷹市消費者の会、多摩南生活クラブ生活協同組合まち三鷹、新日本婦人の会三鷹支部、大沢住民協議会厚生部会生活教室、三鷹市消費生活モニター友の会、生活協同組合コープとうきょう三鷹市コープ会、東京第三友の会三鷹方面、三鷹市消費者活動センター運営協議会等。

参加費

無料

問合せ先

三鷹市消費者活動センター TEL:0422-43-7874

・No32 東京消費者住宅セミナー
住まいの賢い節電(省エネ)対策と話題の「ゼロエネルギー住宅」を学ぼう

日時

2012年7月7日(土) 13:30~16:30

場所

世田谷区成城ホール 4F区民会議室E

主催

NPO消費者住宅フォーラム

内容

家庭で節電以前の省エネの常識とは?無理しないで、家庭で進められる節電対策とは?「ゼロエネ住宅」とは、どんな住宅?講師は、消費生活アドバイザーの山川文子さん、住宅コンサルタントの野間広実さん、1級建築士の大河内隆之さんです。

参加費

無料ですが、先着60名限定。参加希望者は、氏名・住所・電話番号、7/7開催のセミナー参加希望の旨をお書きの上、下記までお申込みください。

問合せ先

消費者住宅フォーラム TEL:03-3324-5020 FAX:03-6315-6944
http://www.npo-sjf.com

・No16 多摩地域の消費者団体交流会
~ つながろう!発信しよう!多摩の消費者 ~

日時

2012年7月6日(金) 13:30~16:10

場所

東京都多摩消費生活センター 教室I,II

主催

「多摩地域の消費者団体交流会」実行委員会

内容

一同に会する機会があまり無かった多摩地域の消費者団体が集い、活動や情報の交流・意見交換を通して、行政との連携、消費者団体同士の連携等を進め、活動の活性化や消費者行政の充実に役立たせていく機会として開催します。
■基調講演「消費者行政の動きと地方との関わり、消費者団体へのメッセージ」
①消費者庁(消費者庁地方協力課課長 林俊行さん)より②消費者委員会(消費者委員会委員長 河上正二さん)より
■ワークショップと発表「消費者団体と行政との連携」

参加費

無料

問合せ先

東京消費者団体連絡センター(矢野、橋本)TEL:03-3383-7991

・No24 お金の壺
~ かしこい消費者の家計管理とは? ~

日時

2012年7月6日(金) 13:30~15:00

場所

東京ウィメンズプラザホール

主催

東京都消費生活総合センター・東京都金融広報委員会

内容

日々の生活を営む上で「お金」はなくてはならない存在です。「お金」は「加える」(労働)・「減らす」(消費)・「動かす」(投資)の3つのことしかできませんが、私たち消費者が何をどう考え、どう行動すれば良いのかを「家計管理」の視点からお話いただきます。講師は「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」「経営者・平清盛の失敗」など多くの著書を執筆、テレビでも活躍中の公認会計士・税理士の山田真哉さんです。

参加費

無料

問合せ先

東京都消費生活総合センター活動推進課
TEL:03-3235-1157

・No12 終の棲家の選び方

日時

2012年7月5日(木)10:30~12:00

場所

東京都多摩消費生活センター 教室I

主催

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会

内容

生き生きと楽しく老後を過ごしたいもの。そのためにはどこで、どのように過ごしたら良いでしょうか?65歳から高齢者と言われますが、一生を終えるまでに20年以上もあるのが現実です。高齢期の住まいについてご一緒に考えてみませんか。

参加費

1,000円

問合せ先

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会
TEL:042-660-0460(平日10:00~16:00) FAX:042-660-0463
E-MAIL:tamafp@lavan.jp

・No18 学習・意見交換会
「東京の消費者行政について」~ざっくばらんにトーク~

日時

2012年6月29日(金) 13:30~15:30

場所

東京都生協連会館 3F Cホール

主催

東京消費者団体連絡センター、東京都生協連消費者行政連絡会

内容

消費者のくらしの安全・安心を課題に、東京都はどのような取組をしているのでしょう。今年度の新たな取組や国の支援等について、消費生活部長からお話いただき、ざっくばらんに意見交換をいたします。
■.東京都の取組について
講師:東京都生活文化局消費生活部部長 藤井秀之さん
①2012年度予算について ②2012年度の取り組み
■意見交換

参加費

無料

問合せ先

東京消費者団体連絡センターTEL:03-3383-7991
東京都生協連消費者行政連絡会TEL:03-3383-7800

・No27、28 多摩消費生活センターの食育講座
地産地消で自給率の向上をめざす~地場野菜を使った料理~

日時

2012年6月27日(水)、29日(金) 10:00~12:30

場所

東京都多摩消費生活センター 実習室

主催

東京都消費生活総合センター 活動推進課

内容

東京都内で生産されている農産物、畜産物の安全性を確保している取り組みを学習と地場産の夏野菜を使っての料理教室。

参加費

無料

問合せ先

東京都多摩消費生活センター TEL:042-522-5119

・No13 消費者から見た情報展2012
あれから一年~3.11からみえたものは?~

日時

2012年6月26日(火) 11:00~17:00 、27日(水)10:00~16:30

場所

飯田橋セントラルプラザ ラムラアーケード

主催

東京都地域消費者団体連絡会

内容

「あれから一年~3.11からみえたものは?~」というサブタイトルで、「表示について」「放射能汚染食品」「原発は安いのか」などの切り口で、様々な情報を提供します。

参加費

無料

問合せ先

FAX:042-421-7950 奥田

・No15 消費生活展ねりま2012
講演会「これで大丈夫?-お金の使い方 安心人生プラン-」

日時

2012年6月24日(日) 13:00~14:30

場所

石神井公園区民交流センター

主催

練馬区消費生活展実行委員会・練馬区(消費生活センター)

内容

「これで大丈夫?-お金の使い方、安心人生プラン-」をテーマに講師には千葉商科大学大学院会計ファイナンス研究科教授の伊藤宏一さんをお迎えします。

参加費

無料(定員150名、6月20日までに下記、問合せ先までお申込みください。

問合せ先

経済課消費生活係 TEL:03-5910-3089

・No14 消費生活展ねりま2012
~見直そうくらし 手をつなごう 未来のために~

日時

2012年6月23日(土)、24日(日) 10:00~16:00

場所

石神井公園区民交流センター

主催

練馬区消費生活展実行委員会・練馬区

内容

消費生活展はくらしや環境にかかわる問題や情報を楽しみながら知っていただくため、区内の消費者団体と区が毎年開催しています。パネル展示・実演、景品がもらえるクイズラリーやコンサートなど、楽しい催しが盛りだくさんです。

参加費

無料

問合せ先

経済課消費生活係 TEL:03-5910-3089

・No11 私たちのゴミはどこへ行く
~燃やしたらなくなると思っていませんか?~

日時

2012年6月21日(木) 10:30~12:30
※多摩清掃工場見学(13:30~15:00頃)もできます。

場所

多摩ニュータウン環境組合・エコにこセンター多目的室
(小田急多摩線唐木田駅徒歩5分)

主催

多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク

内容

私たちが毎日出すゴミは、最終的にどこへ行き、どのように処理されているのでしょう?どれくらいの費用がかかっているのでしょう?放射能の影響は?知らなくてはいけないことがたくさんあります。子どもたちの未来のために、多摩のゴミ事情について考えてみましょう。昼食後、多摩清掃工場の見学もできます。
定員60名ですので下記お問合せ先まで、お申込みください。

参加費

無料。ただし、多摩清掃工場見学参加者でお弁当の申し込みをされる
方はお弁当の実費500円がかかります。(6/15締め切り)

問合せ先

TEL:090-8720-0181
E-Mail:chiko1756@hotmail.com

・No8 知らないと損する!?
「わたしの年金」

日時

2012年6月7日(木) 10:30~12:00

場所

東京都多摩消費生活センター教室Ⅰ

主催

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会

内容

自分の年金は自分で守りましょう。手続きを忘れるともらえないことがあります。お役所は教えてくれません。また、年金については老齢年金ばかりが注目されますが、遺族年金、障害年金もあります。知らないと損する年金の仕組みについてわかりやすく解説します。

参加費

1,000円(資料代として)

問合せ先

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会
TEL:042-660-0460(平日10:00~16:00) FAX:042-660-0463
E-MAIL:tamafp@lavan.jp

・No17 学習会

日時

2012年6月4日(月) 13:30~16:00

場所

東京都消費生活総合センター16F 学習室A

主催

目黒区消費者友の会、東京都地域消費者団体連絡会

内容

食政策センタービジョン21代表の安田節子さんを講師にお迎えして、テーマ「福島第一原発の事故が消費者に与えた影響(外部・内部被ばく)~食・医療等をチェルノブイリと比較して」についてお話しいただきます。

参加費

無料

問合せ先

東京都地域消費者団体連絡会 西澤(03-3719-7856)

・No19 全国消団連 ホントのことを知りたい!!学習シリーズ
「東京電力福島第1原発事故の現状報告と東京電力の電気料金の値上げについて」の学習会

日時

2012年5月31日(木) 13:30~16:00

場所

ルーテル市ヶ谷センター2F会議室

主催

全国消費者団体連絡会

内容

家庭向け電気料金の値上げについては、新潟県・柏崎刈羽原発の再稼動も前提としており、皆さんも注目されている内容だと思います。東京電力㈱より、「原発事故の現状について」「東京電力の電気料金の値上げについて」ご説明いただきます。
テーマ1「東京電力福島第1原発事故の現状について」福田俊彦さん(東京電力㈱ 原子力品質・安全部長)にお話をうかがいます。
テーマ2「東京電力の電気料金の値上げについて」増田宏さん(東京電力㈱ 営業部長)にお話をいただきます。
説明を受けた後、質疑応答と意見交換を行います。

参加費

無料

問合せ先

TEL:03-5216-6024 FAX:03-5216-6036
E-Mail:takayo.tanaka@shodanren.gr.jp

・No9 東京都地域消費者団体連絡会 総会記念講演

日時

2012年5月29日(火) 13:30~15:30

場所

東京都消費生活総合センター 17F 教室I・II

主催

東京都地域消費者団体連絡会

内容

「福島原発事故から一年 原子力委員会 新大綱策定会議の報告もかねて」消費者に’今’伝えたいこと
講師:慶応義塾大学経済学部教授 金子勝さん

参加費

無料

問合せ先

FAX:042-421-7950 E-Mail:totisyoren@castle.ocn.ne.jp

・No10 らしさサロン 落語会

日時

2012年5月25日(金) 14:00~

場所

東京都消費生活総合センター 16F 学習室A

主催

NPO法人ら・し・さ

内容

らしさサロンでは消費生活に必要な情報をお伝えしています。今回は、三遊亭円左衛門師匠の落語をお聞きいただきます。笑いは健康の源といいます。元気になりたい人も、長生きしたい人も、師匠とお話したい人もぜひ、いらしてください。

参加費

1,000円

問合せ先

TEL:03-5201-3793 FAX:03-5201-3712 E-Mail:kanri@ra-shi-sa.jp

・No6 第4回くらしの基礎知識連続講座
「大発生する衣類害虫、ヒメマルカツオブシムシと防虫方法」

日時

2012年5月23日(水) 13:30~15:30

場所

東京都消費生活総合センター 16F学習室A

主催

公益社団法人 消費者関連専門家会議(ACAP)《共催》東京都消費生活総合センター

内容

「衣類害虫ってどのくらいいるの?」実は春先に、庭や公園で咲く白い花にはたくさんのヒメマルカツオブシムシが集まっています。衣類が被害に遭うリスクはすぐ近くに存在しているのです。衣類害虫の生態を交え、防虫剤など被害を回避するための方法についてお話します。

参加費

無料

問合せ先

社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)「くらしの講座」係
住所:〒160-0022東京都新宿区新宿1-14-12玉屋ビル5F
TEL:03-3353-4999 FAX:03-3353-5049

・No3 女性のための”もしも”の時の”知恵”

日時

2012年5月15日(火) 10:30~12:00

場所

東京都消費生活総合センター 16F 学習室A

主催

消費者グループ「ピースオブマインド」

内容

「レジ袋を利用した簡易おむつ」のことはよく耳にするけど、どうしたら作れるの?「ああ、生理用品がない・・・」そんな時、役に立つのが「おばあちゃんの知恵」。いざという時に慌てないためにも、実際に作ってみましょう! 「津波」や「火災」で家を失った時は救援物資を待つしかない場合もありますが、今回は家で被災した時のために、今、何を準備しておくべきなのかを、昨年仙台で被災された方のお話を聞きながら、いざという時に備えましょう!

参加費

無料

問合せ先

消費者グループ「ピースオブマインド」
E-Mail:dream.and.flower@nifty.com FAX:03-3637-1024

・No5 放射能から守ろう!子どもたちの未来

日時

2012年5月10日(木) 13:30~15:30

場所

立川市女性総合センター・アイム5F第3学習室

主催

多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク、立川市消費者団体連絡会、食とくらしと環境を考える会

内容

東日本大震災と福島第1原子力発電所の大事故から1年が過ぎました。あの事故がどうして起きたのか?どのように対応されているのか?原発に頼らないくらしは可能なのか?子どもたちに安全な未来を手渡すために、私たちはくらしをどう変え、どう立て直していくのかを考えます。

参加費

無料

問合せ先

多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク
090-8720-0181 042-534-0685

・No4 あなたの財産と大切な人を守る
「遺言書のつくり方」

日時

2012年5月10日(木) 10:30~12:00

場所

東京都多摩消費生活センター教室Ⅰ

主催

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会

内容

遺言書があるかないかによって、その相続の主役は違います。「相続の基礎知識(用語の解説と手続きの流れ)」「遺言書の役割 遺言書があった方がいい場合」「代表的な遺言書の種類とつくり方・使い方」「相続発生前にできること」などをファイナンシャルプランナーの太矢香苗さんにうかがいます。

参加費

1,000円(資料代として)

問合せ先

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会
TEL:042-660-0460(平日10:00~16:00) FAX:042-660-0463
E-MAIL:tamafp@lavan.jp

・No2 多摩エンジョイ講座 多摩を知ろう!バス見学会
多摩の自由民権運動とは?

日時

2012年4月12日(木) 8:50集合 16:00解散

場所

集合解散は、立川駅南口JAあぐり

主催

多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク

内容

南多摩の自由民権運動の中心であった野津田にある「自由民権資料館」を見学し、辻井秀雄さんにお話を伺い、多摩の先陣の息吹を感じたいと思います。

参加費

1000円(昼食は500円~1000円で別途お支払いただきます。)

問合せ先

お申込みは多摩のくらしを考えるコンシューマーズ・ネットワーク 担当:五十嵐まで
TEL:090-8720-0181
FAX:042-534-0685

・No1 「税制改正」と私たちの生活防衛

日時

2012年4月5日(木) 10:30~12:00

場所

東京都多摩消費生活センター教室Ⅰ

主催

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会

内容

平成24年の税制改正や社会保障・税の一体改革が公表されました。今後の個人の生活に大きな影響を与えるものと考えられます。これらの改正・改革のうち、個人の生活や資産承継にかかわる部分について、税理士でCFPの菅野真美さんにお話をうかがいます。

参加費

1,000円(資料代として)

問合せ先

NPO法人 TAMAファイナンシャルプランニング研究会
TEL:042-660-0460(平日10:00~16:00) FAX:042-660-0463
E-MAIL:tamafp@lavan.jp

協賛事業とは

東京都の消費者団体、事業者、行政の活動を広く都民に知っていただくとともに、東京都消費者月間事業「くらしフェスタ東京」への関心を深めていただくことを目標に行う事業です。
各地域や団体、事業者、行政が創意をこらして実施する自主企画事業が対象になります。
協賛事業が確定すると実行委員会参加団体に周知するとともにこのサイト内 協賛事業スケジュール での掲載、ロゴ付きチラシの配布などで広く都民にPRいたします。また、実績報告として、東京都消費者月間報告書にも掲載します。

●応募から事業開催まで

•応募したい協賛事業の内容を事務局までお知らせ下さい。
•協賛事業として決定後、事務局より、ロゴマークを送信しますので、チラシ等にご利用ください。
•当日掲示できる「くらしフェスタ東京」のノボリや「くらしフェスタ東京」のご案内チラシ(A4三つ折)の提供も可能です。

●事業終了時

•事業の参加人数を事務局までお知らせください。

●年度終了時

• 当該年度の東京都消費者月間報告書(協賛事業の項に掲載)を送付いたします。