責任ある消費行動 もっと広げようコミュニケーションの輪
【交流フェスタ】 展示あり、セミナーありのコミュニケーション広場
【特別企画】 平日夜間にご参加いただける講演会
【メインシンポジウム】 講演会&ミニコンサート
【地域会場】 講演会、販売、実験、ガーデニング講習会など
【東京の農業応援企画】 産地見学と生産者との交流会
【公開セミナー】 肩肘はらずに知識をつける小規模セミナー
【協賛事業】 消費生活展、講演会、交流会など地域での自主企画
イベントスケジュール
イベントレポート
実行委員会あれこれ
これまでのあゆみ
メールマガジン
【公開セミナー】肩肘はらずに知識をつける小規模セミナー
 

パネルディスカッション(食グループ)

震災から見えてきた食の安全
〜「放射能」と「食の安全」にどう向き合うか?〜

東日本大震災とそれに伴った原子力発電所の事故以来、放射能と食の安全の問題が、消費者にとって大きな懸念事項となっています。放射能が健康に及ぼす影響については、様々な情報が錯綜し、日常生活を送る上での不安要因にもなっています。農産物と水産物に関して、生産から流通・販売の過程で、食の安全を守るために、どのような取り組みがなされているか、農産物や水産物の放射能汚染に関する検査体制やチェック体制について伺います。今回の企画を通して、放射能と食の安全に向き合い、冷静に判断できる情報を提供したいと思います。

日 時:平成23年9月29日(木) 10:00〜12:30
場 所:東京都消費生活総合センター教室T・U

コーディネーター

<消費者> 蓮尾隆子さん(家庭栄養研究会 副会長)
家庭栄養研究会は、「心と体と社会の健康を高める食生活への提言」を指針に、安全性や食文化、健康、食教育、日本の農業など幅広い視点で「食」をとらえた活動を行う。「食べもの通信」の編集、食に関する情報提供、セミナーの開催、講師派遣ほか。

パネリスト

<行 政> 東京都産業労働局農林水産部 食料安全課 平野直彦さん
<行 政> 東京都中央卸売市場 事業部 業務課 舘山優乃さん
<行 政> 東京都福祉保健局 健康安全部 食料監視課 薩垂真二さん
<流 通> 日本スーパーマーケット協会 管理渉外部 内藤俊之さん

■お申し込みはファクシミリ(03-3267-5787)、電話(03-3267-5788)、
E-mail (info@kurashifesta-tokyo.org)で下記必要事項をお知らせください。

・お名前
・ふりがな
・電話番号
・ファックス番号
・お住まい(東京23区内・東京23区外・その他)
・今回の企画内容に関して、ご質問等があれば記載してください。

※保育(1歳以上〜未就学)ご希望の方は、9月21日(水)までに
事務局までご連絡ください。

このイベントはすでに終了しました。レポートはこちらをご覧ください。

 

報告と意見交換会(消費者被害を考えるグループ)

許すな!! 便乗悪質商法―被災地のいま―

東日本大震災以来、被災地だけでなく、震災に便乗した悪質商法や義援金詐欺などが横行しています。被災地の現状についてのお話を聞き、震災に絡んだ消費者被害の実態の報告を受け、参加者みんなで意見交換しながら、消費者被害防止について考えましょう。

日 時:平成23年10月4日(火) 14:00〜16:00
場 所:東京都消費生活総合センター 学習室A

1. 被災地のいまについて

東京災害ボランティアネットワークより
東京災害ボランティアネットワークは、阪神・淡路大震災での救助活動を契機に1998年1月に設立しました。三宅島での活動をはじめ、様々な分野の団体が関わり、活動しています。

2. 震災に絡む消費者被害の実態報告

独立行政法人国民生活センター 相談情報部 情報提供課長 鈴木基代さん
国民生活センターでは、被災した消費生活センターを支援するため、「震災に関する悪質商法110番」を開設し、相談活動を行っています。

■お申し込みはファクシミリ(03-3267-5787)、電話(03-3267-5788)、
E-mail (info@kurashifesta-tokyo.org)で下記必要事項をお知らせください。

・お名前
・ふりがな
・電話番号
・ファックス番号
・お住まい(東京23区内・東京23区外・その他)

※保育(1歳以上〜未就学)ご希望の方は、9月27日(火)までに
事務局までご連絡ください。

このイベントはすでに終了しました。レポートはこちらをご覧ください。


公開セミナー(環境グループ)

清涼飲料の自動販売機との付き合い方からこれからのくらしを考える

東京電力福島第一原子力発電所の大事故から、全国的な電力不足が始まりました。原発に対する不信感が生まれ、同時に日々の利便性に慣れたくらしを見直す必要が出てきました。街中にも住宅街にも畑の中の道にも見られる飲料の自動販売機は全国で256万台といわれています。
自動販売機、こんなに必要ですか?自動販売機に頼らないくらし、考えてみませんか?

日 時:平成24年2月16日(木) 13:30〜15:30
場 所:東京都消費生活総合センター教室T、U
講 師:藤村コノヱさん
(NPO法人環境文明21共同代表、環境文明研究所副所長)

PHOTO協力:自販機へらそうキャンペーン

講師プロフィール

大分県別府市出身。東京工業大学大学院博士課程修了。学術博士。小学校教諭、環境コンサルタントなどを経験。

著書:「環境学習実践マニュアル−エコ・ロールプレイで学ぼう」「環境の思想『足るを知る』生き方のススメ」「持続可能な社会のための環境学習−知恵の輪を探して」

■お申し込みはファクシミリ(03-3267-5787)、電話(03-3267-5788)、
E-mail (info@kurashifesta-tokyo.org)で下記必要事項をお知らせください。

・お名前
・ふりがな
・電話番号
・ファックス番号
・お住まい(東京23区内・東京23区外・その他)

※保育(1歳以上〜未就学)ご希望の方は、2月6日(月)までに事務局までご連絡ください。

このイベントはすでに終了しました。レポートはこちらをご覧ください。


 
Copyright 東京都消費者月間実行委員会